fc2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、退職後の人生について発信いたします。さらには生ごみや剪定枝利用の土作り、家庭菜園での一句について紹介します。

これがまあ野菜力か カゼ知らず


ワクチン問題を報道する記事(東京新聞)


これがまあ野菜力か カゼ知らず(食と健康)

コロナウイルスは収まる様子がありません。デルタ株という新型コロナが現れ、ワクチンがあまり効かなくなったと言われます。このためもあるのか、アメリカのワクチン接種は先進国で最低というニュースも最近流れております(上の東京新聞記事2021.9.23参照)。

さらには、世界で最もワクチン接種が進んでいるイスラエルでは、感染者が増え入院患者はワクチン接種をした者ばかりというイスラエル政府報告もあります。これはデルタ株の影響だけでなく、ワクチンを打つと自然免疫力が減退するというADE現象の結果と見られています。

こんななか、野菜食による免疫増加はワクチン接種よりも効果が大きいという記事がありました。家庭菜園を愛し有機野菜を食べている方の参考になればと思い、この自然免疫力と野菜の関係について家庭菜園での一句を添えて紹介します。

まず、記事「ワクチン接種率80%のイスラエルでコロナ重篤患者や死者が急増中!」の記事(一部)によれば、次のとおりです。

前略・・・(ワクチン接種は新型ウイルスには効かない。自己免疫力を弱くし、新型ウイルスにより感染しやすくなる。)・・・

そんな折、新型コロナウイルスの感染と重篤化を予防する効果が「自然食」に見出せるとの研究報告がハーバード大学医学部とロンドンのキングズカレッジによって公表され、世界的に大きな話題となっている。とはいえ、「ワクチンが切り札」との見方に固執している日本政府にとっては馬耳東風のようだ。

 今こそ、食生活を工夫することの重要性に目を向けるべきではないだろうか。なぜなら、この研究はアメリカとイギリスの59万人を対象にした大規模な調査に基づいているからである。それによると、調査対象者の19%がPCR検査で陽性反応を示した。

 ところが、いわゆる「プラントベースダイエット」(自然食)を実践しているグループと、そうではないグループを比較したところ、自然食派はコロナの感染率が10%、そして重篤化率が40%も低いことが判明したというのである。

 要は、コロナウイルスを寄せ付けないための決定打は「プラントベースダイエット」であり、野菜や果物など植物を中心とした食事が効果的という結論に他ならない。加工が最小の果物や野菜、全粒穀物、豆類、ナッツ、ハーブなどを食事のメインにし、赤肉、乳製品など動物性製品を除いた食生活のメリットが強調されている。

 キングズカレッジで栄養学を専門とするベリー博士曰く「健康食がコロナの感染を防ぐことを証明した世界初の研究になる」。幸い、最近流行の肉類を一切受け付けない「ヴィーガン食」に拘る必要はないとのこと。ある程度の肉や魚を食べてもOKだが、あくまで野菜と果物を主にし、肉や魚は添え物にすることが肝心というわけだ。イスラエルのテルアビブ大学が7万6,000人の感染者を対象にした調査でも「ワクチンより自己免疫力のほうが重篤化を防ぐ」ことが明らかにされている。

 また、最近、発酵食品の研究で有名な東京農業大学は「納豆菌」がコロナ感染に対する予防効果があるとの研究を発表し、これまた世界で大きく注目されている。海外では医学専門誌などで取り上げられているのだが、日本国内ではまったくスルーされているようだ。

 こうした内外の研究は食生活の工夫でコロナを撃退する自己免疫力が高まるという朗報である。ワクチン接種も効果が限られていることを踏まえ、先ず取り組むべきは身近な食生活の改善といえそうだ。自らが自分の主治医になったつもりで、ワクチンの必要性や自然な免疫力強化の在り方を判断すべきであろう。

(引用終了)

引用記事が長くなりましたが、まとめますと次のような感じです。

1. 「プラントベースダイエット」(自然食)を実践しているグループと、そうではないグループを比較したところ、自然食派はコロナの感染率が10%、そして重篤化率が40%も低いことが判明した。

2. こうした内外の研究は食生活の工夫でコロナを撃退する自己免疫力が高まることを示した。

関連し、私ことで恐縮ですが、私たち老夫婦は70歳を超えましたが、無農薬野菜をふんだんに食べているせいか、この30年、カゼ(インフルエンザ)に罹ったことはありません。おそらく野菜効果で免疫力が高まっているのだと思われます。

そして、下の写真は、無農薬の新鮮野菜を使った我が家の料理と最近の菜園の様子です。サトイモ等の秋野菜も採れるようになり、豊かになってきました。

旬野菜を使った炊き込みご飯

旬野菜を使った煮物

大きなってきたサトイモ

そこで、家庭菜園での一句です。

     これがまあ 野菜力(ぢから)か カゼ知らず

また、下のマンガ絵は、いつもの家庭菜園での一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

野菜で風邪ひかず家庭菜園での一句絵手紙

なお、このような「食と健康」に興味のある方は、拙ブログ左側にありますカテゴリの「食と健康」を選択しクリックしますと、関連の記事を見ることができます。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2021/09/27(月) 11:24:21|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<秋うらら ブルーベリジャムをパンに乗せ | ホーム | ズッキーニ カレーに添えて夏うらら>>

コメント

Re: くろうさぎさん、有機野菜

くろうさぎさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

「いつも記事楽しく読んでいます」とは嬉しいですね。

有機野菜ですが、採りたての家庭菜園の野菜は、味もよく止められません(笑)。
草々
  1. 2021/09/30(木) 11:04:44 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

記事を興味深く読ませていただきました。
科学肥料で規格の画一的な野菜(食品)と自然の中で淘汰されながらできた野菜では、身体への栄養が違うのではないかと思っています。
当然、免疫力も高いのでは・・・
滋味あふれる食べ物で元気で長生き。本来の人間の姿ではないでしょうか

いつも記事楽しく読んでいます。
  1. 2021/09/29(水) 16:06:42 |
  2. URL |
  3. くろうさぎ #-
  4. [ 編集 ]

Re: nasu_to_matoさん、自然免疫力

nasu_to_matoさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

前回紹介の菜園でのオクラ生食ですが、やってみました。
そして、美味しいのにはビックリしました。また、楽しみが増えました(笑)。

関連し、御指摘の「火食(加工食)はやめて 生食を心がけています」ですが、
たいへん参考になります。
草々

  1. 2021/09/28(火) 09:36:54 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

自然免疫力

自然食派の私としましては
意を強くする ありがたい記事でした
ありがとうございます。

朝食は フルーツ食オンリーですし
(今日の朝食は バナナ1本と 柿 キウイ 林檎を半分ずついただきました。)

野菜もできるる限り 生食でいただいています
キウリ ナスは糠漬けだったり オクラは刻んで とろろ状態でなど

魚は刺身が主ですし 
肉は週1程度 ただし(ハム・ソウセージ等は食べない)
なるべく 
火食(加工食)はやめて 生食を心がけています

人間600万年の進化の歴史で 火食は せいぜい1~2万年前からです
ほかのすべての 生き物が 食べていない
火食(加工食)がベストだとは とても思えません






  1. 2021/09/27(月) 14:38:07 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #Z54.gttk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1577-2f2ad188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)