fc2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、退職後の人生について発信いたします。さらには生ごみや剪定枝利用の土作り、家庭菜園での一句について紹介します。

冬晴れや ヤマイモ掘りに 汗滲む


ヤマイモ掘り風景


冬晴れや ヤマイモ掘りに 汗滲む(凡人の一句) 

ヤマイモ(とろろ芋)は美味しいだけでなく、消化を助け胃腸に優しい、血糖値やコレステロール値を下げる、滋養強壮効果があるなど、薬用効果も高いことが知られています。このため、高齢者は毎日食べることが求められる野菜でもあります。

特に、冬は野菜不足になりやすく、冬に食べることが勧められる野菜でもあります。そこで、我が菜園でも作り、利用しておりますので、凡人の一句を添えて紹介します。

上の写真は、冬晴れの日、イモ掘りをしている様子です。掘りやすくするため、盛り土を波板で囲い、その中に育てています。見えにくいですが、土の中から突き出しているのがヤマイモです。寒い冬晴れの日ですが、肉体労働のため額に汗が滲み出て出ています。また、イモが折れないように注意を払っています。

そこで、凡人の一句です。

    冬晴れや ヤマイモ掘りに 汗滲む

下の絵は、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

ヤマイモで凡人の一句絵手紙

関連し、下の写真は利用で、ヤマイモのスライスで、お酒の肴です。汗が報われる瞬間です(笑)。

ヤマイモのスライス

下の写真はヤマイモとチンゲンサイと肉とのミックスで、これも美味しく酒が進みます。

ヤマイモと野菜と肉炒め

下の写真は、1月の播種後の様子です。種イモは、芋ほりの時に出てきた1年生の子イモと大きなイモの先端を使い2条に埋め込みました。後は発芽を待つだけです。

ヤマイモ栽培ための土盛り(播種後)

発芽後はツルが上に伸びるように支柱を立てます。現在ある支柱はキウイ用ですが、場所はその南側になります。今年も美味しいヤマイモが楽しみです。



家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2021/03/26(金) 10:33:41|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬晴れや ブロッコリーの 立ち姿 | ホーム | 朝採りの コウタイサイの 茎のつや>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1548-f19190dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)