fc2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、退職後の人生について発信いたします。さらには生ごみや剪定枝利用の土作り、家庭菜園での一句について紹介します。

今年も乾土効果があったようだ

乾土効果8月のナス


今年も乾土効果があったようだ(土作りと肥料)

専門用語で「乾土効果」という言葉があります。これは、よく乾燥すると、土からチッソ肥料が出てくる現象で、施用するチッソ肥料とは別の隠れている肥料になり、この現象が現れると菜園は肥えた感じになります。今年は、4月~6月に土が乾き、乾土効果が出た年と思われますが、我が菜園の様子について紹介します。

上の写真は5月中旬移植のナスで、8月中旬の様子ですが、乾土効果があるようで、追肥無しでも秋ナスがよく採れました。

下の写真は5月下旬播種のモロヘイヤで、8月中旬の様子です。同じく追肥はしておりませんが、よく茂っています。

乾土効果8月のモロヘイヤ

下の写真は6月上旬移植のエンサイ(アサガオ菜)で、8月下旬の様子です。同じく追肥はしていませんが、よく茂っています。

乾土効果8月のエンサイ

下の写真は5月下旬移植のサツマイモで、8月下旬の様子です。無肥料栽培ですが、よく茂っています。

乾土効果8月のサツマイモ

下の写真はクコとニラの10月の様子です。こちらも無肥料ですが、よく茂っています。

乾土効果10月のクコとニラ

まとめますと、次のとりです。

植物の葉色はチッソ肥料が多いと濃くなり、少ないと薄くなる関係があります。我が菜園では、生育後半となると普段は肥料切れが起こり、葉が黄化しますが、今年は黄化は見られず、よく茂っている感じです。これは普段よりも多くチッソが出てきたため、すなわち乾土効果があったためと思われます。


なお、こうした土と肥料の関係に興味のある方は、拙ブログ左側にありますカテゴリー欄の「土作りと肥料」をクリックしますと、今までの記事を見ることができます。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2018/12/22(土) 16:42:22|
  2. 土作りと肥料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今年の秋ジャガは最高 | ホーム | 意外といけるわさび菜>>

コメント

Re: miyakoさん、乾土効果♪

miyakoさん
貴重なコメント、ありがとうございます。
また、あの不思議な雲、miyakoさんのブログで初めて見ました。

乾土効果ですが、説明不足だったかもしれません。
種を播く前とか土が乾いたときにでる効果で、その後、雨が降ると土からN肥料が出てくるという効果のようです。

なお、小生の菜園ですが、できるだけ放置ですが、乾き過ぎるときは水をやります。草も取ります。
草々


> ささげくんさんもあの不思議な雲を見られたのですね。
> あんなにハッキリと境界線が出来るなんて自然の芸術ですねぇ。
>
> 乾土効果ですか、難しいですね。
> 絶対に水をやってしまいそうですわ。
> 水やりも天の恵みまかせなのですか?
  1. 2018/12/22(土) 22:22:38 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは♪

ささげくんさんもあの不思議な雲を見られたのですね。
あんなにハッキリと境界線が出来るなんて自然の芸術ですねぇ。

乾土効果ですか、難しいですね。
絶対に水をやってしまいそうですわ。
水やりも天の恵みまかせなのですか?
  1. 2018/12/22(土) 21:51:38 |
  2. URL |
  3. miyako #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1379-310b2804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)