FC2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、土作り、旬野菜の感動(凡人の一句)、退職後の人生について発信いたします。

口食めば 味わい深き アケビかな


アケビの実


口食めば 味わい深き アケビかな(凡人の一句)

前回、カキについて紹介しましたが、アケビも我が国に自生している果樹で、縄文時代から秋の楽しみであったと思われます。そして、アケビについては、いくつかのブログで紹介がありました。

アケビの茎や実の皮は、いろいろな効能があることが知られております。しかし、我が菜園では、もっぱら、白い実だけの利用です。今年も我が菜園で収穫し食べましたの、凡人の一句を添えて紹介します。

上の写真は収穫物です。品種名は分かりませんが、園芸店で買った苗を育てたもので、大粒で実は甘くジュウシイで、改良された品種の感じがします。

下の写真は実の中の白い中身の様子です。

アケビの中身

下の写真は白い中身の中でクリームのようです。食べると甘くジュウシイ、たいへん美味しいです。

アケビの中身の中

少年時代は、このアケビの甘さを求めてよく山に行ったものです。

そこで凡人の一句です。

    口食めば 味わい深き アケビかな

そして、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです

アケビで凡人の一句絵手紙

そして、下の写真は菜園の様子です。

アケビの木と実10月

参考までに栽培法を紹介しますと次のとおりです。

冬に、混んでいるところの枝を根元から切ります。切った枝の上の小枝は絡み合っていて簡単に取り外すことはできませんので、残った枝が痛まないようにそのまま放置しています。なお、我が菜園では、隣に受粉用に5枚葉の品種を植えていますが、その後、よく実が着くようになりました。

このようなアケビ栽培に関心のある方は、拙ブログ左側の検索欄に「アケビ」と入れ、クリックしますと、今までの記事を見ることができます。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2020/11/30(月) 08:35:14|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<クコを摘む 我が指先は 露に濡れ | ホーム | 見上げれば 夕焼け色の カキ二つ(凡人の一句)>>

コメント

Re: hakoronさん、アケビ

hakoronさん
度々の貴重なコメントありがとうございます。

皮の利用は我が家ではやっていませんが、材料があればやってみたいと思っています。
今回のアケビは皮が厚く、皮利用となると、使いにくい感じです。
草々
  1. 2020/12/01(火) 08:02:28 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

アケビを栽培されてるのですね。それも大きくてりっぱ! 中身も甘そう~♪
今年、里山散歩で何度か取って我が家でも食べました。でも食べた部分は皮の部分です。味噌を挟み込んで糸でしばって油で揚げて、あとは1cm巾くらいに切って、家人のおつまみになりました。
  1. 2020/11/30(月) 21:22:43 |
  2. URL |
  3. hakoron #NSrBqdyY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1529-4f5a18bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)