fc2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、退職後の人生について発信いたします。さらには生ごみや剪定枝利用の土作り、家庭菜園での一句について紹介します。

ソラマメのアブラムシはオートで防除

ソラマメ防虫ネット栽培と隣のオート


ソラマメのアブラムシはオートで防除(病害虫対策)

我が菜園ですが、ソラマメとエンドウ類が終わり、タマネギとニンニクは収穫期です。春播き野菜では、美味タス、コールラビがまだ残っています。また、春播きのニンジンと、つるなしインゲンの収穫が始まりました。

そんな状況ですが、今回は、オートを使った無農薬ソラマメ栽培について紹介します。

オートには、アブラムシが集まるため天敵も集まります。いわゆる天敵保存効果が知られております。そこで、これをソラマメの側に植え、悩ましいアブラムシ発生を抑制できないか検討しました。

上の写真は、2月上旬の雪が降ったときの様子で、ソラマメは防虫ネットの中、隣の草はオートです。

防虫ネットによるアブラムシ防除効果ですが、発生が遅れる傾向があります。しかし、3月頃、必ず入ってきますので、その後は天敵が頼りになります。

下の写真は、4月上旬の様子で、オートが伸びてきましたので、刈り取った様子です。天敵保存のため、全部は刈らず、時期をずらし半分ずつ刈りました。

ソラマメ隣のオート刈り取り

一方、本体のソラマメですが、3月になるとアブラムシが入ってきますので防虫ネットは3月上旬に外し、隣のオートに居る天敵に期待することにしました。

その後、4月中旬にソラマメの茎1本だけにアブラムシが発生しましたが、その茎先端部をすぐ除去しました。その後、同じように茎数本に発生しましたが、同じように除去しました。全体として、今年はアブラムシ発生が少なく驚いています。

下の写真は収穫直前の5月中旬の様子です。病虫害なく、立派です。この後、倒伏してきましたので支柱を入れました。なお、オートは再生株が出てきましたので2回目の刈り取りをしています。

ソラマメ収穫直前

下の写真は収穫物です。一緒に収穫した新タマネギと小カブも映っています。

ソラマメ収穫物

下の写真は茹でまめです。茹でるとき酒を少量入れたせいかたいへん美味しくできていました(笑)

ソラマメ茹でまめ

最後に、オート栽培の効果について検討しますと次のとおりです。

防虫ネット栽培では、アブラムシは3月に入る感じです。これは、11月に飛んできたアブラムシは羽もあり体が大きく防虫ネットに入れないためと思っております。しかし、3月のアブラムシは小さく防虫ネットを通り抜けることができる感じです。

一方、隣にオートがあると、11月に飛来してきたアブラムシはオートにまず住み着きます。しかし、そこは天敵も居るため増殖しにくい環境になっていると思われます。このため、3月に隣のソラマメに来るアブラムシは少くなっていると思われます。来年も同方法でチャレンジしたいと思います。

参考までに今回のソラマメの栽培法を紹介しますと次のとおりです。

万能クワで播種溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、昨年、園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものです。播種溝を踏み固めた後、10月中旬に点播きしました。播種後、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、3月上旬に外しました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。なお、オートも同様に育てました。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2019/06/09(日) 12:00:02|
  2. 病害虫対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<コールラビ カブの形で キャベツ味 | ホーム | シャキシャキとアイスプラント生食で>>

コメント

Re: ran248 様、アイデア

ran248 様
貴重なコメント、ありがとうございます。

アイデアですが、拙ブログのコメント欄の「病害虫対策」をクリックしますと、
今までの記事を見ることができます。
参考になれば幸いです。
草々


> なるほどの天敵活用方法ですね。
> うちでも今年かr完全無農薬で野菜作りしてますが、
> これからの害虫発生シーズンを乗り越えられるのか不安?
> 色々と参考にさせていただいてます。
> これからもアイデア期待してます!
  1. 2019/06/10(月) 08:35:17 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

なるほどの天敵活用方法ですね。
うちでも今年かr完全無農薬で野菜作りしてますが、
これからの害虫発生シーズンを乗り越えられるのか不安?
色々と参考にさせていただいてます。
これからもアイデア期待してます!
  1. 2019/06/10(月) 07:51:04 |
  2. URL |
  3. ran248 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1417-1850b7f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)