fc2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、退職後の人生について発信いたします。さらには生ごみや剪定枝利用の土作り、家庭菜園での一句について紹介します。

冬晴れや パオパオめくれば 眼に青葉


パオパオ利用風景


冬晴れや パオパオめくれば 眼に青葉

一段と冷え込みました(笑)。

さて、家庭菜園では冬は葉ものと言われますが、1月下旬ともなれば葉もの野菜は凍霜害で枯れており、美味しそうに見えません。

そこで、我が菜園では、凍霜害を和らげるというパオパオを使っていますので、その様子を家庭菜園での一句を添えて紹介します。

上の写真はパオパオを掛けて野菜を育てている様子です。12月上旬播種で1月上旬の様子ですが、順調に育っています。

下の写真は、1月上旬、めくったときの様子です。

パオパオめくり(播種後1カ月)

ダイコン葉とミズナですが、順調に育っている感じは感動です。

また、下の写真は、1月下旬の様子で、コマツナの緑が美しい感じです。

パオパオ利用1ヶ月半後コマツナ

そこで、家庭菜園での一句です。

     冬晴れや パオパオめくれば 眼に青葉

下のマンガ絵はいつもの家庭菜園での一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

パオパオ利用で家庭菜園での一句絵手紙

下の写真は利用で、パオパオで育てたダイコン葉の混ぜご飯です。白ゴマをかけると、味もよく、なかなか行けます。

パオパオで作ったダイコン葉料理

このほか、ミズナは鍋物、コマツナは味噌汁に活躍中です。

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。


播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものですが、溝を踏み固めた後、12月上旬に条播し、パオパオを掛けました。12月下旬から間引きしながら食べています。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2024/01/25(木) 16:50:05|
  2. 家庭菜園での一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<春近し 蕾みはじける ユキヤナギ | ホーム | 軸赤い ホウレンソウの 色と艶>>

コメント

Re: Keikoさん、パオパオ

Keikoさん
コメント、ありがとうございます。

パオパオですが、今年は大成功な感じです。
パオパオを使うのは虫の居なくなった12月ですので、虫害もなく好調です。
草々
  1. 2024/01/28(日) 08:37:15 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

葉物野菜の霜除け対策をしたら
緑色が綺麗で見た目も美味しそうです。
調べて見たら
パオパオはベタガケに利用する被覆資材で通気性も良いと書いてあり
使ったことがないので利用してみたいと思いました。


  1. 2024/01/27(土) 16:09:11 |
  2. URL |
  3. Keiko #HN5qF0Ho
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1703-f2eadc0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)