FC2ブログ

野菜を食べやさい

無耕起、無堆肥による省力有機栽培を通じ、土作り、旬野菜の感動(凡人の一句)、退職後の人生について発信いたします。

口食めば 味わい深き アケビかな


アケビの実


口食めば 味わい深き アケビかな(凡人の一句)

前回、カキについて紹介しましたが、アケビも我が国に自生している果樹で、縄文時代から秋の楽しみであったと思われます。そして、アケビについては、いくつかのブログで紹介がありました。

アケビの茎や実の皮は、いろいろな効能があることが知られております。しかし、我が菜園では、もっぱら、白い実だけの利用です。今年も我が菜園で収穫し食べましたの、凡人の一句を添えて紹介します。

上の写真は収穫物です。品種名は分かりませんが、園芸店で買った苗を育てたもので、大粒で実は甘くジュウシイで、改良された品種の感じがします。

下の写真は実の中の白い中身の様子です。

アケビの中身

下の写真は白い中身の中でクリームのようです。食べると甘くジュウシイ、たいへん美味しいです。

アケビの中身の中

少年時代は、このアケビの甘さを求めてよく山に行ったものです。

そこで凡人の一句です。

    口食めば 味わい深き アケビかな

そして、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです

アケビで凡人の一句絵手紙

そして、下の写真は菜園の様子です。

アケビの木と実10月

参考までに栽培法を紹介しますと次のとおりです。

冬に、混んでいるところの枝を根元から切ります。切った枝の上の小枝は絡み合っていて簡単に取り外すことはできませんので、残った枝が痛まないようにそのまま放置しています。なお、我が菜園では、隣に受粉用に5枚葉の品種を植えていますが、その後、よく実が着くようになりました。

このようなアケビ栽培に関心のある方は、拙ブログ左側の検索欄に「アケビ」と入れ、クリックしますと、今までの記事を見ることができます。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2020/11/30(月) 08:35:14|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

見上げれば 夕焼け色の カキ二つ(凡人の一句)


カキ夕晩秋暮れ


見上げれば 夕焼け色の カキ二つ(凡人の一句)

寒くなり、冬間近という感じでしょうか。

さて、カキは、我が国自生の果樹で、昔からあることが知られており、俳句や短歌にも多く歌われております。我が菜園でも作っていますので、その様子を凡人の一句を添えて紹介します。

上の写真は晩秋の様子で、ひゃくめ柿ですが、少しずつ収穫が進み、二個だけ残り、夕焼けに染まっている様子です。風情があり、一句詠んでしまいました(笑)。

   見上げれば 夕焼け色の カキ二つ

下の絵は、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです

凡人の一句絵手紙カキで

そして、ひゃくめ柿の利用ですが、ひゃくめ柿は甘柿と渋柿の中間で、干し柿にすると甘く美味しいと評判ですので、今年も干し柿を作りました。

作り方は簡単で、皮を剥いた後、8分割し、干します。下の写真はベランダで干している様子です。

カキ干しているところ

下の写真は出来上がった様子です。食べると、柔らかく甘く、病みつきになる美味しさで、すぐ無くなりました(笑)。

カキ出来上がった干し柿

参考までに栽培法を紹介しますと、次のとおりです。

剪定ですが、枝が高くならないように冬にカットしています。また、混んでいる枝は廃棄します。品種が複数あると実付きが良いと言われますので、もう1本(次郎柿)隣に植えています。

簡単ですが、毎年、少しづつ楽しむことができています。



家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2020/11/25(水) 08:43:49|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

美味いなあ レインボーレッドとヨーグルト


レインボーレッドとゴールド収穫物


美味いなあ レインボーレッドとヨーグルト(凡人の一句)

我が菜園には果樹園2アールと野菜畑(借地)6アールがあります。

果樹園の主役はキウイですが、そのキウイを収穫し利用していますので、凡人の一句を添えて紹介します。

上の写真は収穫物です。右側がレインボーレッド、左側がゴールドです。5年前まではヘイワードも作っていましたが、果実表面に毛があり、室内の埃の原因となりますので止めました。

下の写真は、ヨーグルト入りレインボーレッドのデザートです。レインボーレッドは甘く美味しいので大評判です。ヨーグルト入りデザートにも合う感じがします。

レインボーレッドとヨーグルトのデザート

そこで、凡人の一句です。

   美味いなあ レインボーレッドとヨーグルト

関連し、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

レインボーレッドで凡人の一句絵手紙

下の写真は菜園の様子です。品種はレインボーレッドで、大粒だけ収穫した後の様子です。

レインボーレッド菜園10月

また、下の写真はゴールドの様子です。こちらは、収穫直前の様子です。ほとんどは交際の果実になります(笑)。

レインボーレッド隣のゴールド菜園

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。

ポイントは、冬と春の剪定です。冬に、実の着いていた枝は廃棄し、そこに春に伸びてきた新枝を配置します。また、春に、伸びてくる枝は必要なだけ残し、その他は茂り過ぎないよう廃棄します。

このようなキウイ栽培に関心のある方は、拙ブログ左側の検索欄に「キウイ」と入れ、クリックしますと、今までの記事を見ることができます。キウイ剪定は、拙ブログの人気記事になっています。



家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2020/11/20(金) 08:24:38|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イモを掘る 我が背と畑に 秋夕やけ


サツマイモ収穫直前の菜園


イモを掘る 我が背と畑に 秋夕やけ(凡人の一句)

家庭菜園では秋は根もの、その代表の一つがサツマイモと思われます。我が菜園でも作っていますので、その収穫の様子を凡人の一句を添えて紹介します。

まず、上の写真は、スコップで少し掘った様子で、太ったイモの様子が見えています。

イモを掘る夕暮れ、夕焼けが背中に当たっています。そして、下の写真は我が菜園の夕焼け風景です。

サツマイモのある我が菜園の夕暮れ

そこで、凡人の一句です。

   イモを掘る 我が背と畑に 秋夕やけ

関連し、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

サツマイモで凡人の一句絵手紙

また、下の写真は収穫直前の菜園の様子です。葉の色合いは良さそうで、豊作間違いなしの感じです。

サツマイモ畑10月

下の写真は収穫物の一部です。品種は良食味のベニハルカです。試食と利用の様子は後に紹介します。

サツマイモ収穫物10月下旬

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。

苗は自作の苗です。詳しくは「萎れてたイモ苗立ちて すがすがし」を参照願います。

移植予定場所は、冬にオートを作り肥料抜きをしました。そして、オートを片付けた後、無肥料条件で5月下旬に移植しました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。



家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2020/11/15(日) 07:57:15|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

美味いなあ ワケギ味噌汁 秋の味


ワケギ刻み


美味いなあ ワケギ味噌汁 秋の味(凡人の一句)

ワケギは、球根から発芽した直後の柔らかい茎葉を食べる野菜ですが、スーパーではあまり見かけませんので、家庭菜園ならではの素材かもしれません。

初夏に収穫した球根を9月上旬に播種したところ、すぐ発芽し、10月上旬から利用できるようになりました。今回は、その様子を凡人の一句を添えて紹介します。

上の写真は収穫したものを刻んだ様子です。みずみずしい感じです。

下の写真は、その利用で、味噌汁です。ワケギの香りと少しの甘みが良く、たいへん美味しい味噌汁でした。

ワケギ味噌汁

そこで凡人の一句です。

     美味いなあ ワケギ味噌汁 秋の味

下の絵は、いつもの凡人の一句絵手紙です。くつろいでいただければ幸いです。

ワケギ味噌汁で凡人の一句絵手紙

また、下の写真は「おじや」に使った様子です。ワケギの香りよく、こちらも美味しいです。

ワケギ入りおじや

また、下の写真は菜園の様子で、現在(11月上旬)の様子です。残りは僅かです(笑)。

ワケギ菜園11月

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。

播種場所は、万能クワで溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種球根は、今年の6月に収穫し物置に保存しておいたものですが、9月上旬に、播種しました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2020/11/10(火) 08:27:38|
  2. 凡人の一句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ