野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

中国菜心の収穫(春の野菜 2013.5.2)

中国采心

中国菜心の収穫(春の野菜 2013.5.2)

今日の朝は曇り、これから晴れてくるとのことで、まずまずの園芸日和です。さて、そんななか、中国采心が収穫時期を迎えていますので紹介します。

中国采心は、昔からある春の菜花です。収穫要領はオータムポエム(アスパラ菜)と同じです。花芽の付いた茎を指でつまみ、折れたところから上を収穫します。茎は柔らかく、おひたしや肉の炒めものに合います。

夏用の野菜と出ておりますが、夏になると苦味が出てきますので、私は早春に作り、苦味が出ないうちに食べることにしています。

写真は収穫直前の様子です。今年の出来栄えは、虫害がまったくなく、上出来と言えます。おひたしで食べたところ、柔らかく、甘味があり、アスパラ菜(オータムポエム)と変わらない味でした。当然のことですが、収穫は太い主軸から始まり側枝に移ります。だんだん細くなってくるのが残念です(笑)。

今年の作り方を簡単に紹介しますと、3月上旬に播種、無加温ビニールハウスで苗を養成し、3月下旬に野外に植え、保温と防虫を兼ねて防虫ネットの中で育てました。肥料はm2当たり発酵鶏糞(N成分2%)500gですが、12月に油粕肥料(N成分5%)を100g入れてあります。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/05/02(木) 12:19:01|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<美味しかったウドの芽(春の野菜 2013.5.3) | ホーム | 韓国レタスがサラダの主役に(春の野菜 2013.5.1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/121-590cb042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)