fc2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、退職後の人生について発信いたします。さらには生ごみや剪定枝利用の土作り、家庭菜園での一句について紹介します。

冬晴れや パオパオめくれば 眼に青葉


パオパオ利用風景


冬晴れや パオパオめくれば 眼に青葉

一段と冷え込みました(笑)。

さて、家庭菜園では冬は葉ものと言われますが、1月下旬ともなれば葉もの野菜は凍霜害で枯れており、美味しそうに見えません。

そこで、我が菜園では、凍霜害を和らげるというパオパオを使っていますので、その様子を家庭菜園での一句を添えて紹介します。

上の写真はパオパオを掛けて野菜を育てている様子です。12月上旬播種で1月上旬の様子ですが、順調に育っています。

下の写真は、1月上旬、めくったときの様子です。

パオパオめくり(播種後1カ月)

ダイコン葉とミズナですが、順調に育っている感じは感動です。

また、下の写真は、1月下旬の様子で、コマツナの緑が美しい感じです。

パオパオ利用1ヶ月半後コマツナ

そこで、家庭菜園での一句です。

     冬晴れや パオパオめくれば 眼に青葉

下のマンガ絵はいつもの家庭菜園での一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

パオパオ利用で家庭菜園での一句絵手紙

下の写真は利用で、パオパオで育てたダイコン葉の混ぜご飯です。白ゴマをかけると、味もよく、なかなか行けます。

パオパオで作ったダイコン葉料理

このほか、ミズナは鍋物、コマツナは味噌汁に活躍中です。

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。


播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものですが、溝を踏み固めた後、12月上旬に条播し、パオパオを掛けました。12月下旬から間引きしながら食べています。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2024/01/25(木) 16:50:05|
  2. 家庭菜園での一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

軸赤い ホウレンソウの 色と艶


ホウレンソウ菜園1月


軸赤い ホウレンソウの 色と艶

大寒となり、菜園で収穫できるものはホウレンソウとその他の葉ものだけとなりました。ホウレンソウは寒締め効果があると言われますが、本当です。

今回は赤軸ホウレンソウですが、そんな様子を家庭菜園での一句を添えて紹介します。

上の写真は現在(1月中旬)菜園の様子です。

赤軸のものはチヂミ型で、寒さに強そうです。

下の写真は1月上旬頃の収穫物で、赤軸のものをアップした様子です。

ホウレンソウ収穫物

そして、下の写真は葉を洗い、利用寸前の様子で、なかなか立派な艶(つや)があります(笑)。

ホウレンソウ利用直前

下の写真は生野菜サラダで、摺りゴマをかけてあります。食味良好です。

ホウレンソウ入りサラダ

そこで、家庭菜園での一句です。

     軸赤い ホウレンソウの 色と艶

下のマンガ絵はいつもの家庭菜園での一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

ホウレンソウで家庭菜園での一句絵手紙

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。


播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、冷蔵庫に保存しておいたものですが、播種溝を踏み固めた後、10月上旬に、散播きしました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2024/01/18(木) 19:06:23|
  2. 家庭菜園での一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤマイモの 折れた傷口 白き艶(つや)


ヤマイモ堀りの途中


ヤマイモの 折れた傷口 白き艶(つや)

さらに冷え込んできました(笑)。

さて、ヤマイモ(ナガイモ)は別名トロロイモですが、美味しいためか人気があります。

昨年は、ヤマイモがあちらこちらに自生し、そこに支柱を立てたせいか、茂り、イモの方も太った感じです。今回は、その様子を家庭菜園での一句を添えて紹介します。

上の写真は、掘っている途中のイモです。かなりの大物で、すべては掘りきれない感じです。ここまでくると、下の土は強粘土、スコップも入りません。残念ながら中折れです。

下の写真は収穫物です。痛々しい感じですが、中折れの白い傷、なんとも言えない艶(つや)があります(笑)。(なお、収穫物の先端部は来年用の種芋にするため切り取ってあります。)

ヤマイモ収穫物

そこで、家庭菜園での一句です。

     ヤマイモの 折れた傷口 白き艶

下のマンガ絵はいつもの家庭菜園での一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

ヤマイモで家庭菜園での一句絵手紙

また、下の写真は利用です。白い刻みは酒のつまみ(肴)、そして、トロロかけご飯ですが、今年のヤマイモは味と香りがあり、とりわけ美味しい感じです(笑)。

ヤマイモ刻み

ヤマイモトロロかけご飯


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2024/01/11(木) 19:14:45|
  2. 家庭菜園での一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

白カボチャ 名前を聞けば 雪化粧


カボチャ菜園


白カボチャ 名前を聞けば 雪化粧

正月となり寒くなってきました。この寒い時期は菜園に野菜も少なくビタミン不足になりやすいので、保存しておいた栄養豊富なカボチャを食べるのが良いといわれます。

調べると、カボチャはビタミン豊富、澱粉も豊富、さらには繊維も豊富で完璧な食材のようです。

そこで、我が家もカボチャを作り食べていますので、家庭菜園での一句を添えて紹介します。

上の写真は菜園10月の様子です。うどんこ病が少し出ておりますが、成熟期ですので問題ありません。また、草除けに除草シートを張っています。以前は9月収穫でしたが、高温による日焼けが問題であることが分かり、7月下旬播き10月収穫で作っています。

下の写真は収穫物で品質良さそうです。種3個から3本の苗になり、全部で10個採れました。

カボチャ(雪化粧)収穫物

そして、下の写真は味噌汁に使った様子です。

カボチャ入り味噌汁

下の写真は天ぷらです。

カボチャ天ぷら

食べると、甘く、ほくほく感があり、味も良いことが分かりました。今までない最高の品質と味です(笑)。

そこで調べると、品種は「雪化粧」です。妻が選んだ品種で、種も残っており、来年からはこの品種で行くことに決めました。

そこで、家庭菜園での一句です。

     白カボチャ 名前を聞けば 雪化粧

関連し、下のマンガ絵は、いつもの家庭菜園での一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

カボチャで家庭菜園での一句絵手紙

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。

播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞500gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、今年の春に園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものですが、播種溝を踏み固めた後、7月下旬に、点播きしました。栽培中は、周囲に除草シートを張りました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2024/01/04(木) 15:18:19|
  2. 家庭菜園での一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年のご挨拶


竹藪になった菜園地1


新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

新年にあたり、一言ご挨拶申し上げます。

拙ブログは12年目に入りました。年末のごあいさつで申し上げましたが、73歳を過ぎ、体力の低下は否定できません。しかし、菜園活動やブログ活動は老化防止効果があるようで、自作地(主に果樹)2アールと借地の菜園地6アールありますが、元気があるかぎり、続けたいと思っています。

そして、今年の第一の目標ですが、新天地1アールを新しく開拓しお花畑にすることです。

その新天地は現在の菜園の傍にありますが、木と竹が茂り、道路にはみ出すなど問題が起きています。木と竹藪を刈る許可をえましたが、その後、持ち主は病で入院中のようで、連絡がつきません。こんな状況ですが、ボランテアで藪を切り払い、環境改善に協力したいと思っています。

花を植えたいと思っていますが、花が咲きましたら、それらの様子を拙ブログで紹介していきます。

一方、FC2ブログ関係になりますが、拙ブログ訪問者への訪問返しは原則として5日に1回ぐらいを予定しています。そして、興味深い記事にはコメントを残す予定です。

今年もどうぞよろしく。

なお、上と下の写真は新畑予定地(12月に一部周辺刈り済み)で、激しく竹が茂っています。20年前に7人で始まった菜園地ですが、3人の菜園地はこのような状況になっています。管理者がいなくなると、このようになると感じるこの頃です。


竹藪になった菜園地2



家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2024/01/01(月) 09:08:00|
  2. ごあいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1