fc2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、退職後の人生について発信いたします。さらには生ごみや剪定枝利用の土作り、家庭菜園での一句について紹介します。

冬の魚肉類生ゴミの発酵処理

魚や骨の生ゴミのバケツ処理


冬の魚肉類生ゴミの発酵処理(生ゴミ利用)

前回、我が菜園の生ゴミ利用について紹介しました。そして、鳥肉の骨や魚の頭については別処理であることについて紹介しました。

今回は、鳥肉の骨や魚の頭の処理、冬の様子について紹介します。

下の写真は、ビニールハウスの中で、処理に用いている蓋付きバケツ2個です。

魚や骨の生ゴミ処理用蓋付きバケツ

下の写真は、バケツの蓋を開け、生ゴミ(今回は魚の骨)をコーヒー滓と一緒に入れた様子です。以前に入れた骨に白い色が着いていますが、これは発酵菌(カビ)と思われます。少し匂いがありますが、順調と思われます。コーヒー滓は臭い消しに有効と思われます。

魚や骨の生ゴミ処理投入直後

生ゴミを入れた後は、水分調整のため、乾燥土を入れ、かき混ぜますが、それが下の写真の様子です。

魚や骨の生ゴミ処理投入後土と混ぜる

下の写真は、もう一つのバケツで、生ゴミ投入を止め保存中のものの中です。こちらの方のバケツは、3か月過ぎたときに中身を菜園に捨て、新しい生ゴミを入れます。白いカビは発酵菌と思われます。匂いはありません。

魚や骨の生ゴミ処理3か月後白カビ

まとめますと、鳥肉の骨や魚の頭の発酵処理では、蓋付きバケツを2個用い、バケツは3か月で量に関係なく交代します。3か月もあると、問題となる鳥肉の骨や魚の頭はほぼ発酵し、臭いも完全に無くなり、捨てても動物は寄ってきません。3か月でなく2か月でもOKと思われますが、現在はこのようにやっております。

この様子を上トップに図解しました。

参考になれば幸いです。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2019/01/27(日) 10:20:59|
  2. 生ゴミ利用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<美味しい干芋を作った | ホーム | 冬の生ゴミ埋め込みと土作り>>

コメント

Re: しんご 様、生ゴミの堆肥化

しんご 様
たいへん貴重なコメント、ありがとうございます。

生ゴミの堆肥化ですが、一番の問題は動物性タンパク質の処理でした。
やってみると、簡単でした(笑)。
草々

>  生ゴミの堆肥化、こうして循環型農業というか、廃棄物を減らす家庭菜園で土づくりができればいいですね。
>  土ができれば野菜など植物本来のチカラにより健全で美味しいものができるけど、その手間と生の有機物を投入してしまう失敗リスクがあるから簡単ではないですね。こうして図解して説明させるとわかりやすいですね。
>  自ら野菜を作る、作る上において、土作りの拘りが大事ですね。
  1. 2019/01/28(月) 08:36:38 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

 生ゴミの堆肥化、こうして循環型農業というか、廃棄物を減らす家庭菜園で土づくりができればいいですね。
 土ができれば野菜など植物本来のチカラにより健全で美味しいものができるけど、その手間と生の有機物を投入してしまう失敗リスクがあるから簡単ではないですね。こうして図解して説明させるとわかりやすいですね。
 自ら野菜を作る、作る上において、土作りの拘りが大事ですね。
  1. 2019/01/28(月) 06:05:55 |
  2. URL |
  3. しんご #13Mrgbkw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1388-63ebaea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)