FC2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、土作り、旬野菜の感動(凡人の一句)、退職後の人生について発信いたします。

無農薬イチゴ作りは簡単

イチゴ苗取1年目5月


無農薬イチゴ作りは簡単(農法)

無農薬のイチゴ作りは困難と思っている方が居ます。しかし、作ってみると、病気や虫害はなく、イチゴ作りは簡単です

今回は、我が菜園の無農薬イチゴ作りについて紹介します。

上の写真はランナーのポットあげ、6月上旬の様子です。ランナーがよく出てくる株はウイルスがない株と判断しています。

下の写真は、ポットあげしたランナー苗を6月下旬に移植したところです。除草シートの間に植えていますが、こうすると秋までに自然と株が増え、かつ除草の手間が省けます。なお、一列にするため小さな棒で誘引しています。一列4m幅15cm程度の畝で、苗は5株で十分と思われます。増殖し苗が多すぎる時は、10月に間引きします。

イチゴ苗移植6月

本方法では、夏の苗管理は不要で、苗作りが楽になりました。

教科書には、ランナーは次郎さん、三郎さんが良いと書いてありますが、大きな苗ほど収量が多いとも書いてあります。そこで、大きな苗であれば、一郎さん、五郎さん、どれでもいいのかなと思っております(笑)。

下の写真は2年目の様子です。よく茂り、実も大きく大成功です。

イチゴ2年目5月

2年目は、収穫後に両側の除草シートを外し、ランナーで自然増殖させ、10月に親株を廃棄し、かつ、混んでいるところも間引きします。なお、10月に追肥として発酵鶏糞を表層に播きます。

下の写真は3年目の様子です。2列分のサイズですが、まずまずのできと思われます。収穫後、ウイルス株が増えている可能性がありますので、収穫後に全株廃棄します。毎年、同じことを繰り返していますが、今のところ順調です。

イチゴ3年目5月

これらの経過をまとめますと下図のようになります。

イチゴ作業3年間


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2019/07/09(火) 07:11:25|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サツマイモの苗作りは簡単

サツマイモとサトイモの芽出し用播種


サツマイモの苗作りは簡単(農法)

サツマイモは人気があり、我が家では毎年作っています。毎年の問題は、いい苗に巡り合えるかです。園芸店で苗を買う時のタイミングで、古くて悪い苗のときがあり、さらには希望の品種が無い場合もあり、精神上よくありません(笑)。

そこで、昨年、自分で苗を作ってみました。サツマイモの苗作りには高温条件が必要で素人には難しいと言われますが、大成功でした。

そこで、今回は、苗つくりの様子について紹介します。なお、サトイモの芽出しも同じですので、併せて紹介します。

上の写真は、3月下旬、サツマイモとサトイモを溝に播いた様子です。サツマイモの品種は人気のベニハルカと安納芋です。サトイモの品種は土垂れ(ドダレ)です。

下の写真は、覆土した後、高温にするために穴あき透明ビニールマルチを被せた様子です。

サツマイモとサトイモの高温処理ビニール被せ

下の写真は、さらに高温にするため、パオパオを被せた様子です。風に飛ばされないようにしっかりと重しを使っています。こうした高温処理は、サツマイモの芽が出る4月下旬まで行います。

サツマイモとサトイモの高温処理パオパオ被せ

下の写真は、昨年の5月上旬の様子です。ここから、5月下旬と6月上旬に苗を採り移植しました。移植は、いつものとおり苗取後一晩放置し萎れさせてから移植しましたが、すぐ活着し、大成功でした。

サツマイモ苗用芽出し5月(昨年)

なお、サツマイモの移植時期ですが、北関東(つくば市)の例で6月下旬まで植えることができます。7月上旬も可能でしたが、お勧めはしません(笑)。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2019/04/16(火) 07:55:51|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゴマ収穫後の虫ウンコ除去と利用

ゴマ収穫後の脱粒


ゴマ収穫後の虫ウンコ除去と利用(農法)

ゴマには、血圧を下げる効果のあるセサミンなど、多くの機能成分が知られております。このため、私たち高齢者は、毎日食べるのが良いと言われて食物です。そこで、家庭菜園愛好家は、自分で作り食べてみたくなる欲望が出てきます(笑)。

前回、「白ゴマの収穫」について紹介しました。今回は、その後の様子について紹介します。

上の写真は収穫後に自然に脱粒している様子です。

下の写真は、扇風機を使い、軽いゴミを風選している様子です。原始的ですが、けっこう効果があります(笑)。

ゴマ収穫後の風選風景

下の写真は、風選後の様子で、黒い粒が混じっています。調べたところ、これはゴマの実に居た虫の糞(ウンコ)のようです。

ゴマ収穫風選後の黒い虫ウンコ

下の写真は虫のウンコをピンセットで取り除いた仕上げ品です。これは妻が手伝ってくれました。ここが手間のかかるところで、内助の功に感謝です。

ゴマ収穫虫ウンコ除去後

下の写真は、平凡ですが、利用です。ゴマを炒った後の作ったインゲンとニンジンのゴマ合いです。美味しいと思います。


ゴマ合い料理インゲンとニンジン

以上、簡単ですが、ゴマ収穫後、虫ウンコを除去し、利用に至るまでの経過でした。参考になれば幸いです。


家庭菜園 ブログランキングへ

  1. 2019/01/15(火) 10:09:56|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

防虫ネットが防風ネットになった(農法)

台風被害地這いキューリ


防虫ネットが防風ネットになった(農法)

台風24号が9月31日夜、関東地方の西側を通過しましたが、この風の影響で、つくば市にある我が菜園は痛めつけられました。

関連し、上の写真は収穫中の地這いューリ、下の写真は収穫が始まったばかりのツルナシインゲンの「さつきみどり」です。残念ながら、もう助からない雰囲気です。

ツルナシインゲン台風被害

一方、下の写真は、防虫ネットの中の10日前に播種したダイコンです。少し傾いていますが、問題ないようです。

台風被害無し防虫ネット利用ダイコン

また、下の写真は防虫ネットがめくられたブロッコリーですが、めくられたのは後半のようで、傾いているだけで立てれば問題ない感じで、早速、土寄せし、防虫ネットを掛け直しました。

台風被害少ない防虫ネット利用ブロッコリー

また、下の写真は「オータムポエム」ですが、これも同じく防虫ネットがめくられていましたが、ほとんど問題ない感じでした。花芽が出てきましたので、ついでに防虫ネットを外しました。

オータムポエム台風被害なし防虫ネット利用

以上の結果をまとめますと、防虫ネットは防風ネットになった感じです。また、めくられても、その時期が後半なら問題は少ない感じです。次回の台風では、地這いキューリに防虫ネットを被せてみたいと思っています。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/10/04(木) 10:55:01|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

U字型支柱はトマトやトーモロコシ栽培にも使える(農法)

U字型支柱トマト利用全景


U字型支柱はトマトやトーモロコシ栽培にも使える(農法)

関東直撃かと怖れらえました台風13号は太平洋にそれて北上し、我がつくば市の菜園はほとんど被害はなく、今回も恵みの雨となった感じです。

さて、つるアリインゲンやキューリ栽培用にU字型支柱が使われています。今回は、このU字型支柱はトマトやトーモロコシ栽培にも使えること、かつ、支柱作りなど作業が簡単にできることについて紹介します。

トマトの仕立てにはいろいろな方法がありますが、家庭菜園では、支柱を立て、それに沿わせ、生長に合わせて縛っていく仕立てが多いのではないでしょうか。そして、その支柱は重いトマトの実を支えるため、がっちりと組み立てる必要があり、簡単ではありません。

上と下の写真はU字型支柱を使った様子です。U字型支柱を支えるため、さらに1本の棒支柱を使い、交わった上で縛り固定した様子で、3本立1セットの形になり、ガッチリしています。便利なことに、U字型支柱の先は鋭く尖っており、土に差し込むのが簡単になっています。

U字型支柱トマト利用しばりつけ

一方、下の写真はU字型支柱を使ったトーモロコシの防鳥ネット張りの様子です。

U字型支柱トウモロコシ利用全景

U字型支柱トウモロコシ利用防鳥ネット張り

我が菜園では、毎月播種のリレー栽培でトーモロコシを1列ずつ作っています。今年の例ですと、トーモロコシ10~15本(4m)の畝1列に、高さ2m程度のU字型支柱4本をとそれ用の防鳥ネットを用いています。U字型支柱は差し込み、片付けが簡単で、収穫が終われば、次のトーモロコシの列に簡単に移動できます。

我が菜園では、アワノメイガ防除のため、花粉が散ったあとは、上の雄花は切り捨てますので、トーモロコシの草丈はそんなに高くありませんので、もっと低い支柱でも可能です。

まとめますと、U字型支柱を使うとトマトの支柱を簡単に立てることができます。また、トーモロコシの防鳥ネット張りも簡単にできます。皆さんも使ってみてはいかがでしょう。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/08/09(木) 20:17:10|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ