野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

菜園のイチゴは洗わずに食べることができる(病害虫対策 2017.3.24)

マダガスカル2月庭の花2

菜園のイチゴの花の蕾が見えてくる頃かと思います。関連し、今回は、菜園のイチゴは無農薬で作れること、洗わずに食べることができることについて愚考します。

まず、「ハウスイチゴは危険、「イチゴ、洗わずに食べると人体に危険!銅剤含有の農薬を大量使用、内臓に危害の恐れ」」という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。

引用しますと次のとおりです。

イチゴに多く使われる農薬は、「灰色かび病」や「うどんこ病」対策のものが多いのですが、すでに多くの耐性菌が出現しているため、既存の農薬の効果が薄くなっており、何度も繰り返し使用されたり、新しい農薬が続々と投入されています。そのなかには、人への薬害が非常に心配される農薬もあります。
 特に、灰カビ病対策に使われている「クリーンアップ」という農薬は銅剤が加えられていますので、銅による薬害が問題視されています。酸化銅について、「経口摂取後に腎臓、肝臓に影響を与えることがある。これらの影響は遅れて現れることがある」(国際化学物質安全カード)との指摘があります。
 クリーンアップは、生物農薬(バチルス属細菌)の補完剤として使われています。灰カビ病は、低温多湿という環境下で発生します。防湿ファンが設置され、常にハウス内を乾燥状態に保っているハウスでは発生しません。したがって、イチゴ狩りをする際は、ハウスに防湿ファンが正常に稼働しているか確認することが重要です。防湿ファンが設置されていない観光農園であれば、農薬がかなり使用されていると考えられるため、そのイチゴを食べるべきではありません。(引用終了)

まとめますと、ハウスのような密閉したところでは、病害が発生しやすく、無農薬でイチゴを作るのは困難、ということだと思います。

一方、野外の家庭菜園イチゴですが、ほとんどは無農薬で作られております。ということは、家庭菜園イチゴは無農薬栽培が簡単にでき、安全ということになります。

イチゴは、採り立てのものを洗わずに食べるのが最高と言われます。その意味で、無農薬で作れる家庭菜園のイチゴは家庭菜園ならではの味があると思います。

なお、イチゴ栽培に関心のある方は、拙ブログ左側にあります検索欄に「イチゴ」と入れクリックしますと、今までのイチゴ栽培記事を見ることができます。

なお、上と下の写真は記事と関係ありませんが、マダガスカルの庭にある普通の小さな花です。

マダガスカル2月庭の花1

また、下の写真はマダガスカルの棚田です。例年なら稲刈りシーズンですが、今年は雨不足のため田植えが遅れました。これから冬に向かいますが、成熟できるのかも危ぶまれています。

マダガスカル棚田3月中旬1

マダガスカル棚田3月中旬2



家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/03/23(木) 23:50:26|
  2. 病害虫対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<最後に繊維を食べると「うんせい」が良くなる(食と健康 2017.3.26) | ホーム | 遼東の豚(いのこ)(中国名言故事と家庭菜園 2017.3.22)>>

コメント

Re: nasu_to_mato さん、 イチゴ栽培、かなり遠回りしました

nasu_to_mato さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

イチゴ栽培、かなり遠回りたとのこと、同じですね(笑)。

回答は、側に転がっている。私も同じ経験をしています。
草々

> イチゴは私の大好きの果菜なので かなり以前から 栽倍していました
> 始めたころは 肥料さえやれば 作物はできると思い込んでいましたの
> で 油粕を 5センチほどの厚みに敷き詰めて耕してと
> そんな栽培をしたら 雨が降ると 実にカビが生え 食べられなくなり 
> 茂りに茂ってもう カビイチゴを作っているようでした
>
> 高畝にしたり(乾燥に弱かったため 夏にかれてしまったり)
> 低畝にしたり 
> 雨よけで ビニールで覆いを作ったり
> 雨が 土にしみこまないよう ビニールマルチを貼ったり
> アブラムシに悩まされ 毎日牛乳を霧吹きでかけたり
> でも
> 無農薬だけは貫いたので さんざんの収穫状態でした
>
> そんな時 ふと見ると 残った苗を放り出していたイチゴが形は小さくても 
> 病気シラズで 実をつけていました
> 今思うと
> 畑が イチゴの作り方おし得てくれていたのですが そのときは 無肥料栽培
> など 思いもしませんでした
>
> そんなこんなの イチゴの思い出
> かなり 遠回りしました
  1. 2017/03/26(日) 21:33:03 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

イチゴ

イチゴは私の大好きの果菜なので かなり以前から 栽倍していました
始めたころは 肥料さえやれば 作物はできると思い込んでいましたの
で 油粕を 5センチほどの厚みに敷き詰めて耕してと
そんな栽培をしたら 雨が降ると 実にカビが生え 食べられなくなり 
茂りに茂ってもう カビイチゴを作っているようでした

高畝にしたり(乾燥に弱かったため 夏にかれてしまったり)
低畝にしたり 
雨よけで ビニールで覆いを作ったり
雨が 土にしみこまないよう ビニールマルチを貼ったり
アブラムシに悩まされ 毎日牛乳を霧吹きでかけたり
でも
無農薬だけは貫いたので さんざんの収穫状態でした

そんな時 ふと見ると 残った苗を放り出していたイチゴが形は小さくても 
病気シラズで 実をつけていました
今思うと
畑が イチゴの作り方おし得てくれていたのですが そのときは 無肥料栽培
など 思いもしませんでした

そんなこんなの イチゴの思い出
かなり 遠回りしました


  1. 2017/03/26(日) 16:18:06 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

Re: agriotomeさん、安心安全なものは自分で作るしか

agriotomeさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘の「苺農園って、一体どこが監督しているのでしょう」ですが、
私も同じ疑問をもっています。

そして、「安心安全なものは自分で作るしか」、というのが、
家庭菜園の目標と思われます。
草々


> こんばんは。
>
> 私はいちご狩りしたことは無いですが、苺農園を見学したことは有ります。
> 苺農園って、一体どこが監督しているのでしょう。。。。
> 疑問になりました。
> やっぱり、安心安全なものは自分で作るしか無いですね。
> ここに行き着きます。。
  1. 2017/03/25(土) 20:33:15 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

私はいちご狩りしたことは無いですが、苺農園を見学したことは有ります。
苺農園って、一体どこが監督しているのでしょう。。。。
疑問になりました。
やっぱり、安心安全なものは自分で作るしか無いですね。
ここに行き着きます。。
  1. 2017/03/25(土) 20:00:35 |
  2. URL |
  3. agriotome #-
  4. [ 編集 ]

Re: アオカブ爺さん、イチゴ栽培、感謝

アオカブ爺さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

イチゴ栽培の記事、勉強になったとのこと、
嬉しいですね、このようなコメントは。
草々

> 初めまして
> 78才の爺ちゃんです、 私も菜園を楽しんでおります。
>
> 特にイチゴは、子供達が楽しみにしているので、頑張っております。
> 大変勉強になりました。
  1. 2017/03/25(土) 10:44:09 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

初めまして
78才の爺ちゃんです、 私も菜園を楽しんでおります。

特にイチゴは、子供達が楽しみにしているので、頑張っております。
大変勉強になりました。
  1. 2017/03/25(土) 07:57:57 |
  2. URL |
  3. アオカブ爺さん #-
  4. [ 編集 ]

Re: ココモカ さん、棚田とイチゴ

ココモカ さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

棚田ですが、大変心配されます。
こんな干ばつは、皆さん、初めてのようです。

一方、イチゴですが、とりたての味はすばらしいですね。
これを経験すると、スーパーのイチゴはもう食べる気がおきません(笑)。
草々


> 棚田は日本だけじゃないんですね
> かわいい棚田に実のって欲しいですね
> 手間をかけてきた事が報われますように・・・祈るしかないですね
>
> いちご検索させて頂きます。
> 洗って食べたいますが、ショックですね・・・
  1. 2017/03/25(土) 00:50:12 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

棚田は日本だけじゃないんですね
かわいい棚田に実のって欲しいですね
手間をかけてきた事が報われますように・・・祈るしかないですね

いちご検索させて頂きます。
洗って食べたいますが、ショックですね・・・
  1. 2017/03/24(金) 17:11:46 |
  2. URL |
  3. ココモカ #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、もぎたては最高

まろ様
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘のとおりで、もぎたては最高ですね(笑)。

特にイチゴは、香りが凝縮しているようで、
一度それを食べると、スーパーのイチゴは食べることができなくなります(笑)。
草々


> おはようございます。
>
> おっしゃる通りもぎたては最高ですよね。
> 苺に限らずキュウリ、トマトも最高です。
  1. 2017/03/24(金) 12:24:24 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: pil  さん、イチゴの季節、バオバブ、棚田

pilさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

イチゴの季節はドイツでは初夏とは少し遅い感じもしますが、
春は寒いという感じでしょうか。

マダガスカルのバオバブですが、ご指摘のとおりで、美しいと思います。
なお、太さは、直径2mとなると、しがみつけません(笑)。

なお、棚田の稲ですが、今年については実ることができるのか、
たいへん心配です。
草々


> こちらの露地植えイチゴのシーズンは、春というより初夏なんです。
> もちろん今の季節も、スーパーでは立派なイチゴが販売されているんですけど、イチゴだけはスーパーで買わず、イチゴ畑に摘みに行くようにしています^^
> 摘みたてはおいしいですよね~。
>
> マダガスカルの棚田、緑が奇麗ですね。
> 無事にお米が収穫できますように!
> バオバブの林もとっても素敵でした。
> 西アフリカでバオバブの木は見ましたけど、姿が違ったように思います。
> 拝見した写真のような、幹がすっと伸びた形の物は、マダガスカル特有の物なんでしょうね。
> 実物に触ってみたいというか、しがみついてみたいです。(笑)
  1. 2017/03/24(金) 12:20:33 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

おっしゃる通りもぎたては最高ですよね。
苺に限らずキュウリ、トマトも最高です。
  1. 2017/03/24(金) 07:25:10 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

イチゴの季節

こちらの露地植えイチゴのシーズンは、春というより初夏なんです。
もちろん今の季節も、スーパーでは立派なイチゴが販売されているんですけど、イチゴだけはスーパーで買わず、イチゴ畑に摘みに行くようにしています^^
摘みたてはおいしいですよね~。

マダガスカルの棚田、緑が奇麗ですね。
無事にお米が収穫できますように!
バオバブの林もとっても素敵でした。
西アフリカでバオバブの木は見ましたけど、姿が違ったように思います。
拝見した写真のような、幹がすっと伸びた形の物は、マダガスカル特有の物なんでしょうね。
実物に触ってみたいというか、しがみついてみたいです。(笑)

  1. 2017/03/24(金) 05:17:17 |
  2. URL |
  3. pil #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1126-2419f0c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)