野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

日本人だけが知らない「食用卵」のアブない実態(食と健康)


マダガスカルの合鴨放置栽培

日本人だけが知らない「食用卵」のアブない実態(食と健康)

日本人だけが知らない「食用卵」のアブない実態という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。日本人の食の問題と密接な関りがありますので紹介します。

まず、記事の一部を引用しますと次のとおりです。

EUだったら9割が違法業者?

 日本の92%の卵農家は、EUであれば違法業者になる。EUは2012年に鶏の「バタリーケージ飼育」(狭いケージに鶏を閉じ込めて卵を産ませる飼育法)を禁止したためだ。
 さらには卵の”ケージフリー宣言”、つまり、鶏をケージで飼育するのをやめるという宣言が世界中の企業で広まっている。欧米だけでなく、南アフリカやメキシコやブラジルまでも、だ。
 一方、日本はどうか。残念ながら、日本は完全に取り残されてしまった。では、この国の鶏たちはどんな環境で飼育され、卵を産んでいるのだろうか。

鶏の「すべてを奪う」場所

 一緒の部屋で寝ていた鶏の小春ちゃんは夜明けとともに活動を始める。7時頃、私を起こしにやってきて、遠慮がちな声で鳴き、私をつつく。なかなか気が利いている。
 いまは里親の家で、太陽の光を浴び、地面を歩き、走り、羽根をめいっぱい伸ばし、飛び、砂浴びをし、用意された餌だけでなく自分でも餌を採取してうれしそうに食べ、毛づくろいをし、一番安心できる場所(同居犬のベッド)で卵を産み、里親にちょっかいをだし、犬と猫に見守られながら、その生活を謳歌している。
 しかし彼女はかつては太陽の光を見たこともなく、地面を踏みしめたことも、羽根を伸ばしたこともなかった。小春は卵用に日本の養鶏場で飼育されていた。そこは、窓のない鶏舎のバタリーケージと呼ばれる狭いケージの中。鶏の本能、欲求、習性、尊厳、すべてを奪う場所だった。(引用終了)

引用が長くなりましたが、まとめますと、欧州では、動物への虐待が禁止されており、鶏を小さなケージに閉じ込め、死ぬまで卵を産ませるということは許せないことだと思われます。そして、そのように残虐された環境から生産された卵は食えない、ということでしょうか。

この考えは世界中に広がっているようです。そして、このようにケージで鶏を飼っていることは、私が1年前に居たマダガスカルでは見ない光景でした。農家に行くと、ほとんどの鶏は放し飼いでした。関連し、上の写真は自由に放し飼いされている合鴨の様子です。

食の安全から考えますと、特に有害でなくとも、健全な卵とは言えないと思われます。我が家も、この記事を機会に平飼いの卵を優先して買おうと思っています。関連し、下の写真は我が家で現在使っている平飼い卵、そして朝の目玉焼きです。美味しいです。

平飼い卵とケース

平飼い卵焼き


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2018/03/01(木) 08:43:28|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<美味しい冬のセリフォン(冬の野菜) | ホーム | 冬の生ゴミの穴埋め(生ゴミ利用)>>

コメント

Re: nasu_to_matoさん、平飼い卵

nasu_to_matoさん
たいへん貴重なコメント、ありがとうございます。

平飼い卵ですが、やはり美味しいですか。
我が家は有機農法関係の店で買っていますが、家族全員、やはり美味しいと言っています。
草々

> 先日(3/1)に 
> 「さっそく 平飼い卵に変えたいと 思います」 などと
> コメントで つぶやきましたが やっと今日 平飼い卵を手に入れました
> 愛知県稲沢市の祖父江町にある「歩荷」(ぼっか)という名の 農場を見つけ
> 買いに行ってきました(車で30~40分)
>  「もみじ」という 品種で 茶色の鶏で 同色の鶏卵でした
> 卵の値段は 一般卵に比べ高めでしたが 離れられないと思います。
> 一言で言えば 美味しいから ですね。
  1. 2018/03/16(金) 15:45:35 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

平飼い卵

先日(3/1)に 
「さっそく 平飼い卵に変えたいと 思います」 などと
コメントで つぶやきましたが やっと今日 平飼い卵を手に入れました
愛知県稲沢市の祖父江町にある「歩荷」(ぼっか)という名の 農場を見つけ
買いに行ってきました(車で30~40分)
 「もみじ」という 品種で 茶色の鶏で 同色の鶏卵でした
卵の値段は 一般卵に比べ高めでしたが 離れられないと思います。
一言で言えば 美味しいから ですね。
  1. 2018/03/16(金) 15:32:00 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

Re: aoi さん、東京オリンピックと卵

aoi さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

東京オリンピックと卵ですが、
日本のニワトリの実態が分ったら恥ずかしいですね。
草々



> ほんとに酷い飼い方ですよね。
> ゲージに閉じ込め卵を産ませるだけなんて工場の一部です。
> 感染の心配のない衛生的な卵、だから日本人は生卵を食べられるのです、けど鶏の命はどうなの?考えないといけません。
> 東京オリンピックで外国の人に、日本の卵は拒否られるでしょうね。
  1. 2018/03/02(金) 22:09:36 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

ほんとに酷い飼い方ですよね。
ゲージに閉じ込め卵を産ませるだけなんて工場の一部です。
感染の心配のない衛生的な卵、だから日本人は生卵を食べられるのです、けど鶏の命はどうなの?考えないといけません。
東京オリンピックで外国の人に、日本の卵は拒否られるでしょうね。
  1. 2018/03/02(金) 16:52:02 |
  2. URL |
  3. aoi #-
  4. [ 編集 ]

Re: くろうさぎ さん、子供頃はとっても広い鶏小屋で自由に歩き回った鳥の卵

くろうさぎ さん
たいへん貴重なコメント、ありがとうございます。

また、記事に賛同いただき、ありがとうございました。

子供頃はとっても広い鶏小屋で自由に歩き回った鳥の卵、ですが、
私もそうでした(笑)。


> こんにちは 記事をよんでそうだなぁ~と思いました。
> 卵は自然食のお店で購入していますが、確かに平飼いではないかもしれませんね。
> 私の実家は隣町の下妻です。子供頃はとっても広い鶏小屋で自由に歩き回った鳥の卵を食べていました。朝卵を取りに行くのが好きでした。まだ温かい卵をとる喜びを感じていたと思います。
> 私もこれから平飼いに注目して購入したいと思います。ハイ
  1. 2018/03/02(金) 15:32:45 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは 記事をよんでそうだなぁ~と思いました。
卵は自然食のお店で購入していますが、確かに平飼いではないかもしれませんね。
私の実家は隣町の下妻です。子供頃はとっても広い鶏小屋で自由に歩き回った鳥の卵を食べていました。朝卵を取りに行くのが好きでした。まだ温かい卵をとる喜びを感じていたと思います。
私もこれから平飼いに注目して購入したいと思います。ハイ
  1. 2018/03/02(金) 13:22:39 |
  2. URL |
  3. くろうさぎ #-
  4. [ 編集 ]

Re: nasu_to_mato さん、鶏のこと

nasu_to_mato さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘の「鶏も農業の循環に加えれば最高なのでしょう」ですが、
そのとおりだと思います。

そして、平飼いの卵がスーパーにあるのには感動しました。
草々

> 昔は 私のうちでも(このあたりでは皆そうでした)
> 5羽~6羽平飼し 夕方戸を開けて 放し飼い(鶏糞があたりに転がっていた)
> 夜には 小屋に戻ってくる 主たる餌は くず米だったり 人の食べ残しだったり 米ヌカだったり 水路で取った小魚 ザリガニだったことを 思い出しました  そして お祭には 鶏肉いただいていました 鶏も農業の循環に加えれば最高なのでしょうが
> 目の前で 見てなくて 虐待されている鶏のこと 思いが足りませんでした
> 心が痛みます
> さっそく 平飼い卵に変えたいと 思います
> 貴重な御意見 ありがとうございました。
  1. 2018/03/01(木) 16:40:58 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

鶏のこと

昔は 私のうちでも(このあたりでは皆そうでした)
5羽~6羽平飼し 夕方戸を開けて 放し飼い(鶏糞があたりに転がっていた)
夜には 小屋に戻ってくる 主たる餌は くず米だったり 人の食べ残しだったり 米ヌカだったり 水路で取った小魚 ザリガニだったことを 思い出しました  そして お祭には 鶏肉いただいていました 鶏も農業の循環に加えれば最高なのでしょうが
目の前で 見てなくて 虐待されている鶏のこと 思いが足りませんでした
心が痛みます
さっそく 平飼い卵に変えたいと 思います
貴重な御意見 ありがとうございました。
  1. 2018/03/01(木) 09:32:05 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1297-b4c4e2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)