野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

イチゴ、飛鳥ルビー(アスカルビ)は家庭菜園向き(春の野菜 2013.5.29)

アスカルビの2番果

イチゴ、飛鳥ルビー(アスカルビ)は家庭菜園向き(春の野菜 2013.5.29)

今日の朝は露空、今にも雨が降ってきそうですが、そんななか、あちらこちらで除草をしました。

さて、先日、イチゴ品種選定(5月11日)について紹介しました。このとき、アスカルビとトヨノカは粒が大きく大変美味しいこと、そして、トヨノカとアスカルビを比較し、どちらかを残す予定であると言いましたが、アスカルビの方が家庭菜園向きであると思われましたので紹介します。

上の写真は、アスカルビの最近の様子で、2番花、あるいは3番花が咲いていて、まだまだ収穫可能です。また、下の写真は、アスカルビの最近の大きなイチゴの実です。このような特徴はトヨノカには見られません。

家庭菜園では、農家のビニールハウス栽培と異なり、一般に収穫時期は5月の一時期だけです。その意味で、アスカルビのように1番花、2番花、あるいは3番花が咲いて、収穫時期も広く実が多くつくのは家庭菜園向きと思われます。苗を買ったとき特徴としてアスカルビは家庭菜園向きと書いてありましたが本当のようです。これで、先日紹介しました実の青ケツ(5月17日)が無ければ申し分ありません(笑)。


家庭菜園 ブログランキングへ
2番果の実り
スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 12:41:37|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新野菜「アイスプラント」にたくさんの脇芽(春の野菜 2013.5.30) | ホーム | エンドウがモザイク病で壊滅的打撃(病虫害 2013.5.28)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/148-20f23a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)