FC2ブログ

野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

色鮮やかなミックスレタス

ミックスレタス2月ビニールハウス


色鮮やかなミックスレタス(ビニールハウス)

関東地方の冬2月は凍霜害の影響で使える露地ものは少なくなります。そんなとき、助かるのがビニールハウスの野菜です。関連し今回は、ミックレタスについて紹介します。

上の写真はビニールハウスのミックスレタスです。11月上旬にプランターに播種し、12月上旬にビニールハウスの中に移植したものです。

下の写真は収穫物です。緑と紫の色合い良く感動的です(笑)。

ミックスレタス収穫物

下の写真は利用です。平凡ですが、朝の生野菜サラダで、ロマネスコとのコラボです。

ミックスレタス生野菜サラダと卵焼き

下の写真は鶏肉揚げ物の添え物です。

ミックスレタスと鶏肉揚げ物

下の写真はブロッコリーとコラボの肉料理添え物です。

ミックスレタスとブロッコリーと肉

以上、ビニールハウスでミックスレタスを作り楽しんでいる様子でした。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2019/02/15(金) 11:15:57|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

男の隠れ家と我がビニールハウス

ビニールハウス(雪の朝)


男の隠れ家と我がビニールハウス(ビニールハウス)

最近、「男の隠れ家」という言葉が眼に入ります。関連する本や雑誌も多数出ているようです。その隠れ家に入れば、男の世界に入れる、という感じでしょうか(笑)。

我が菜園ですが、ビニールハウスがこれに当たるのかなと思います。そこで、今回は、「男の隠れ家と我がビニールハウス」について愚考します。

上の写真は、我が菜園のビニールハウスです。サイズは3.6mx5.4mで小型ですが、冬は冬野菜作り、春は苗作り、夏は物置、秋はイモ類の乾燥場、など大活躍です。

下の写真はハウスの中の様子で、育っている野菜1月の様子です。すでに間引きしながら葉もの野菜を収穫しております。

ビニールハウスの中(1月)

下の写真は、反対側の物置、作業場の様子です。この部屋があれば、寒い日もOKです(笑)。

ビニールハウスの中(物置の様子)

関連し、下の写真は最高温度と最低温度の分かる温度計です。晴れた日は30℃を越えます。

ビニールハウスの中(温度計)

下の写真は、テーブルと椅子の様子です。ここに座り、履物を長靴に変えると、作業の始まりです。弁当を持ってくれば1日過ごせます。誰も邪魔する者はありません。社会の喧騒を忘れ、ただ黙々と野菜作りを楽しむ退職後の日々がここにあると言えましょう(笑)。

ビニールハウスの椅子と作業台


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2019/02/07(木) 10:58:49|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

美味しい美味タス(ビニールハウス)

美味タスとミズナの収穫物


美味しい美味タス(ビニールハウス)

ビニールハウスの覆いを3月上旬に外したことを紹介しましたが、中で育てていた葉もの野菜の多くがまだ残っていいます。その中で、球レタスとリーフレタスの雑種から作られた新野菜の美味タスが収穫時期を迎えていますので紹介します。

上の写真は収穫物で、美味タスは半結球の野菜です。写真の後ろ側にあるるのは大きくなったミズナです。

下の写真は利用です。平凡ですが、朝の生野菜サラダと肉の添え物です。シャキシャキとした食感があり、かつ少し甘味があり、名前のとおり美味です(笑)。味は、球レタスとリーフレタスの中間という感じでしょうか。

美味タス入り生野菜サラダ

美味タスと肉料理

下の写真は菜園の様子です。草に覆われていますが本体は無事です(笑)。

美味タス菜園3月下旬

参考までに今回の作り方を紹介しますと、ビニールハウス栽培です。11月下旬に、万能クワで播種溝を掘り、そこに肥料としてm2当たり発酵鶏糞500gの他、尿素を10g入れ、土と混ぜました。種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものですが、播種溝を踏み固めた後、条播きしました。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/03/25(日) 10:58:51|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハウスのビニールを外しました(ビニールハウス)

ビニールハウスの覆いを外した様子3月上旬


ハウスのビニールを外しました(ビニールハウス)

春分の日が近くなり、春めいてまいりました。ビニールハウスの中は人生の楽園と紹介してきましたが、暑くなると、そこは楽園ではありません(笑)。そこで、ビニールを外しましたので、その様子を紹介します。

上の写真はビニール外した3月上旬の様子です。一部、ビニールを掛けてありますが、そこは、物置や作業場にしています。

下の写真は、ビニールを外す前の様子です。安物でしたので窓がなく、暑苦しい様子が分かるかと思います(笑)。

ハウスは、11月下旬にビニールで覆い、3月上旬に外しましたので、約3か月半使ったことになります。この間、葉もの野菜を作りましたが、いいものができ、楽しむことができたと思います。

そして、上の写真ですが、まだまだ葉もの野菜が残っています。これらは、引き続き利用する予定です。

簡単ですが、暑くなり、ハウスのビニールを外した様子でした。

ビニールハウス


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/03/19(月) 08:00:15|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美味しい冬のターサイ(ビニールハウス)

ターサイ菜園2月下旬


美味しい冬のターサイ(ビニールハウス)

ターサイはコマツナの仲間で、肉厚でお浸しやラーメンに合うことが知られております。そのターサイをビニールハウスで育てていましたが、収穫時期を迎えていますので紹介します。なお、ハウスのビニールは暑くなりましたので外してあります。

上の写真は菜園の様子です。立派に育ちました。

下の写真は収穫物です。肉厚で品質良さそうです。

ターサイ収穫物

下の写真は利用でお浸しとラーメンです。柔らかく、甘みもあり、かつ香りもあり、美味しいと思いました。特にターサイはラーメンに合う野菜と思われます。

ターサイのお浸し

ターサイとラーメン

参考までに今回の作り方を紹介しますと、ビニールハウス栽培です。種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものです。11月下旬に、万能クワで植え溝を掘り、そこに肥料を施用し混ぜ、種子を条播きしました。肥料はm2当たり発酵鶏糞500gの他、尿素を10g入れました。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/03/15(木) 08:04:02|
  2. ビニールハウス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ