野菜を食べやさい

任地マダガスカルから、食と健康、自然との共生、日本人のルーツ、マダガスカルとアフリカ等について発信いたします。菜園については帰国時の春に紹介します。

「ぐうたら農法」から「無堆肥有機農法」へ(農法 2017.1.3)

ソルゴのワラの間に播いたエンドウの発芽

新年を迎えました。振り返りますと、拙ブログ記事アップを始めたのは2013年1月でしたので、もう4年の月日が流れたことになります。

そして、その拙ブログでは、堆肥は作らない、入れない、代わりに有機物を菜園の表層に敷き微生物に土を作ってもらう、あるいはオートなど緑肥を作り、その根に土を軟らかくしてもらう、という「ぐうたら農法」(西村和雄著)を教科書として、記事の紹介をしてきました。

できた野菜や果樹については、春の野菜、夏の野菜、秋の野菜、冬の野菜、果樹のカテゴリーで紹介してきましたが、多くは立派な収穫物があったと確信しております。

この「ぐうたら農法」は、原則として、耕起もしない、石灰も入れない、畝立てもしない、ビニールマルチも使わない、追肥もしない、農薬も使わないという自然に優しい有機農法で、かつ、重労働もない、という軽労働中心の農法です。このため老人や女性に優しい農法でもあります。

したがって、簡単な農法で有機野菜を作りたいという人に受けていいはずですが、人気が出てない感じがします(笑)。

そこで、その人気の出ていない理由について考えますと、「ぐうたら農法」という名前が勤勉な日本人には受けないのではないかと思いました。また、その名前には、省力(ぐうたら)農法の中心である無堆肥、さらには微生物活用の有機農法の概念が見えない問題もあります。

そこで、「ぐうたら農法」改め、その省力農法の中心である無堆肥というキーワードを入れた有機農法、すなわち「無堆肥有機農法」とこれから呼称し紹介していきたいと思います。

なお、上の写真は我が無堆肥有機農法の菜園の11月上旬の様子で、刈り取った緑肥(ソルゴ)のワラの間にエンドウを播いて発芽した様子です。

一方、下の写真は、アスパラガスの畝です。茎枯れ病という発生すると株が全滅してしまう恐ろしい病気がありますが、その予防のために、病原菌が含まれていると思われるの土1~2cmを除去し、その上にイモガラ有機物マルチを敷いた様子です。こうすると、春には太いアスパラガスの芽が毎年出てきます。茎枯れ病の発生も遅くなります。

アスパラガスの畝に敷いたイモガラマルチ


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/01/03(火) 00:39:41|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<無堆肥有機農法ではモグラがほとんど来ない(農法 2017.1.5) | ホーム | 今年は菜園に復帰します(ごあいさつ 2017.1.1)>>

コメント

Re: どすこいさん、ぐうたら農法

どすこいさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

ぐうたら農法、名前はともかく、中味は立派な本と思っています(笑)。
今年もよろしくお願いします。
草々

> 明けましておめでとうございます。
> ぐうたら農法、楽しそうですね。
> 早速、本を取り寄せました。
> 地球に優しくて、体に優しい
> そういうの大好きです。
> 今年もよろしくお願いします。
  1. 2017/01/05(木) 21:19:32 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

明けましておめでとうございます。
ぐうたら農法、楽しそうですね。
早速、本を取り寄せました。
地球に優しくて、体に優しい
そういうの大好きです。
今年もよろしくお願いします。
  1. 2017/01/05(木) 14:17:14 |
  2. URL |
  3. どすこい #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、無堆肥有機農法勉強させて頂きます

まろ様
新年の挨拶、ありがとうございます。

無堆肥有機農法勉強させて頂きます、とは、新年から嬉しいですね。
今年もよろしくお願いします。
草々


> あけましておめでとうございます。
>
> 無堆肥有機農法勉強させて頂きます。
> いずれ体が衰えても畑続けられるように。。。
> 今年もよろしくお願いします。
  1. 2017/01/03(火) 19:00:29 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

あけましておめでとうございます。

無堆肥有機農法勉強させて頂きます。
いずれ体が衰えても畑続けられるように。。。
今年もよろしくお願いします。
  1. 2017/01/03(火) 17:29:39 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

Re: soraさん、「ぐうたら農法」、とても魅力的です♬

soraさん
早速の貴重なコメント、ありがとうございます。

「ぐうたら農法」、とても魅力的です♬ 、とのこと、
嬉しいですね。
今年もよろしくお願いします。
草々


> Happy new year!
>
> 「ぐうたら農法」、とても魅力的です♬
> とはいっても、その中心は無堆肥、微生物活用の有機農法ということで、
> どこまでぐうたらになっていいものかと考えてしまいますが、
> 耕起もしない、石灰も入れない、畝立てもしない、ビニールマルチも使わないということなので、
> やっぱり、かなりぐうたらですよね (✿→艸←)
> 勉強させていただきます ヾ(╹◡╹❀)ノ゙
  1. 2017/01/03(火) 12:55:23 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 間取作造さん、タイトルは大事ですね

> あけましておめでとうございます
間取作造さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

タイトルは大事、ご指摘のとおりだと思います(笑)。
今年もよろしくお願いします。
草々


>
>
> 「ぐうたら農法」の変更賛成いたします。
> 本棚の背表紙を見ただけで
> 働き者の妻は「なにこれ?」と拒否反応を示していました。
>
> タイトルは大事ですね。
>
> 今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2017/01/03(火) 12:48:11 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Happy new year!

「ぐうたら農法」、とても魅力的です♬
とはいっても、その中心は無堆肥、微生物活用の有機農法ということで、
どこまでぐうたらになっていいものかと考えてしまいますが、
耕起もしない、石灰も入れない、畝立てもしない、ビニールマルチも使わないということなので、
やっぱり、かなりぐうたらですよね (✿→艸←)
勉強させていただきます ヾ(╹◡╹❀)ノ゙
  1. 2017/01/03(火) 11:53:03 |
  2. URL |
  3. sora* #a2CZQCnw
  4. [ 編集 ]

あけましておめでとうございます


「ぐうたら農法」の変更賛成いたします。
本棚の背表紙を見ただけで
働き者の妻は「なにこれ?」と拒否反応を示していました。

タイトルは大事ですね。

今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2017/01/03(火) 10:22:00 |
  2. URL |
  3. 間取作造 #Yeq.B2X2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1086-c44cab98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)