fc2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、退職後の人生について発信いたします。さらには生ごみや剪定枝利用の土作り、家庭菜園での一句について紹介します。

直播で発芽率を向上させるコツ

直播栽培における発芽向上のこつ

直播で発芽率を向上させるコツ(苗半作)

苗半作と言われますが、菜園を使い始めた頃は、葉もの野菜もポット苗を作り移植していました。しかし、最近、直播が多くなってきました。その理由は、粘土質だった土に有機物(腐植)が増え、団粒構造が発達し、さらさらした土になってきたことがあります。

関連し、今回は、直播で発芽率を向上させる我が菜園のコツについて今までの経験から紹介します。

まず、発芽には、温度、水分、酸素が必要であることが知られております。温度は冬場を除けば問題ありません。また水分も十分に与えることは可能ですので、一般に酸素不足が最大の問題になります。

酸素不足の問題は、①表層の覆土が厚すぎる、②土が粘土質で幕が張る、③排水が悪く水が引けない、の3点かと思います。①と②は、さらさらの土にするという土壌改良と作業場の注意で解決します。一方、③の問題は排水溝を作れば解決します。

以上のことを踏まえ、我が菜園でしていることは、①土をさらさらにする(作物残骸等の有機物を表層に多く施用し自然と腐食が増えるようにする)、②播種溝を踏みしめる(毛管水が上がってくるようにする)、③種を播いた後、隣に排水用の溝を掘る、の3点です。なかでも①が最大重要かと思います。

以上の関係を上トップの図に示しました。

関連し、下の写真は昨年7月上旬の我が菜園のインゲンとオクラ発芽の様子です。畝立てはしておりませんが、排水のための溝はしっかりと掘ってあります。

参考になれば幸いです。

インゲンの発芽(6月)

オクラの発芽


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2019/01/11(金) 10:02:40|
  2. 苗半作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ゴマ収穫後の虫ウンコ除去と利用 | ホーム | 美味しい焼き芋で一句>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/01/17(木) 15:22:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: アグリ乙女 さん、発芽

アグリ乙女 さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

発芽ですが、我が菜園も土がさらさらしてきた感じがしています。
このため、発芽の失敗は、ほとんど無くなってきた感じです。
草々

> こんばんは。
>
> 直播きのコツ、有難うございます。
> 常々、ささげくんさんは、不耕起栽培だと仰っていて、一体どうされているのだろうと、疑問でした。
> 土壌は肥えているので、後は、排水の溝を掘っていらっしゃるのですね〜。
> 畝を立てているように見えるのは?
> 溝だったのですね!
>
> 試してみます。
  1. 2019/01/12(土) 08:20:09 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

直播きのコツ、有難うございます。
常々、ささげくんさんは、不耕起栽培だと仰っていて、一体どうされているのだろうと、疑問でした。
土壌は肥えているので、後は、排水の溝を掘っていらっしゃるのですね〜。
畝を立てているように見えるのは?
溝だったのですね!

試してみます。

  1. 2019/01/11(金) 23:34:51 |
  2. URL |
  3. アグリ乙女 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1384-738058bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)