野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

無耕起農法における播種と移植は簡単(農法 2017.4.27)

播種溝と万能クワ

我が菜園では無耕起・無畝立てによる無堆肥有機農法(ぐうたら農法)を実践しておりますが、今回は、播種や移植方法について紹介します。こちらの方も簡単で、まさに「ぐうたら農法」です(笑)。

上の写真は万能クワと、それで掘った溝を踏みつけて整地した様子です。踏みつけるのは、地面を固くし、下から毛管水が上がりやすくするためです。固めないでふわふわの土の上に播種すると、毛管水が上がって来あせんので乾いてしまい発芽しにくくなります。

下の写真は白カブの種を播いた様子です。表面が少し乾いていますが、今回は雨の後で土全体が湿っていますので散水なしでスタートです。

播種溝にカブ播種

下の写真は覆土し、軽く鎮圧した様子です。鎮圧すると種子が床面に触れ、毛管水を利用しやすくなります。

播種後に覆土し鎮圧

下の写真は1週間後に発芽した様子です。順調な発芽と思われます。

カブ発芽の様子

一方、下の写真ネギ苗移植の様子です。これも、溝を作り、そこに移植しただけの簡単な作業でした。この場合も毛管水が上がってくるように移植後に周囲を踏みつけて土を固くしております。

溝にネギ移植し踏み固め

以上、無耕起・無畝立て栽培の播種と移植の様子でした。なお、施肥は、土が肥えてきましたので無肥料でスタートし、作物の生育の様子を見て、発酵鶏糞や尿素を株基の表層に施用します。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/04/26(水) 22:44:28|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<命のロウソク「テロメア」と家庭菜園(食と健康 2017.4.29) | ホーム | 無耕起栽培では「草を見ずして草を取る」(農法 2017.4.25)>>

コメント

Re: たびいくひとさん、鎮圧・・・・

たびいくひとさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘の鎮圧ですが、同じく重要と思っています。
これを忘れて雨が降らないと、ひどい目にあったことがあります。
草々


> おはようございます。
> 鎮圧は必要ですよね。
> 種をまいて足で踏むと「土が固くなる」と愛妻に指摘されます(笑)。
> 定植も種まきもきっちり土と接触させることが必要だと
> 再確認しました。
  1. 2017/04/28(金) 08:35:07 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

鎮圧・・・・

おはようございます。
鎮圧は必要ですよね。
種をまいて足で踏むと「土が固くなる」と愛妻に指摘されます(笑)。
定植も種まきもきっちり土と接触させることが必要だと
再確認しました。
  1. 2017/04/28(金) 07:44:14 |
  2. URL |
  3. たびいくひと #-
  4. [ 編集 ]

Re: くろうさぎさん、 不耕起・無肥料

くろうさぎさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

不耕起・無肥料とはすごいですね。
私の理想でもあります。

私の方は、そこまではいかずで、まだ肥料(発酵鶏糞、油粕、米糠)を入れています。
今、肥料は」、苗立ち後に様子をみて入れる程度でいいかと思っているこの頃です。
よろしくお願いします。
草々


> はじめまして
> 私は週末のみの家庭菜園を楽しんでいます。私のやり方は不耕起・無肥料をめざし、ダメで元々農法と言っています。
> 貴のぐうたら農法はいいネーミングだと思いますが・・・
> 時々参考にさせてもらいま~す。
> 実家が茨城なので親近感を勝手にもちました。
  1. 2017/04/27(木) 19:05:10 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして
私は週末のみの家庭菜園を楽しんでいます。私のやり方は不耕起・無肥料をめざし、ダメで元々農法と言っています。
貴のぐうたら農法はいいネーミングだと思いますが・・・
時々参考にさせてもらいま~す。
実家が茨城なので親近感を勝手にもちました。
  1. 2017/04/27(木) 17:08:30 |
  2. URL |
  3. くろうさぎ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1142-5d4328d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)