野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

無耕起栽培では「草を見ずして草を取る」(農法 2017.4.25)

無耕起菜園の表層(春4月)

我が菜園では、無耕起による無堆肥有機農法を実践しておりますが、除草はどうしているのですかという質問がブログ仲間からありました。関連し、今回は、我が菜園における無耕起農法の除草について紹介します。

一般に、耕起すると雑草が破壊され、菜園が綺麗になります。これは、耕起農法の長所と思われます。一方、そのためか、耕起をしない無耕起農法は初めから草が多い印象を受けます。しかし、我が菜園については、それは誤解です(笑)。

我が菜園では、播種場所、あるいは移植場所は必ず万能鍬で雑草を削り取り、綺麗にしてから始めます。

そして、前回「無耕起と無堆肥の組合せでも野菜は育つのか」で紹介しましたように、我が菜園では土面表層にワラなどの草を敷いており、このため菜園の表面の土は団粒構造をしており、土は柔らかく、簡単に草を削り取ることができます。

この除草は、耕起作業や畝立て作業と比べたら、とても簡単楽々です(笑)。

関連し、上写真は、その播種場所や移植場所の除草前の様子です。冬の間に除草しておりますが、草はほとんどありません。

そして、下の写真は除草後に播種用または移植用の溝を作った様子です。除草と溝作りに使った万能クワも映っています。

無耕起菜園の除草と播種溝と万能ぐわ

そして、その後出てくる雑草は、「労農は草を見ずして草を取る」の方法で、小さいうちに万能鍬で掻き取ります。このため、我が菜園に大きな雑草は見えません(笑)。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/04/25(火) 09:16:45|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<無耕起農法における播種と移植は簡単(農法 2017.4.27) | ホーム | たくましい菜園の花(菜園と人生 2017.4.23)>>

コメント

ありがとうございました

早速のご教授ありがとうございました。
発酵鶏糞、石灰、堆肥(コンポストで作った)を撒きました。
連休に植えつけます。
  1. 2017/04/25(火) 18:11:46 |
  2. URL |
  3. aoi #-
  4. [ 編集 ]

Re: aoi さん、除けた草は植えた夏野菜の根元に置いても

aoi さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

除けた草は植えた夏野菜の根元に置いても、ですが、
問題ありません。

それは草除けになり、かつ、腐れば肥料になります。

また、ワラですが、なければ使えませんが、
土地が痩せている場合は、肥料不足とならないよう発酵鶏糞を
表層に播くのがいいかと思います。
草々


> 菜の花になって抜いたのや雑草でマルチをしたのですが、それらを除けて夏野菜を植えつけようと思います。
> 除けた草は植えた夏野菜の根元に置いても大丈夫なんでしょうか?
> 黒いビニールマルチはしていません。
> 藁が手に入らないので、どうしようかと思っています。
  1. 2017/04/25(火) 16:36:03 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: ココモカ さん、草は小さいうちに

ココモカ さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘のように、草は小さいうちに取ればとても簡単です。
草々


> 昔は草花も可愛いと思えましが
> 最近 タンポポを見ると
> うんざりします。
> 草は強いし、頼みもしないのに
> 所かまわず・・・・愚痴です・・・
> 小さいうちに ですね~
  1. 2017/04/25(火) 16:30:12 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

菜の花になって抜いたのや雑草でマルチをしたのですが、それらを除けて夏野菜を植えつけようと思います。
除けた草は植えた夏野菜の根元に置いても大丈夫なんでしょうか?
黒いビニールマルチはしていません。
藁が手に入らないので、どうしようかと思っています。
  1. 2017/04/25(火) 14:14:42 |
  2. URL |
  3. aoi #-
  4. [ 編集 ]

昔は草花も可愛いと思えましが
最近 タンポポを見ると
うんざりします。
草は強いし、頼みもしないのに
所かまわず・・・・愚痴です・・・
小さいうちに ですね~
  1. 2017/04/25(火) 11:40:23 |
  2. URL |
  3. ココモカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1141-e9f3ac86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)