野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

美味しい野菜と土作り(土つくりと肥料 2016.8.24)

土作り1

まともな食事崩壊で命を危険にさらす日本人!栄養素スカスカ加工食品まみれで病気蔓延」、という記事が阿修羅掲示板に出ておりました。

要約しますと、ポテトチップスのような加工食品はカロリー高いが、健康に必要な繊維が少なく、これらに頼っていると、高血圧など成人病にかかりやすくなる、という感じです。まさに、健康維持のためには野菜に含まれる繊維が重要であり、「野菜を食べやさい」、となります(笑)。

一方、野菜を食べてもらうには美味しいことが重要になりますが、拙ブログでは、腐植の多い土で野菜を作ると、柔らかく味が濃く美味しい野菜が作られることを指摘しています。

腐植は、有機物が分解されて残った最小の有機物と言われますが、これには肥料維持能力や土の団粒構造形成能力が秘められていて、土つくりに最も重要な成分と言われます。このため、腐植の多い土が肥沃な土と言われます。

そこで、今回は、秋野菜のシーズンとも関連し、美味しい野菜を作るための腐植の多い土つくりについて我が菜園の方法について紹介してみたいと思います。

まず、我が日本にある菜園の土作りですが、老体に困難を強いる堆肥は作りませんし、入れません(笑)。代わりに緑肥を作ります。

上の写真は緑肥として作っているクローバーです。大きくなったところで刈り取り、敷き草として使います。

一方、下の写真は収穫物残差の利用で、サツマイモの枯れツルの様子です。これも敷き草として利用します。

そして、緑肥や収穫物残差などの有機物を地表面に置くだけですが、それらは微生物によって分解され土に帰り、腐植の多い土が自然とできてきていきます。これは「ぐうたら農法」とも言われますが、これでいいのです(笑)。

以上、わが菜園の土つくりの方法でした。なお、こうした土作りに関心のある方は。拙ブログ左側にあるカテゴリー欄の「土作りと肥料」をクリックしますと、今までの記事を読むことができます。


土作り2枯れたいも蔓


家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2016/08/24(水) 03:04:28|
  2. 土作りと肥料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<「ノケジョ」と食と健康(菜園と人生 2016.8.26) | ホーム | 博多美人ルーツ愚考(日本人のルーツ 2016.8.22)>>

コメント

Re: aoi さん、土に生ごみも埋めて

aoi さん
コメント、ありがとうございます。
嬉しいですね、拙ブログ記事、参考になるとは。

土に生ごみも埋めて、ですが、
私の経験では、入れれば入れるほど土地が肥えてきますね(笑)。

小さな菜園なら、生ゴミだけでも土は肥えると思っています。
草々


> いつもながら貴重なブログ記事をありがとうございました。
> 極小菜園ですが、野菜作りにはいつもこれでいいのか?、と悩みながら元肥と追肥の日々です。
> 今日は
> 「土作りと肥料」記事拝見しました、野菜の種類によっては鶏糞と化成肥料なんですね、無肥料希望が頭から離れずでしたが凝り固まっていましたね、ちょっと安心しました。
> 今年初めてきゅうりとミニトマトの残渣を畑にかぶせています、
> 土に生ごみも埋めて、今までとちょっと違う土を作りたいと思っています。
  1. 2016/08/25(木) 19:52:11 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

いつもながら貴重なブログ記事をありがとうございました。
極小菜園ですが、野菜作りにはいつもこれでいいのか?、と悩みながら元肥と追肥の日々です。
今日は
「土作りと肥料」記事拝見しました、野菜の種類によっては鶏糞と化成肥料なんですね、無肥料希望が頭から離れずでしたが凝り固まっていましたね、ちょっと安心しました。
今年初めてきゅうりとミニトマトの残渣を畑にかぶせています、
土に生ごみも埋めて、今までとちょっと違う土を作りたいと思っています。
  1. 2016/08/25(木) 15:28:18 |
  2. URL |
  3. aoi #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/08/24(水) 18:29:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: nasu_to_matoさん、 無理なこと

nasu_to_matoさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

不耕起とか有機物表層施用とかの微生物依存農法は新しい知見かもしれません。
昔の方法は堆肥すきこみが主流でないでしょうか。

その意味で、無理なことかもしれません。
ご指摘のように、もったいないことだと思っています。
草々

> 秋野菜の準備で スイカとか カボチャとか 敷きわら などを
> 近くの方々は 乾燥させ 燃やされている方ばかりです
>
> こんなの土に入れたら 病気が蔓延するとか
> 大根が曲ってしまうとか 耕運機に絡まるとか 
>
> 畑にとってはお宝と言う認識がなく
> 邪魔者としか 扱っておられません
> もったいないことです が  
> その考え方を変えてもらうのは とてもとても 無理なこと。
  1. 2016/08/24(水) 13:34:07 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: katatakaさん、庭の残渣利用

katatakasさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

庭の残渣利用ですが、土が肥えてくること間違いなしですね。
草々

> おはようございます。
> 小さな庭も庭の残渣で土づくり続行中です。
> ささげくんさんのブログで再確認しています。
> 広い野菜畑あこがれです
  1. 2016/08/24(水) 13:27:16 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: まろ様、感謝

まろ様
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

嬉しいですね、拙ブログ記事が参考になっているとは!
感謝!


> おはようございます。
>
> 緑肥、残渣での土造り
> ささげくんサンの影響もあり私もやっています。 ww
  1. 2016/08/24(水) 13:23:58 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

無理なこと

秋野菜の準備で スイカとか カボチャとか 敷きわら などを
近くの方々は 乾燥させ 燃やされている方ばかりです

こんなの土に入れたら 病気が蔓延するとか
大根が曲ってしまうとか 耕運機に絡まるとか 

畑にとってはお宝と言う認識がなく
邪魔者としか 扱っておられません
もったいないことです が  
その考え方を変えてもらうのは とてもとても 無理なこと。


  1. 2016/08/24(水) 12:28:28 |
  2. URL |
  3.  nasu_to_mato #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
小さな庭も庭の残渣で土づくり続行中です。
ささげくんさんのブログで再確認しています。
広い野菜畑あこがれです
  1. 2016/08/24(水) 09:45:26 |
  2. URL |
  3. katataka #T4iTjaJU
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

緑肥、残渣での土造り
ささげくんサンの影響もあり私もやっています。 ww
  1. 2016/08/24(水) 07:26:41 |
  2. URL |
  3. まろ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1022-d460b147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)