野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

動物性たんぱく質生ゴミの発酵処理(生ゴミ利用)

動物性生ゴミ処理2か月後

明日から8月です。秋野菜の苗作りなどの準備に入るときかと思います。我が菜園では、ブロッコリー、キャベツなどの播種を終えたところです。

さて、拙ブログでは、有機物の循環をテーマに、生ごみを菜園に埋め込み、土壌改良を行っていますが、生ごみの埋め込みの問題は、魚や鶏肉の骨を埋め込むと野犬等の掘り出し害が出ることかと思います。そこで、拙ブログでは、生ゴミを動物性と植物性に分別して埋め込んでいます。

動物性の生ゴミについては、バケツを2個用い、発酵処理をしていることを以前に紹介しました。発酵は自然発酵にまかせるという方法ですが、今回は、その結果について紹介します。

バケツには、乾燥した土と動物性の生ゴミとコーヒー滓を入れて混ぜ、ふたをし、日蔭に放置し、発酵するのを待ちます。上の写真は、4月に入れ、約2か月後の6月の様子で、骨や貝殻が白く発酵しています。匂いはありません。これを菜園に埋め込みましたが、犬やカラスが寄ってくることはなく、まったく問題ありませんでした。

下の写真は、そのとき、新しく入れ込んだ別のバケツです。入れたばかりの魚の頭が見えていますが、今までの経過からすると、2か月後には、発酵し、この魚の頭も見えなくなることが予想されます。

動物性生ゴミ処理途中

また、下の写真は最近の様子で、魚と骨とコーヒー滓と土を混ぜ1週間後の様子です。高温のせいか、発酵が進んでいる感じがします。この調子ですと夏は2週間程度で発酵が終わる感じです。

動物性生ゴミの発酵の様子1週間後

以上、動物性生ゴミの発酵処理の様子でした。

なお、「生ゴミ利用」に関心のある方は、本ブログ左側のカテゴリー欄の「生ゴミ利用」を選択しクリックいたしますと、今までの記事を読むことができます。


家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2017/07/31(月) 08:21:30|
  2. 生ゴミ利用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏バテ防止にツルムラサキを食べる(夏の野菜)

ツルムラサキ菜園7月2

暑い日が続いています。そんななか、平凡ですが、自生のツルムラサキが大きくなり、食べることができるようになりましたので紹介します。

ツルムラサキの効能についてはブログ仲間も紹介しておりますが、栄養価にすぐれ、体の免疫力を高め感染症を予防する効果がある、とあります。今年のような暑い夏にはどんどん食べると効果があるのでしょう(笑)。

上と下の写真は菜園の様子です。前年のこぼれ種から、いつも同じ場所から生えてきます(笑)。

ツルムラサキ菜園7月1

下の写真は収穫物です。上の柔らかい部分だけを収穫します。

ツルムラサキ収穫物

下の写真は利用で、お浸しです。少しぬめりがあり、さっぱりとした味で、少量ですと美味しいと思います。このため、夏に2回程度食べて終わりますが、今年は暑いので、もっと食べようと思っています(笑)。

ツルムラサキお浸し

また、下の写真は、葉の天ぷらです。これも美味しいと思います。

ツルムラサキ天ぷら

参考までに作り方を紹介しますと、前年のこぼれ種から4月に自生してきますが、この自生株にツルが絡まるようにネットを掛けるだけです。肥料(発酵鶏糞)を表層に少し播き、除草を少ししますが、栽培は簡単です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/29(土) 09:59:44|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

真っ赤なシシリアン・ルージュは甘味と酸味がぎっしり(夏の野菜)

シシリアンルージュの実

たいへん美味しいミニトマト新品種「シシリアン・ルージュ」が収穫時期を迎えていますので紹介します。

上と下の写真は現在の株の様子です。先月(6月13日)、寝せ植え栽培で植付けの様子紹介したものですが、大きくなりました。なお実の部分は鳥獣害や虫害を避けるため、水切りネットがかけてあります。

シシリアンルージュ寝せ植え株全景

菜園で、もぎたての真っ赤なものをかじると、トマトの甘い味と酸味と香りがぎっしりという感じで、たいへん美味しいと思いました。

下の写真は収穫物です。丸い中玉などの種類も入っていますが、「シシリアン・ルージュ」は手前のやや細長いタイプで中玉と同程度の大きさです。

シシリアンルージュなどトマト収穫物

下の写真は、朝の生野菜サラダで、その色は品種名のとおりルージュ(真っ赤)で、彩りが良く、食欲をそそります(笑)。

シシリアンルージュ入りサラダ

参考までに今回の作り方を紹介しますと、ポット苗1株を園芸店で購入し、4月中旬に移植しました。移植後は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、5月中旬にはずしました。その後、株を彫り上げ、別の場所に寝せ植えし、3本枝立てとしました。

肥料は、万能クワで植え溝を掘り、そこに施用し混ぜましたが、m2当たり発酵鶏糞500gの他、尿素を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。なお、この場所には、植える1か月前に、前年のサツマイモ収穫物残渣と米糠を混ぜて入れてあります。関連し、下の写真はその根本の様子です。

シシリアンルージュの根本の土


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/27(木) 09:23:17|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

モロヘイヤのヌルヌルが夏に良い(夏の野菜)

モロヘイヤ菜園7月

夏の葉もの野菜はモロヘイヤとエンサイ(空芯菜)が代表かと思いますが、そのモロヘイヤが収穫時期を迎えていますので紹介します。

上の写真は菜園の様子です。まだ生育が十分ではありませんが、利用可能です。

下の写真は収穫物です。収穫の時は、柔らかい茎の部分を手で折って収穫します。はさみで収穫すると硬い部分が残り、調理するとき、硬い部分を捨てるという手間がかかるので嫌われます(笑)。

モロヘイヤ収穫物

下の写真は利用です。湯がいた後、刻んでたたき、それをモズクと混ぜただけのシンプルな料理です。モロヘイヤ独特のぬめりがと香りがあり、ご飯にかけポン酢味で食べると、美味しく、食が進みました。写真ではオクラも入っていますが、こうするともっと美味しくなります(笑)。

モロヘイヤとモズクのミックス

モロヘイヤはアフリカ原産で、私もアフリカに居るときはよく食べましたが、現地でも暑いときに食べる野菜のようです。そのヌルヌルは、食欲減退する夏にいいようで、食欲増進に効果があると思われます。

参考までに今回の作り方を紹介しますと、種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存していたものです。5月上旬に播種し、発芽後1株当たり3本になるよう間引きし、合計12株(3ポットx 4株)のポット苗を作り、5月下旬に移植しました。移植後は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、6月下旬にはずしました。

肥料は、万能クワで植え溝を掘り、そこに施用し混ぜましたが、m2当たり発酵鶏糞500gの他、尿素を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/25(火) 09:10:46|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏のシュンギクとコマツナ(夏の野菜)

シュンギク菜園7月

7月は夏野菜の季節ですが、葉もの野菜も食べたいと思うときがあります。そこで、防虫ネットを使
い、シュンギクとコマツナ(品種名:チョウホウ菜)を、6月播き、7月収穫の予定で作ってみましたので紹介します。

上と下の写真は防虫ネットを外した収穫直前の様子で、1回目の7月上旬に続き2回目の7月中旬収穫の様子です。雑草に囲まれ負けそうですが、利用可能です(笑)。

コマツナ菜園月

下の写真は収穫物です。立派なものです(笑)。

シュンギクとコマツナ収穫物

下の写真は利用でシュンギクのお浸しをソバに使った様子です。新鮮な香りもあり大変美味しいと思います。

シュンギク入りソバ7月

参考までに今回の作り方を紹介しますと、シュンギクとコマツナの種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存していたものです。6月上旬に播種し、発芽後1株当たり3本になるよう間引きし、それぞれ合計8株(2ポットx 4株)のポット苗を、作り、6月中旬に移植しました。移植後は、防虫ネットを張り、収穫期直前にはずしました。肥料は、万能クワで植え溝を掘り、そこに施用し混ぜましたが、m2当たり発酵鶏糞500gの他、尿素を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/23(日) 09:18:41|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アオシソの香りと夏(夏の野菜)

自生のアオシソ1

平凡ですが、自生のアオシソ(大葉)大きくなり、それを利用していますので紹介します。

上と下の写真は菜園の様子です。いずれの株も、前年のこぼれ種から自生してきたものです。今年は、発芽時期の4月~5月に雨が少なく、低温が続き、発芽や生育が遅れましたが、7月になり大きくなってきた感じがします。

自生のアオシソ2

下の写真は収穫物です。夏の香りというかアオシソの香りが伝わってくる感じです。このアオシソは手巻き寿司用に準備したもので、素材をそのまま食べることになります。

アオシソ収穫物

下の写真は冷奴豆腐に乗せた様子です。これも香りよく美味しくなっています。この感じでいろいろと利用しているこの頃です。

アオシソ薬味と豆腐

参考までに作り方を紹介しますと、前年のうちに実った種を目的地の表層にこぼしておくだけです。ブログ仲間の情報では、その種が小鳥や虫に食われないようにアオシソの株で表層を覆い、春にその株を除去すると良い発芽が得られるようです。我が菜園も、来年からそれを実践したいと思っています。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/21(金) 08:51:18|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

夏のアスパラガスも美味い(夏の野菜)

アスパラ栽培7月のようす1

夏のアスパラガスが採れていますので、その様子について紹介します。

上と下の写真は菜園の様子です。

アスパラガス栽培7月の様子2

下の写真は収穫物です。このくらいの量が最近、毎日採れていますが、老夫婦としては十分な量です(笑)。

アスパラガス収穫物7月

下の写真は、平凡ですが、朝の生野菜サラダ、夕食のエビチリとアスパラガスです。

アスパラガス利用サラダ

アスパラガス料理エビチリ

参考までに今回のアスパラガスの作り方を紹介しますと、春のアスパラ栽培の続きです。伸びてきた新茎を支柱で支え、新しく出てくる芽を待ちます。一般に、雨の後に多く出てくる感じです。我が菜園には、1列に約9株植えていますが、2年目以上の列が4本あり、1列当たり良ものが毎朝2本採れれば、と思っています。

栽培のポイントですが、茎枯れ病にかかった茎の除去をこまめに行い、病害が広がるのを抑えること、除草をこまめに行うことです。そして、アスパラガスの芽は雨の後に出てくる特徴がありますので、乾燥が続く場合は散水をすることかと思います。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/19(水) 08:39:45|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

今年のコーンは虫が少なく甘い(夏の野菜)

トウモロコシ菜園2

平凡ですが、スイートコーンを収穫し、その食を楽しんでいますので、紹介します。

上と下の写真は菜園の収穫直前の様子です。カラス対策に、上にテングス4本、サイドに野菜用ネットを張っています。今回はこれでOKの感じです。また、アワノメイガ対策で雄花は切り取ってあります。

トウモロコシ菜園1

下の写真は収穫物です。黄色のタイプ、白と黄色のバイカラー種です。昨年の残りタネで品種名は不詳です(笑)。今年は虫害が少ない感じです。

トウモロコシ収穫物7月

下の写真は茹でた様子です。食しますと、甘味と香りがぎっしり、家庭菜園ならではの味です。スイートコーンは収穫してから2時間以内に食べると旨みが違うと言われますが、本当でした(笑)。

トウモロコシ茹でたあと

参考までに今回の作り方を紹介しますと、種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存していたものです。4月上旬に、植え溝を作り、万能クワで植え溝を掘り、そこに肥料を施用し混ぜ、そこに点播きし、保温のためパオパオをベタかけしました。そして、発芽後に取り外し、間引いて、1点あたり1~2本にしました。

栽培中は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、伸びてきた6月上旬に外しました。肥料はm2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)の他、尿素を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。

栽培のポイントはアワノメイガ対策です。進入路の雄花は受粉後切り取りました。また、穴が開き侵入が確認された茎の上部は廃棄しました。

なお、最近のことですが、我が菜園にハクビシンが現れ、トウモロコシを毎朝1~2本食い荒らしています。これからは、このハクビシン対策が必要になってきました。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/17(月) 09:03:34|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

地這いキューリは簡単に作れて美味しい(夏の野菜)

キューリの実菜園

キューリを無農薬で作れるようになれば1人前と言われますが、地這いキューリは病虫害に強く無農薬栽培に最適と思われます。最近、そのキューリ収穫の紹介がブログ仲間からありました。そして、我が菜園でも収穫が始まりましたので、その様子について紹介します。

上と下の写真は菜園の様子です。病気や虫害は無く、いい雰囲気だと思います。立っている棒は収穫予定のキューリがある場所です(笑)。

キューリ菜園

下の写真は収穫物です。艶があり、美味しそうです。

キューリ収穫物

下の写真は利用です。切っただけの料理で、素材を生かした日本料理だと思います(笑)。なかでも、塩もみの輪切りは、さっぱりした食感にキューリ独特の甘味と香りのある味で最高品だと思います。ビールのつまみでしたが、すぐ無くなりました(笑)。

キューリ浅漬け

キューリもろ味噌

参考までに今回の作り方を紹介しますと、種子は、昨年、園芸店で購入し余り種を冷蔵庫に保存していたもので、普通の地這い用品種です。4月上旬に1ポットに2粒播種し、合計8本(4ポットx2本)のポット苗を作り、4月下旬に移植しました。移植後は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、花が咲き始めた6月下旬にはずしました。

肥料は、万能クワで植え溝を掘り、m2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)と尿素10gを入れ土と混ぜました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。

栽培のポイントは、キューリは乾燥に弱いので、株の周囲に草マルチを厚く敷くことだと思います。また、ウリハムシを避けるため、体が大きくなるまで防虫ネットの中で育てることが肝要です。小さいうちにウリハムシに食われますと、回復は簡単でありません。

以上、簡単ですが、無農薬でキューリを作り楽しんでいる様子でした。


家庭菜園 ブログランキングへ

  1. 2017/07/15(土) 08:24:40|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

分けつした7月の新ネギ(夏の野菜)

ネギ7月菜園

夏にネギを薬味として使いたいときがあります。そこで、我が菜園では、前シーズンで残ったネギをそのまま放置し、6月上旬頃から出てくる分けつの新芽を利用しています。今回は、その新芽ネギの様子について紹介します。

上の写真は新芽の分けつが出て、元株が枯れている様子です。品種は葉ネギの種類ですが、葉ネギは細いせいか分けつが早くから始まり、利用しやすい感じです。また、4月に発生するネギ坊主(花芽)は柔らかく、天ぷらに利用できます。

下の写真は収穫物で、枯れた古い茎や硬い茎を捨てた様子です。短くて黄色いものは、これから外に出てくる予定の新芽です。

ネギ7月収穫物

下の写真は、薬味作り準備のため、まな板に乗せた様子です。新鮮なネギの香りが伝わってくる感じです(笑)。

ネギ7月調理前

下の写真は、平凡ですが、利用です。薬味用のネギをうどんに乗せた様子、そしてネギ納豆です。新鮮なネギの香りと辛みがあり、美味しいと思います。

ネギ7月うどん薬味

ネギ7月納豆薬味


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/13(木) 09:39:27|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

エダマメが簡単にできた(夏の野菜)

エダマメ菜園7月上旬

エダマメ収穫の様子がブログ仲間から紹介されていましたが、我が菜園でも収穫時期を迎えていますので紹介します。

上と下の写真は、収穫直前の菜園の様子です。いい雰囲気です(笑)。

エダマメ収穫直前7月上旬

下の写真は茹でた様子です。

エダマメ茹でた直後

下の写真は中身の様子です。紫斑病などはなく綺麗なマメで、香り強く美味しいと思います。エダマメは収穫してから2時間以内に茹でて食べるのが一番と言われますが、本当でした(笑)。

エダマメ中身

今回は試食でしたが、これからが本番です(笑)。菜園のエダマメでビール飲む夏、になりました。

参考までに今回の作り方を紹介しますと、種子は、昨年、園芸店で購入し余り種を冷蔵庫に保存していたものです。4月上旬に1ポットに4粒播種し、合計16本(4ポットx 4本)のポット苗を作り、4月下旬に移植しました。移植後は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、収穫期直前の7月上旬にはずしました。

肥料は、万能クワで植え溝を掘り、m2当たり発酵鶏糞200g(N成分2%)入れ土と混ぜました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。

栽培のポイントは、カメムシの吸汁害を避けるため、防虫ネットの中で育てることかと思います。そして、防虫ネットの中で大きくなり過ぎないように、草丈の短い品種を選び、肥料はやり過ぎないことが肝要と思われます。下の写真は、その防虫ネット栽培の様子です。

エダマメ防虫ネット栽培


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/11(火) 09:06:07|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ナワシロイチゴジャムには爽やかな酸味がある(果樹)

ナワシロイチゴジャム作り最初の煮込み

ナワシロイチゴを収穫したことを2日前に紹介しましたが、ジャムを作り試食しましたので紹介します。

最初にナワシロイチゴの30%の重さの砂糖を入れて煮込みました。上の写真はその様子です。

下の写真は煮込み後、種や滓をと取るために濾しているところです。少しお湯を入れながら濾します。

ナワシロイチゴジャム作り濾過

下の写真は、濾して出てきたものを煮込んでいる様子です。浮かんできたアクは捨てます。そして、トロミができたところで出来上がりです。

ナワシロイチゴジャム作り仕上げ

下の写真はビン詰の様子です。ナワシロイチゴ200gで1ビンの感じです。

瓶詰ナワシロイチゴジャムの

下の写真は出来上がったジャムの試食です。ジャムは爽やかな酸味があり、美味しいと思います。世界に二つとない家庭菜園ならではの味でしょうか(笑)。

ナワシロイチゴジャムの試食


家庭菜園 ブログランキングへ
 
  1. 2017/07/09(日) 08:59:12|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今年のナワシロイチゴは大粒で良質(果樹)

ナワシロイチゴ菜園1

野生のナワシロイチゴの実っている様子がブログ仲間から伝えられてきました。我が菜園では、そのナワシロイチゴを菜園で栽培していますが、収穫の時期を迎えましたので、紹介します。

上と下の写真は菜園の様子で収穫直前の様子です。

ナワシロイチゴ菜園2

ナワシロイチゴ菜園3

下の写真は収穫物です。今年は粒が大きく、良質と思われます。生食しますと、甘味は弱いですが爽やかな酸味の味よく、他のイチゴにない食感と思われます。これを使い、我が家ではもっぱらジャムを作っています。

ナワシロイチゴ収穫物

なお我が菜園の「ナワシロイチゴ」は、野生の一株を株分けし菜園に持ち込んだものです。関心のある方は、本ブログ左側の検索欄に「ナワシロイチゴ」と入れクリックしますと、今までの記事を読むことができます。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/07(金) 08:54:21|
  2. 果樹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

美味しいズッキーニ(旬野菜料理)

ズッキーニ料理肉巻き

前回、ズッキーニが採れたことを紹介しました。収穫物は1株当たり2~3本の感じで、合計16本以上(8株X2本)取れています。まだまだ行けそうで、今回は大豊作と言えましょう。これも地力が付いてきたためと思われます。

友人に配っても余り、毎日のように食べていますが、今回は、その利用の様子について紹介します。

上の写真はズッキーニの肉巻きです。ブログ仲間紹介の料理をまねたものです(笑)。とても美味しいと思います。

下の写真はズッキーニの浅漬けです。ビールのつまみにいいと思います。

ズッキーニ料理浅漬け

下の写真は肉の添え物や中華風料理です。いずれも美味しいと思います。

ズッキーニ料理肉添え物

ズッキーニ料理イカなど

ズッキーニ料理チャンプル

以上、自家菜園のズッキーニを使い、その料理を楽しんでいる様子でした。


家庭菜園 ブログランキングへ

  1. 2017/07/05(水) 10:12:59|
  2. 旬野菜料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ズッキーニが簡単にできた(夏の野菜)

ズッキーニ6月下旬菜園1

菜園のズッキーニが大きくなり収穫しましたので、その様子について紹介します。

上の写真は6月下旬の菜園の様子で、花が咲き始め、いい雰囲気です。下の写真は雌花の様子です。これに雄花の花粉を付け、人口受粉をしました。

ズッキーニ菜園6月下旬花

下の写真は受粉後2~3日目の様子です。もう収穫できる感じです。

ズッキーニ菜園6月下旬2

下の写真は、受粉後4日目に収穫した物です。形としては3日目がいい感じで、4日目は先が太り過ぎかもしれません(笑)。

ズッキーニ菜園6月下旬収穫物

参考までに今回の作り方を紹介しますと、種子は、園芸店で購入した「ダイナー」です。4月下旬に、万能クワで溝を掘り、そこに肥料を施用し混ぜ、点播きしました。1点あたり2粒ですが、全部発芽し、合計8株(4点X2粒)となりました。栽培中は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、開花が始まった6月中旬にはずしました。肥料はm2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)の他、尿素(N成分46%)を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。

関連し、下の写真は防虫ネット栽培の様子です。手前がキューリ、向こう側がズッキーニですが、防虫ネットは主にウリハムシ防除です。これをしないと、苗のうちから攻撃を受け、葉が食われてしまいます。

ズッキーニ防虫ネット栽培


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/03(月) 10:18:50|
  2. 夏の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

オカヒジキは夏の葉もの野菜の逸品だ(旬野菜料理)

オカヒジキ菜園6月下旬

7月になりました。我が家の菜園ではオカヒジキが大きくなってきました。そこで、それを収穫し食べてみましたので、紹介します。

上の写真は菜園の様子です。そして、下の写真は利用で、お浸しと赤タマネギ入りマヨサラダです。酒の肴にいいと思います(笑)。

オカヒジキ浸し


オカヒジキ入りマヨサラダ

下の写真は朝のサラダ、シュウマイの添え物、です。他の食材とのハーモニーよく美味しいと思います。

オカヒジキ入りサラダ

オカヒジキとシュウマイ

なお、オカヒジキを筋が多く硬いという方が居られますが、それは下の茎まで利用しているためと思われます。利用の時は、柔らかい新芽のところだけを使います。このため、我が家では、収穫は妻の専門領域になっています(笑)。

参考までに今回の作り方を紹介しますと、種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存していたものです。4月上旬に後播種し、発芽後1株当たり1本になるよう間引きしてポット苗を作り、4月下旬に移植しました。移植後は、保温と虫除けを兼ね、防虫ネットを張り、6月上旬にはずしました。

肥料は、万能クワで植え溝を掘り、そこに施用し混ぜましたが、m2当たり発酵鶏糞500g(N成分2%)の他、尿素(N成分46%)を10g入れました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無マルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/07/01(土) 09:13:18|
  2. 旬野菜料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12