野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

無堆肥有機農法と土作り(1)微生物利用(土作りと肥料 2017.4.7)

無堆肥有機農法ニンジン栽培

前回の記事で、これからは、西村和雄先生(2001)提唱の「ぐうたら農法」(無堆肥有機農法)を実践し、極めていきたいと決意を述べました。そして、その基本となる有機農法のポイントは土作りですが、関連し、私の無堆肥有機農法の土作りを4回に分けて紹介し、有機農法に迫ってみたいと思います。

それらの内容(タイトル)は次のとおりで、今回は、1.微生物利用、について愚考します。

1.微生物利用(今回)
2.有機物残渣利用
3.緑肥利用
4.生ゴミ利用

有機農法は有機肥料(堆肥)利用が基本と思っている方が多い感じがします。私もそうでしたが、堆肥作りで腰をいためた後、堆肥を使わない「無堆肥有機農法」(ぐうたら農法)や「たんじゅん農法」を知ってからは、それは間違いであることに気が付きました。

有機農法の原点は、無農薬と微生物による土作りの2点だけかと思います。言い換えますと、微生物によって作られた有機農法の土では野菜が健康に育ち、そのため野菜が無農薬でも健康に育ち、このため美味しく安全な野菜が採れる、というのが有機農法の原点と理解します。

「ぐうたら農法のすすめ」(西村和雄 2001)によりますと、肥沃な土壌には無数の微生物(1グラムに1億)が居るようです。この微生物は、有機物を分解し、その過程でN(チッソ)などの肥料を放出させ、そして、最終段階で腐植を作ると言われております。

腐植は、N、P、Kなど肥料の保存能力があり、このため、腐植の多い土は肥料持ちがよくなります。さらに、腐食がある土では団粒構造が発達します。このため、腐植は土作りのための基本要素とも言われます。

次回は、腐植の増やし方について検討します。

なお、上と下の写真は、我が無堆肥有機農法のニンジンとキューリの様子で、まだ肥沃とは言えない感じです(笑)。

無堆肥有機農法キューリ栽培


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/04/07(金) 10:08:17|
  2. 土作りと肥料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<無堆肥有機農法と土作り(2)有機物の表層施用(土作りと肥料 2017.4.9) | ホーム | 無堆肥有機農法をめざして(菜園と人生 2017.4.5)>>

コメント

Re: まり姫 さん、感謝

まり姫 さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

手違いがあり、拙ブログの歴史ブログ(日本人の縄文思想と稲作のルーツ)
からコメントを書きましたが、野菜ブログのアドレスを入れてしまいました。
草々

> おはようございます~♪
> コメントを寄せていただきありがとうございましたm(o´・ω・`o)mペコリ
> また私の思いにご賛同をいただき勇気をいただきました。
> ホントに感謝しています。
>
> リンクしていただいたのですね(^_-)-☆
> 当方もさせていただきますね^^
  1. 2017/04/11(火) 11:28:24 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

初めまして(*^^)

おはようございます~♪
コメントを寄せていただきありがとうございましたm(o´・ω・`o)mペコリ
また私の思いにご賛同をいただき勇気をいただきました。
ホントに感謝しています。

リンクしていただいたのですね(^_-)-☆
当方もさせていただきますね^^
  1. 2017/04/10(月) 09:28:48 |
  2. URL |
  3. まり姫 #8m8hig/.
  4. [ 編集 ]

Re: ココモカさん、出来る事からこつこつです

ココモカさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘のように、土つくりは出来る事からこつこつです。
そして、肥沃ないい土になるためには20年ぐらいかかるようです。
草々


> う~ん
> プロですね~
> 出来る事からこつこつです
> 健康そうなにんじんの葉ですね
> きゅうりも大きな葉で
> おいしい野菜が収穫出来そうですね
> うらやまし~です
  1. 2017/04/08(土) 08:55:26 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: agriotome さん、ソルゴーの再生株

agriotome さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ソルゴーの再生株ですが、イネ科の特性でしょうか、
イネと同じようにひこばえが出てきます。

再生株を期待するときは、30㎝ぐらい残す高刈りがいいと思います。
こうすると、天敵も保存できるし、1カ月で再生株を刈り取ることができます。
草々



> こんにちは。
>
> 土づくりと肥料に関しての記事、楽しみにしています。
>
> 昨日のコメント返しの件でお尋ねします。
> ソルゴー、刈り取った後の再生株、利用できると書いておられましたが.....
> 再生の芽がでるということでしょうか?
> もし、そうだとしたら....
> 無駄な労力もいらず、畑にも良さそうです。
> ソルゴー、楽しみになりました。。
  1. 2017/04/08(土) 08:52:23 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

う~ん
プロですね~
出来る事からこつこつです
健康そうなにんじんの葉ですね
きゅうりも大きな葉で
おいしい野菜が収穫出来そうですね
うらやまし~です
  1. 2017/04/07(金) 15:47:44 |
  2. URL |
  3. ココモカ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

土づくりと肥料に関しての記事、楽しみにしています。

昨日のコメント返しの件でお尋ねします。
ソルゴー、刈り取った後の再生株、利用できると書いておられましたが.....
再生の芽がでるということでしょうか?
もし、そうだとしたら....
無駄な労力もいらず、畑にも良さそうです。
ソルゴー、楽しみになりました。。
  1. 2017/04/07(金) 12:36:15 |
  2. URL |
  3. agriotome #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1132-16032be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)