野菜を食べやさい

任地マダガスカルから、食と健康、自然との共生、日本人のルーツ、マダガスカルとアフリカ等について発信いたします。菜園については帰国時の春に紹介します。

春のアスパラガスは絶品(春の野菜 2016.5.2)

アスパラガス栽培6年目

春は芽ものと言われますが、菜園での代表はアスパラガスかと思います。アスパラガスは最も味のある野菜で我が菜園では人気野菜になっていますが、作り方は簡単です(笑)。

上の写真は、播種して育てたアスパラガスが6年目に入った様子で、6年目にふさわしく太い茎が続々と出てくる雰囲気です。

下の写真は、3年目のもので、茎枯れ病の被害も少なく、茎は細いですが、収穫物は多い感じです。

アスパラガス栽培3年目

下の写真は初期の収穫物の収穫の様子で、現在は収穫盛期に入りつつあります。

アスパラガス収穫物4月

下の写真は利用でアスパラガスの肉巻きで、新鮮なアスパラガスの香り良く美味しいと思います。

アスパラガス肉巻き

参考までに、本地域のアスパラガス栽培のポイントですが、茎を枯らす茎枯れ病の対策に尽きると思います。本病害は、菌核で越冬し、春になると株に罹病し、茎を次々と枯らす恐ろしい病害ですが、この菌核を冬の間に除去することが病害の多発を防ぐ方法と思われます。

予防にはいろいろな方法が紹介されておりますが、私の方法は、冬の間に菌核を含んだ表面3㎝の土を除去するだけの簡単な方法です。

なお、アスパラガス栽培に関心のある方は、拙ブログの検索欄に「アスパラガス」と入れ、クリックしますと、茎枯れ病対策を含め今までの記事を読むことができます。



家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2016/05/02(月) 19:30:49|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

簡単なイチゴ栽培(春の野菜 2015.5.22)

イチゴ収穫物5月

イチゴ収穫の様子が多くのブログで紹介されています。日本にある我が菜園では、今年も豊作でしたので、その様子を妻の送ってきた写メを用いてマダガスカルから紹介します。

上の写真は収穫物の様子です。品種は、「ささげくん1号」、「アスカルビー」、「アロマ」、「宝交早生」の4品種です。大粒のものは甘く美味しい「アスカルビー」と思われます。各1列(約4m、10株程度)作りましたが、いずれも豊作でした。

下の写真は、4月の開花期の様子と5月の収穫期の様子です。収穫期の写真には枯れ葉が見えますが、これは冬枯れの葉です。枯れ葉は、ちょうどいい具合に、株周囲の土表面を覆い、一種の草マルチのようになっており、イチゴが汚れることはなかったようです(笑)。

イチゴ開花期4月

イチゴ収穫期5月

我が菜園のモットーは、手間をかけずできるだけ放置栽培することですが、イチゴも手間をかけず作りましたので、参考までに今回の作り方を紹介します。

本方法の基本は6月に株分けし、その後は,苗をビニールマルチの間に移植し放置栽培です。こうすると、夏の苗管理に手間がかかりません。その様子については、「おおきくなったイチゴの株」と題し11月に紹介しております。本当に簡単でした(笑)。興味のある方は参考にしていただければ幸いです。



家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2015/05/22(金) 21:46:11|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

無農薬菜園のヨモギと利用(春の野菜 2015.4.19)

ヨモギ餅饅頭

桜も散り、春らしくなってきました。そして、菜園の道端にはヨモギが生えてきました。そこで、ヨモギを収穫し、ヨモギ餅饅頭を作って食べてみましたので紹介します。

上の写真はできあがったヨモギ餅饅頭です。緑濃く、美味しそうです。

下の写真は、その中身で、中はアズキアンです。そのアズキですが、「秋に収穫したもの」を使いました。ヨモギの香りとアズキアンのハーモニーがよく、美味しいと思います。

ヨモギ餅饅頭とアズキアン

下の写真は菜園のヨモギで、収穫した後の様子です。ヨモギはカキの木の下に自生しているものですが、無農薬菜園ですので安心して食べることができます。

ヨモギ菜園4月

餅菓子と関連し、マレーシアに居たときのマレー語レッスンを思い出しました。餅(菓子)はクエ(食え)、魚はイカン、と言っておりました(笑)。下のマンガ絵でくつろいでいただければ幸いです。


餅はクエ


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2015/04/19(日) 07:16:06|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

太いニラが伸びてきた(春の野菜 2015.4.16)

ニラ自生4月

春は芽ものと言われますが、ニラもその一つで、その香りと強壮効果は魅力的でもあります。そして、我が菜園でもニラが食べることができるようになりましたので紹介します。

上の写真は自生のニラで、葉は広く大きく立派です。一方、下の写真は昨年移植したニラですが、2年目となり、やや細くなっています(笑)。

ニラ2年目4月

下の写真は収穫物です。長さは短いですが、幅は広く、売られているものより肉厚で良質です。

ニラ収穫物

下の写真は利用で、平凡ですが、味噌汁とレバニラです。ニラは肉厚で柔らかく、たいへん美味しいと思います。

ニラレバ炒め

ニラ入りみそ汁


良質のニラを作るポイントについて「太いニラの作り方」で紹介しましたが、今回の作り方も同じです。すなわち、種から始めること、株間を開けることです。この意味で、自生のものは立派でした。

関連し「菜園と趣味のブログ」で立派な太いニラの栽培が紹介されておりましたので紹介させていただきます。これも種から作られたようです。



家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2015/04/16(木) 08:15:37|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

アスパラガスが伸びてきた(春の野菜 2015.4.13)

アスパラガス菜園4月上旬2

アスパラガスの出芽については、多くのブログで紹介がありました。我が菜園でも伸びてきておりますので収穫と利用の様子について紹介します。

上と下の写真は菜園の様子です。昨年、種から育てたもので、今年は2年目にあたります。これから、どんどん収穫できそうな勢いです。

アスパラガス菜園4月上旬1

下の写真は上の場所からの収穫物です。まだ細く小物ばかりです。大物は遅れて出てくると言われますが(笑)、我が菜園には、古株では5年目を迎えるものがあり、これらの大物の出芽はこれからです。

アスパラガス収穫物

下の2枚の写真は利用です。天ぷらとサラダにしましたが、新鮮なためか美味しいと思います。

アスパラガス入りテンプラ

スパラガス入りサラダ

参考までに、2年目の今回の作り方について紹介しますと、昨年、種から苗を作り、6月に移植しました。ポイントは茎枯れ病対策ですが、その対策については「冬のアスパラガスの管理」で紹介しましたので参考にしていただければ幸いです。

関連し、我が菜園では、2年目の株のほかに、3年目、4年目、5年目の株も生きており、太い良品の収穫が期待されています。



家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2015/04/13(月) 07:31:57|
  2. 春の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
次のページ