FC2ブログ

野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

冬は葉もの、美味しいコマツナ(冬の野菜)

コマツナ収穫物11月


冬は葉もの、美味しいコマツナ(冬の野菜)

12月となりました。そして、冬は葉ものと言われますが、コマツナもその一つかと思います。我が菜園では、9月下旬播きのコマツナが食べごろとなっていますので、その様子について紹介します。

上の写真は収穫物です。虫害少なく良質です。

下の写真は利用で、お浸し、卵とじ、です。軸が柔らかく少し甘味があり、美味しいです。特に卵とじはご飯に乗せても美味しいと思います。

コマツナお浸し

卵とじコマツナ

下の写真は菜園の様子です。よく出来ていて、12月いっぱい利用する予定です。

コマツナ菜園11月

参考までに今回の作り方を紹介しますと、種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものです。9月下旬に、万能クワで植え溝を掘り、そこに肥料を施用し混ぜ、そこに粂播きし、発芽後間引きました。栽培中は、防虫ネットを張り、10月下旬にはずしました。肥料はm2当たり発酵鶏糞500gの他、尿素を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/12/01(金) 08:52:01|
  2. 冬の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<セルリを作ってみた(冬の野菜) | ホーム | ピーマンですか、いいえ、シシトウです(野菜と果樹の改良)>>

コメント

Re: ぶすねこさん、感謝

ぶすねこさん
お役に立てて嬉しく思います。
拙ブログは、特に簡単な野菜栽培を目指す人に役立つ農法を目標にしています。

これからも遠慮なく、ご質問いただければ幸いです。
草々

> 丁寧なご指導有難うございました。これですっきり!今まで色々なやり方を試しすぎて、わけがわからなくなっていました。私の年齢(御年 70)からいってもシンプルいずベストです。畑で土をいじっているときがもっとも心安らかです。こうして疑問点が即座に解決してもらえることに感謝しています。再度有難うございました。
  1. 2017/12/04(月) 16:37:13 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

丁寧なご指導有難うございました。これですっきり!今まで色々なやり方を試しすぎて、わけがわからなくなっていました。私の年齢(御年 70)からいってもシンプルいずベストです。畑で土をいじっているときがもっとも心安らかです。こうして疑問点が即座に解決してもらえることに感謝しています。再度有難うございました。
  1. 2017/12/03(日) 21:15:15 |
  2. URL |
  3. ぶすねこ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 相子様、新鮮なコマツナ

相子様
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

新鮮なコマツナですが、ご指摘のとおりだと思います。
葉ものは萎れては美味しさ半減ですね。
草々

> 今晩は
> 小松菜は新鮮さが命ですね。
> 店頭で買う物とは大違いの美味しさでしょうね。
  1. 2017/12/03(日) 08:00:31 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 宗華さん、タ少しずつ黄色い葉が出てきている

宗華さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

コマツナ、少しずつ黄色い葉が出てきている、ですが、
N(チッソ)肥料不足かもしれません。

尿素などのN肥料を追肥すると回復しますが、
この時期になりますと寒く育ちが遅くなり、回復は見込めません。
草々



> いつも拝見しています!
> 我家でも、小松菜を作っています。
> 愛知県で、同じく9月に種をまいたのですが
> 葉が上に伸びていかず、横に広がっているだけで
> 少しずつ黄色い葉が出てきているんです・・・
> どうしたらいいのでしょうね?
> お正月に使いたかったのですがこのままでは何となくもたないような感じで
> 気がもめます・・・
  1. 2017/12/03(日) 07:57:53 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: てかとさん、播種時期

てかとさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

播種時期ですが、我が菜園では、9月上旬、下旬、10月上旬播きをしています。
こうすると、1月まで収穫可能です。

なお、10月上旬播きは、保温用にパオパオを掛けています。
草々


> 9月末くらいに植えていると今が食べごろなんですね
> 勉強になりました。
> 来年やってみます。
> 今食べられる菜園の青菜がなくて。
  1. 2017/12/03(日) 07:51:13 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

いつも拝見しています!
我家でも、小松菜を作っています。
愛知県で、同じく9月に種をまいたのですが
葉が上に伸びていかず、横に広がっているだけで
少しずつ黄色い葉が出てきているんです・・・
どうしたらいいのでしょうね?
お正月に使いたかったのですがこのままでは何となくもたないような感じで
気がもめます・・・
  1. 2017/12/02(土) 23:03:17 |
  2. URL |
  3. 宗華 #3fDWoIQI
  4. [ 編集 ]

今晩は
小松菜は新鮮さが命ですね。
店頭で買う物とは大違いの美味しさでしょうね。
  1. 2017/12/02(土) 19:09:06 |
  2. URL |
  3. 相子 #-
  4. [ 編集 ]

9月末くらいに植えていると今が食べごろなんですね
勉強になりました。
来年やってみます。
今食べられる菜園の青菜がなくて。
  1. 2017/12/02(土) 17:26:59 |
  2. URL |
  3. てかと #-
  4. [ 編集 ]

Re: aoiさん、最強

aoiさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

コマツナが高いと聞いておりましたが、一束200円とは高すぎますね。
コマツナなど簡単に作れるのに。

家庭菜園は健康と家計に良いことになりますね。
草々

> スーパーで小松菜1束(5本ぐらい)が
> 200円でした。
> 今年は気温が低いのでしょうか、野菜がお高くなってきています、
> お正月に向かって恐怖です。
> 家庭菜園に限ります。
> めざせ、ささげくんさんです。
  1. 2017/12/02(土) 16:42:17 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

最強

スーパーで小松菜1束(5本ぐらい)が
200円でした。
今年は気温が低いのでしょうか、野菜がお高くなってきています、
お正月に向かって恐怖です。
家庭菜園に限ります。
めざせ、ささげくんさんです。
  1. 2017/12/02(土) 16:13:12 |
  2. URL |
  3. aoi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ぶすねこさん、元肥について

ぶすねこさん

たいへん貴重なコメント、ありがとうございます。
嬉しいですね、このようなコメントをいただけるのは。

元肥ですが、発酵鶏糞は発酵(腐敗)が終わっていますので、すぐ使えます。
また尿素は化学肥料ですので、施用後すぐ効きます。

これらは、肥料の有効性から考えますと、施用してから、すぐ使うのが理想かと思います。
施用後、しばらくしてから使うと、肥料分は雨とともに地下水となって少なくなってしまいます。

詳しくは、拙ブログ左側にありますカテゴリー欄の「土つくりと肥料」をクリックしますと、
今までの記事を見ることができます。
草々


> いつも参考にさせていただいています!ここのやり方がシンプルでとても気に入って実践しています。さて、基肥は大体鶏糞と尿素ですね。それを畑に入れてすぐに種まきとか苗を植え付けても良いのかどうか?わかりません。お忙しいところ恐縮ですがご指導願います。
  1. 2017/12/02(土) 07:53:28 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、コマツナは便利

まろ様
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

コマツナですが、味噌汁に良し、肉炒めに良しで、何にでも使え便利な野菜と思っています。
冬は葉もの、まずはコマツナ作り、というところでしょうか。
草々


> こんばんは
>
> 小松菜栽培はお手軽でいいですよね。
> 此方ではお雑煮に小松菜を使います。
  1. 2017/12/02(土) 07:41:26 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

元肥について

いつも参考にさせていただいています!ここのやり方がシンプルでとても気に入って実践しています。さて、基肥は大体鶏糞と尿素ですね。それを畑に入れてすぐに種まきとか苗を植え付けても良いのかどうか?わかりません。お忙しいところ恐縮ですがご指導願います。
  1. 2017/12/01(金) 22:16:06 |
  2. URL |
  3. ぶすねこ #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

小松菜栽培はお手軽でいいですよね。
此方ではお雑煮に小松菜を使います。
  1. 2017/12/01(金) 18:24:40 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1252-56ce9ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)