野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

冬にオートを栽培し肥料を抜く(緑肥)

オート2月1


冬にオートを栽培し肥料を抜く(緑肥)

我が菜園では無堆肥ですが、緑肥を作り、敷きわらとして使い、それらが自然に還るときに堆肥の代わりになるように実践しております。緑肥にはイネ科のものとマメ科のものがありますが、今回は、イネ科のオート(燕麦)について、それを使って肥料抜きをしている様子等について紹介します。

オートは、マメ科のようなチッソを固定能力はありませんが、細い根が土中に広がり、土を柔らかくする効果、茎葉にアブラムシが集まるのでそれを食べる天敵が集まり増える効果、切り取ったワラをマルチ利用すると肥料になる効果、さらに土に還ると腐植が増え地力が高くなる効果などが知られております。

一方、土が肥えてくると問題になるのが、やせ地を好むサツマイモ作りのための場所不足です。我が菜園は緑肥効果で肥沃になってきてしまい、サツマイモの場所がありません(笑)。このため、オートを栽培し、肥料を抜いてからサツマイモを作る予定です。

上と下の写真は、無肥料でオートを栽培している様子で、オートが伸びてきました。肥料が抜けたところで、今年は、この場所にサツマイモを作る予定です。

オート2月3

一方、下の写真は肥料(発酵鶏糞)を入れて栽培している様子です。こちらの方はマルチ用に茎葉を収穫します。間に収穫物残渣が置いてありますが、この場所にサトイモを作る予定です。サトイモは有機物を根本に敷くと良質のイモが採れると言われております。

以上、肥料抜きや緑肥のためにオート栽培をしている様子でした。

オート2月2


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2018/02/09(金) 07:52:20|
  2. 緑肥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ニンニクの作り方と冬の様子(春の野菜) | ホーム | 美味しいチジミホウレンソウ(冬の野菜)>>

コメント

Re: nasu_to_mato さん、痩せ地大好き野菜

nasu_to_mato さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

痩せ地大好き野菜ですが、サツマイモ意外、経験したことがありません。
ご指摘のトマトやジャガイモ、極多肥は問題ですが、一般に肥沃地の方が生育良く、品質良く、多収です。
草々


> トマトやジャガイモも アンデスの痩せ地が原産国なので
> さつまいもと同様に 痩せ地のほうが良いと聞いたことがあるのですが
> 実際は どうなんでしょう?
  1. 2018/02/10(土) 08:00:09 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

痩せ地大好き野菜

トマトやジャガイモも アンデスの痩せ地が原産国なので
さつまいもと同様に 痩せ地のほうが良いと聞いたことがあるのですが
実際は どうなんでしょう?
  1. 2018/02/09(金) 19:40:27 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1287-9371bc18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)