FC2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、土作り、旬野菜の感動(凡人の一句)、退職後の人生について発信いたします。

冬寒や ターサイラーメン 頬ゆるむ


ターサイ収穫物1月


冬寒や ターサイラーメン 頬ゆるむ(凡人の一句)

日差しが明るくなってきました。もう3月です。まだ寒さはありますが、我が菜園では早速ジャガイモを播種しました。菜園作業のスタートの感じです。

さて、冬は寒いせいか、よくラーメンを食べましたが、今回は、ラーメンにターサイを入れ食べた様子について凡人の一句を添えて紹介します。

まず、上の写真は収穫物です。葉がしまっていて美味しそうです。

下の写真はターサイの葉をばらし洗った様子です。柔らかそうです。

ターサイのばらした葉

下の写真はラーメンに入れた様子で、たいへん美味しくいただきました。ターサイがラーメンに合うというのは本当だと思いました。

ターサイ入りラーメン

そこで、凡人一句です。

   冬寒や ターサイラーメン 頬ゆるむ

そして、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

ターサイで凡人の一句絵手紙

また、下の写真は1月上旬の菜園の様子です。

ターサイ菜園1月

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。


播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものですが、播種溝を踏み固めた後、9月下旬に、散播しました。栽培中は、防虫ネットを張り、10月に外しました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2021/03/05(金) 11:09:59|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬寒や 焼酎お湯割り カボス汁


カボス11月


冬寒や 焼酎お湯割り カボス汁 (凡人の一句)

日差しも強くなり春めいてまいりました。

さて、カボスですが、汁は少し甘みがありジュウシイでビタミンC豊富です。ビタミンCは呼吸と関係しており、冬は多めに取ることが必要です。不足するとカゼひきやすくなるというのは有名な話です。

そこで、我が家ではカボスを作り、現在も利用していますので、凡人の一句を添えて紹介します。

上は11月中旬のカボスです。今年も豊作で、実の青い11月から利用しています。

下の写真は11月下旬の収穫物です。

カボス収穫物11月

下の写真は最近の刻んだ様子で、たいへんジューシイです。

カボス刻み1月

下の写真はカボス汁を入れた焼酎お湯割りです。寒いときはこれが一番です(笑)。

カボス入り焼酎

そこで、凡人の一句です。

    冬寒や 焼酎お湯割り カボス汁

下の絵は、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

カボスで凡人の一句絵手紙

なお、冬となるとカボスを毎日たべているせいなのか、私も妻も10年以上カゼを惹いていません。

参考までにカボスの管理は下記のとおりです。

剪定は、12月下旬に収穫を終えた後にしていますが、込み入っているところの枝を切り捨てるだけです。肥料は発酵鶏糞を500g/m2程度を春にやり、後は放置ですが、毎年同じように実っています。こんな簡単な果樹はあまりない感じです(笑)。



家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2021/02/26(金) 11:17:41|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セリフォン香 口に広がる朝ごはん


セリフォン菜園1月上旬


セリフォン香 口に広がる朝ごはん(凡人の一句)

セリフォンは独特の香りと辛みがあり、一度食べると、また食べたくなる魅力的な野菜です。そこで、毎年のように作り利用しています。

今年の冬も作って利用しましたので、凡人の一句を添えて紹介します。

上の写真は菜園1月上旬の様子です。寒さに強く、冬でも葉が輝き、美味しそうです。

下の写真は1月上旬の収穫物です。一緒に収穫したカブも映っています。

セリフォンとカブ収穫物

下の写真は塩漬けのセリフォンを刻んで、朝ごはん用に小皿に盛った様子です。

セリフォン塩漬刻み

下の写真はご飯に振りかけた様子です。このまま食べても旨いですが、納豆を混ぜたりするときもあります。そして、噛むと、香りと辛みが口の中に広がり、何とも言えない美味しさです(笑)。

セリフォンとご飯

そこで凡人の一句です。

     セリフォン香 口に広がる朝ごはん

関連し、下の絵は、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

セリフォンで凡人の一句絵手紙

参考までに今回の栽培法を紹介しますと下記のとおりです。


播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は園芸店で買い冷蔵庫に保存しておいたものですが、播種溝を踏み固めた後、9月下旬に点播しました。播種後10月上旬まで防虫ネットを張りました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2021/02/12(金) 11:58:18|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

朝取りの新ニンジンや 香り立つ


ニンジン菜園12月


朝取りの新ニンジンや 香り立つ(凡人の一句)

ニンジンはカロテン(ビタミンA)多く、かつ繊維も豊富で、たいへん栄養価の高い野菜で、毎日食べることが望ましい野菜です。このため利用頻度も高く、菜園にあれば、いつでも収穫でき、料理に使え有用です。このため、我が菜園では春と秋に作り利用しています。

今回は、秋ニンジンの様子について凡人の一句を添えて紹介します。

上の写真は12月の菜園の様子です。播種は9月上旬と遅かったのですが、霜が遅かったせいか、それなりの大きさに育ちました。

下の写真は収穫物です。

ニンジン収穫物12月

下の写真は利用で、間引きニンジンの天ぷらです。香り良くたいへん美味しいです。

ニンジン間引き利用天ぷら

下の写真はスープ利用です。鶏肉入りで、食べると冬の寒さも吹き飛びます(笑)。

ニンジン入り鶏肉スープ

そこで凡人の一句です。

   朝取りの新ニンジンや 香り立つ

下の絵はいつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

ニンジンで凡人の一句絵手紙

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。

播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、昨年に園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものですが、播種溝を踏み固めた後、9月上旬に播種しました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2021/01/23(土) 07:23:37|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カイランを肉と炒めて 酒美味し


カイラン収穫物


カイランを肉と炒めて 酒美味し(凡人の一句)

カイランはキャベツの仲間で、茎の柔らかいところを食べる中国野菜です。茎を食べる虫が少ないせいか、家庭菜園で作りやすい野菜と思われます。

マレーシアに居たとき中国料理店で食べたことを思い出し、園芸店で種が売られていましたので、秋野菜として作ってみました。今回は、その様子を、凡人の一句を添えて紹介します。

まず、上の写真は収穫物です。料理するときは、茎の皮を剥き、柔らかい芯の部分を刻んで使います。

下の写真はカイランを入れた野菜ミックスで炒めです。

カイランを入れた野菜ミックス

下の写真は、料理の中の豆腐、カイラン、ピーマンです。当然ですが、カイランは柔らかく、キャベツのような香り、少しの甘み、そして独特の食感があり、とても美味しいです。これで、焼酎お湯割りをいただきました。

カイランの調理後の拡大(中央)

そこで、凡人の一句です。

   カイランを肉と炒めて 酒美味し

下の絵はいつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

カイランで凡人の一句絵手紙

また、下の写真は、11月上旬菜園の様子です。

カイラン菜園11月

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。


播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、数年前に園芸店で購入し冷蔵庫に保存しておいたものですが、播種溝を踏み固めた後、8月下旬に播種しました。栽培中は、防虫ネットを張り、収穫期直前に外しました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2021/01/16(土) 08:27:58|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ