野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

生ゴミの埋め込み処理、今の季節はどうなのか(生ゴミ 2013.6.3)

春の生ゴミ処理

生ゴミの埋め込み処理、今の季節はどうなのか(生ゴミ 2013.6.3)

今日の朝は晴れ、暑くはなく園芸日和でした。こんななか、ピーナッツの移植などをしました。

さて、生ゴミ活用(2月28日)について、土と混ぜて埋めて利用していることを以前に紹介しました。今日は、今の時期の埋め込み処理はどうなるのかについて紹介します。

上の図は、埋めてから0日後(穴入れ)、0日後(土と混合)、7日後、14日後の様子を示したものです。14日後は腐敗がほぼ終わったようで、腐った有機物はほとんど見えません。見えるのは貝殻とか腐敗しないものだけです。これから判断しますと、夏に生ゴミを畝間に埋めると、1か月後には追肥のような効果が出てくると言われますが、本当のようです。

また、下の写真は7日後の様子を拡大したものです。腐っている途中のジクジクした有機物を集め水で洗った写真ですが、7日後は腐敗(発酵)が進み生ゴミはかなり小さくなっている様子が分かります。

前回も指摘しましたが、生ゴミを早く土に返す方法は、生ゴミを土とよく混ぜることです。また関連し、生ゴミのは追肥効果を出すため畝と畝の間に埋めることをお勧めします。

生ゴミと市政の関係にふれますと、家庭で毎日発生する生ゴミの処理については市の財政を圧迫していると言われます。因みに、集められた生ゴミは90%以上が焼却され、その費用は1㎏当たり30円と言われます。

1家庭が1日1㎏の生ゴミを出しますと、1年間で約1万円(1kgx365日x30円)の市の出費となります。我が家は、生ゴミは20年以上まったく出していませんので、市にたいへんな協力をしていることになりますが、まだ何の挨拶もありません(笑)。また、生ゴミについては焼却から出るCO2も大変なもので環境問題ともなっています。

皆さんも、生ゴミを菜園に埋めて、肥料節約、市財政協力、環境貢献という一石三鳥をしてみてはどうでしょう。市からの挨拶はありませんが、自然からの挨拶(有機農産物)は確実にあります(笑)。


家庭菜園 ブログランキングへ
7日後の生ゴミ
スポンサーサイト
  1. 2013/06/03(月) 19:58:47|
  2. 生ゴミ利用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<キャベツの収穫(春の野菜 2013.6.4) | ホーム | 茶色ソラマメ、大粒ソラマメの収穫(春の野菜 2013.6.2)>>

コメント

Re: 生ゴミは土と混ぜないと匂いの問題が出てくる場合もあります

間取作造 様
いつもコメント、ありがとうございます。

生ゴミの埋め込みの実践、嬉しいです。
1か月後には肥料効果が出てきて、すばらしい野菜ができることでしょう。
しかし、土と混ぜないと、発酵でなく腐敗となり、腐敗の匂いが出てきた
りしますので注意が必要です。
草々

> イカン!そうか土と混ぜるんだった!
> 昨日生ごみを埋めたばかりですが
> 穴に放り込んで土をかぶせただけ。
> 土を絡めて早く発酵させる知恵がありませんでした。
> 早速行って混ぜるようにします。
>
> いつもいいタイミングで情報をいただきまして
> 有難うございます。
> どっかで見てました?(うそです)(^^ゞ
  1. 2013/06/04(火) 12:41:46 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

イカン!そうか土と混ぜるんだった!
昨日生ごみを埋めたばかりですが
穴に放り込んで土をかぶせただけ。
土を絡めて早く発酵させる知恵がありませんでした。
早速行って混ぜるようにします。

いつもいいタイミングで情報をいただきまして
有難うございます。
どっかで見てました?(うそです)(^^ゞ
  1. 2013/06/04(火) 08:19:05 |
  2. URL |
  3. 間取作造 #Yeq.B2X2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/153-3e95a5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)