FC2ブログ

野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

今年は乾土効果があったようだ(土作りと肥料)

乾土効果オクラ8月


今年は乾土効果があったようだ(土作りと肥料)

土が乾くと、蓄積されていた土中のチッソ(N)が出てくる現象が知られております。この現象は専門用語で乾土効果と呼ばれているものですが、今年は5月と6月に雨が少なく土が乾き、その乾土効果が表れた感じがします。関連し、今回は、その乾土効果について紹介します。

上と下の写真は、7月からの雨で野菜が大きくなり始めた8月の、オクラ、サトイモ、アオシソなどの様子です。我が菜園は追肥をしないぐうたら農法(無堆肥有機農法)ですが、追肥をしたように茂っています。例年にない濃い葉色です。

乾土効果サトイモ8月

乾土効果アオシソ8月

葉の茂りに最も必要な肥料は葉緑素を作るN肥料と言われます。おそらく、隠れていたN肥料が出てきたのだと思いますが、これが乾土効果だと思いました。

この乾土効果の影響と思われますが、今年は、すべての夏野菜がよくできた感じでした。特に、サトイモなど生育期間の長い野菜は肥切れしないように追肥が必要と言われますが、我が菜園では追肥しないにもかかわらず、例年にない葉の茂りだったと思われます。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/12/11(月) 07:59:34|
  2. 土作りと肥料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大きなクコの実が採れた(クコと健康) | ホーム | 電子レンジで美味しい焼き芋(旬野菜料理)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1257-1cfba791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)