野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

日本各地に残るアイヌ語地名の謎愚考(日本人のルーツ 2016.8.30)

マダガスカルアパート前の梅の花1

拙ブログでは、日本に最初に来たのがアイヌ系の人々であったことを紹介していますが、アイヌ系の民族が全国いたるところに居たことは、現存するアイヌ語に由来する地名から、その足跡を見ることができます。

例えば、私は宮崎市に住んだことがありますが、宮崎市中心部にある江平という地名はアイヌ語に由来するということでした。

江平(えひら、えびら)の「え」はアイヌ語で海岸を意味すること、そして「ひら」は周辺(辺り)を意味するようです。すなわち、江平という地名はアイヌ語に由来し、昔そこは海岸だったことになります。

江平地区の工事をすると砂に交じって貝殻が出てくるのは、そのためだという、もっともらしい解説がありました(笑)。

そして、そのようなアイヌ語地名は全国に認められますが、アイヌの人たちはどこに行ってしまったのかが謎でした。一説には弥生人が来たので、東北や琉球の方に逃げたのだろうという説もありました。

しかし、最近のY染色体ハプログループ解析は、その謎を明らかにしました。その解析では、アイヌ系の人達のハプログループはD型ですが、D型は日本全国に認められます。

すなわち、日本全国に居たアイヌ系の人々は、逃げたのでなく、後に日本に来た他の民族(マレー系やツングース系)と共存し、混血し、縄文人となり、弥生人となって現代人になった、ということになります。

以上、日本各地に残るアイヌ語地名の謎愚考でした。

なお、上と下の写真は、記事と関係ありませんが、最近、満開になったアパート前の梅の花です。


マダガスカルアパート前の梅の花2


家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2016/08/30(火) 03:00:17|
  2. 日本人のルーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<貴重な葉レタス、野菜を先に食べやさい(プランタ栽培 2016.9.1) | ホーム | アイヌ系民族の日本への道(日本人のルーツ 2016.8.28)>>

コメント

Re: 植本様、D型染色体なのかなぁ?

植本様
貴重なコメント、ありがとうございます。

D型染色体なのかなぁ?ですが、
日本人の35%はD型(アイヌ系)ですので、
その可能性は高いと思います(笑)。
草々

> D型染色体なのかなぁ?
> 自らのルーツに想いを馳せる
> ロマンですね。
  1. 2016/08/31(水) 12:15:31 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

D型染色体なのかなぁ?
自らのルーツに想いを馳せる
ロマンですね。
  1. 2016/08/31(水) 09:20:16 |
  2. URL |
  3. 植本多寿美 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1025-95568540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)