野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

今年の春ダイコンは美しく美味しい

春ダイコン

今年の春ダイコンは美しく美味しい(春の野菜 2013.5.22)

今日の朝は晴れ、菜園は涼しく園芸日和です。

さて、春ダイコンが収穫時期を迎えていますので紹介します。上の写真は収穫物、下の写真は現在の菜園の様子です。たいへん美しく育ちました。食べてみたところ、甘味があり、ジューシイであり、美味しさも抜群でした。15本ほど作りましたが、半分は妻の交際の野菜に消えました(笑)。

作り方を簡単に紹介しますと、3月中旬に、少し低めの溝を作り、溝底に棒で浅めの穴を掘り1穴当たり3粒播種し、サラサラの園芸用培土で覆土し、軽く鎮圧し、少し散水しました。保温用にパオパオをかけ、発芽が確認されたところで4月上旬からはパオパオをはずし、一穴あたり1個体に間引きし、その後、防虫ネットの中で育てました。肥料はm2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)ですが、本菜園には12月に油粕肥料を100g(N成分5%)入れてあります。

穴を作って播種したのは、サラサラした覆土用培土は高価なので、これを節約するためです。穴播き(点播き)のいいところは僅かな量しか覆土を使いません。かつ、点播きは播種量も大幅に節約できます。

関連し、本栽培法は、肥料以外は、ムニョムニョさんの「いっちょ畑でもやったろか」の方法(5月19日)と偶然にもほぼ同じです。そちらの方が写真も多く詳しく紹介されていますので、穴播きに関心のある方はそちらも参考に願います。


家庭菜園 ブログランキングへ
菜園の春ダイコン
スポンサーサイト
  1. 2013/05/22(水) 11:54:06|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイコンの花と鞘(莢)利用(春の野菜 2013.5.23) | ホーム | コーラルリーフは花が咲いても美味い(春の野菜 2013.5.21)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/141-d38e4568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)