野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

夏野菜の播種(5月~7月)および栽培計画(夏の野菜 2013.5.26)

夏野菜播種計画

夏野菜の播種(5月~7月)および栽培計画(夏の野菜 2013.5.26)

今日は薄曇り、暑くなってきそうです。
さて、多くのブログでは夏野菜の移植が聞かれます。そこで、今日は、私の夏野菜の播種計画(5~6月)および栽培計画について紹介してみます。

計画は上の表のとおりです。種子は原則として2月頃に準備しております。家庭で必要な分だけしか作らないこと、また苗を作って植えるため使う種はほんのわずかです。このため、準備する種のほとんどは前年使用の種となっております。

寒いと育ちにくいオクラ、モロヘイヤ、ニガウリ等は5月中旬以降に播種します。原則として、土壌病害(連作障害)を避けるため、よそから土を持ち込まないように苗は買わず、できるだけ種から育てます。

一番注意している点は、アブラムシの媒介するウイルス病です。ウイルス病を避けるため、ナス類など危険が予想される野菜については、アブラムシの少なくなる7月中旬までは防虫ネットの中で栽培します。

なお、私の苗作りについては、個人的なやり方ですが、苗半作(3月10日)の記事を参考に願います。

関連し、下の写真は10年前に買ったカイラン(2002年産種子)の今年の発芽の様子です。冷蔵庫に保存しながら、もう10年以上も同じ種を使っていても発芽するということは、冷蔵庫は種子保存に適しているのでしょう。なお、種子袋には有効年月は発芽検定年月(2002年10月)より1カ年とあります(笑)。

カイランは、茎の部分を食べる夏作ブロッコリの仲間ですが、人気がないようで園芸店で見ることは無くなりました。その意味で、今年も発芽しましたが、これからは自前で種子を採ることになりそうです。


家庭菜園 ブログランキングへ
10年前カイランの発芽
スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日) 14:48:00|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年のカブは果物のように甘い(春の野菜 2013.5.27) | ホーム | 今年の春はブロッコリも旨い(春の野菜 2013.5.25)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/145-97844623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)