野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

ダイコンは完全食(食と健康)

春ダイコン収穫物5月

「超万能食材、大根!低カロリーで抗がん作用や抗菌作用もある完全食」という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。その記事では、タクアン臭もせず黄変もしない新ブランド品種が育成されたことが紹介されていました。今回は、この新情報と我が家のダイコンについて紹介します。

まず、記事の一部を紹介しますと次のとおりです。
 
■タクアン臭もせず黄変もしない新ブランド
 北柴准教授らは、今回の研究成果を生かすために、岩手大学、野菜茶業研究所、タキイ種苗と連携しつつ、酵素の遺伝子GRS1の塩基配列に基づいて開発したDNAマーカーを利用してグルコラファサチンの辛味成分の組成を変化させ、グルコラファサチンを含まない新品種「悠白(ゆうはく)」と「サラホワイト」の育成に成功した。
 悠白とサラホワイトは、長期間保存してもタクアン臭や黄変が生じないので、大根ならではの美しい白さ、さっぱりしたフレッシュ感が食欲を刺激する。
 つまり、一般の大根は、GRS1遺伝子が働くため、グルコラファサチンによるタクアン臭や黄変が生じるが、GRS1遺伝子を欠損させると、グルコラファサチンの辛味の組成が変化するので、タクアン臭や黄変が生じないのだ。
 今後、新たな大根加工食品の開発が加速すれば、レパートリーがどんどん増えそうだ。

■切り干し大根の栄養価は生の大根と比べて鉄分約49倍、カルシウム約23倍!
 さて、ここで大根のトリビアを紹介したい。
 大根の根は、水分が94.6%。胃酸過多、胃もたれ、胸やけに効果があるジアスターゼ(でんぷん分解酵素)が豊富な低カロリー(100g当たり18kcal)のヘルシーな淡色野菜だ。大根おろしは、まさに完全食といえる。
 今回のグルコラファサチンのほかに、抗がん作用や抗菌作用がある辛味成分のアリルイソチオシアネート(芥子油)も含んでいる。
 ただ、大根おろしは、おろした瞬間からビタミンCが急速に減少するので、食べる直前におろすのがコツ。少し時間をおく時は、お酢を少々入れれば、ビタミンCが安定する。
 大根の葉は、ビタミンC、ビタミンE、ベータ-カロテン、カリウム、カルシウムを多く含む緑黄色野菜だ(五訂日本食品標準成分表より)。刻んで、味噌汁や納豆に入れると、シャキシャキした歯ごたえがおいしい。
 案外、知られていないのが、切り干し大根の高い栄養価だ。大根は、太陽光を浴びると、水分が減り、紫外線や酵素による縮合反応(分子の結合)が起き、大根のうま味が糖化され、栄養素が凝縮されるため、栄養価がアップする。
 切り干し大根の栄養価は、生の大根と比べて、鉄分は約49倍(100g当たり9.7g)、カルシウムは約23倍、カリウムは約14倍、食物繊維は約16倍、ビタミンB1・B2は約10倍も高い。
 生の大根は100g中に約3gの糖質を含み、切り干し大根にすると糖質が100g中に47gに増える。だが、1食10g程度なら糖質は4.7gなので気にならない。食べ過ぎだけに注意しよう。
 また、水で戻す場合、カリウムやうま味成分が失われるので、戻し水は捨てずに調理に使おう。
 水を使わないで戻す方法もある。ヨーグルトで戻せば、切り干し大根のミネラル分を多く抽出でき、乳酸菌と食物繊維の相乗効果によって善玉菌が増え、腸内環境を改善できる。そこで、切り干し大根のゴマ味噌和えなどはいかがだろうか。
 大根が特においしい旬は7月~8月頃と、11月~3月頃。最後に健康な大根の選び方をお教えしたい。1本の場合は、葉がみずみずしく黄色くない、ひげ根が少なく、ハリとツヤがありずっしりと重い、この3点を見て選ぼう。
 大根は上ほど甘く、下ほど辛い。大根おろしなら上、ブリ大根や煮物なら中央、薬味なら下といった具合に、調理方法に合わせて選ぼう。(引用終了)

引用が長くなりましたが、まとめますと、ダイコンはビタミン豊富、薬用成分も多く健康に良い完全食、しかし、タクアンの臭がきらいな人がいる。そこで、そうした人のために臭いのない品種ができた、ということのようです。

なお、関連し、上と下の写真は、我が家の春ダイコンの5月の様子です。3月上旬に播種し、その後パオパオベタかけで覆い保温しました。4月上旬からはパオパオを外し、間引きし、防虫ネットのなかで育てました。

春ダイコン菜園5月

また、下の写真はダイコン葉の利用とダイコンの煮物です。品種改良の効果だと思いますが、春ダイコンの新品種は葉も根も美味しくなったと思います。

春ダイコンの葉の利用

春ダイコン煮物


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/06/01(木) 14:01:37|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

命のロウソク「テロメア」と家庭菜園(食と健康 2017.4.29)

ミックスレタス大きくなってきた4月

「命のロウソク”DNAのテロメアを伸ばすには?」 という記事が阿修羅掲示板に出ていました。私たち高齢者の健康と密接に関係する記事と思われますので紹介します。

まず、記事の一部を引用しますと次のとおりです。


最近耳にする機会が多い気がする「テロメア」という言葉。これは細胞の染色体の末端にある特殊な構造物で、その長さを見ると人の寿命が分かるといわれているが、本当だろうか?
 テロメアの本来の役割は、染色体を保護し、染色体同士がくっついたりするのを防ぐこと。細胞が分裂するたびにテロメアは短くなっていき、ある程度まで短くなると細胞はもう分裂できなくなる。そのため、「老化の回数券」と呼ばれることもある。実際、赤ん坊のテロメアは長く、老人のテロメアは短いという。
・・・・・
 テロメアが短いと動脈硬化が進んでいる
 テロメアの長さは血液中の白血球やリンパ球で調べることができる。先に触れたように、一般に赤ん坊より老人のほうがテロメアは短い。ある程度は年齢に比例するが、個人差が大きく、年齢が同じでもテロメアの長さが同じとは限らないという。
 では、テロメアを見ると、その人があと何年生きるか分かるのだろうか?
 「血管年齢のように、テロメア年齢という表現はできるかもしれません。ただし、細胞の老化はテロメアの長さだけでは決まらない。活性酸素による酸化ストレスなど、他の要因もありますから」と近藤さんは苦笑する。
 つまり、テロメアの長さは「細胞の老化度」を見るひとつの尺度にはなるが、それだけで「あと何年生きられます」などと単純に寿命を判断することはできないわけだ。
 とはいえ、テロメアが短いということは、それだけ細胞が老化しているとはいえるだろう。実際、「テロメアが短い人は動脈硬化が進んでいることが多い、といった報告はいくつもあります」と近藤さん。テロメアが短い人はがんになりやすい(*1)、テロメアが短いと心疾患と脳血管疾患のリスクが高くなる(*2)といったことも確認されている。
 単純に数値化はできないとしても、細胞の老化度を示すテロメアの長さは、その人の寿命とも無関係ではなさそうだ。
 その気になればテロメアは“若返る”?
 テロメアはすり減っていく一方ではない。「最近の研究から、運動などの生活習慣によってテロメアが伸びることが分かってきました」と近藤さんは続ける。(引用終了)

まとめますと、染色体を保護しているテロメアの長さは若さ(寿命)と密接な関係がありますが、運動などをし、若さを保つように努力すればテロメアは短くはならないことと思われます。

その意味で、拙ブログで何度も指摘していることですが、家庭菜園をすると、無意識のうちに適度な運動をし、安全で美味しい野菜を食べ、この結果、体が若返ります。そして、本題のテロメアも短くならない、すなわち寿命も長くなる、と思われます。

なお、上の写真は、現在の我が菜園の様子で、ミックスレタスが大きくなってきた様子です。そして、下の写真は朝の生野菜サラダに利用している様子です。これら新鮮な野菜を食べると、健康維持に重要な繊維とビタミンCを吸収することができ、若返ることができると思っているところです(笑)。

生野菜サラダミックスレタスを使った


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/04/28(金) 22:24:39|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「若杉ばあちゃん」の長寿の秘訣(食と健康 2017.4.15)

クコ4月(1)

ブログ仲間が「野草の力をいただきます」 という記事を紹介していました。

その記事では自給自足の生活をし、80歳を超えて元気な「若杉ばあちゃん」のことが紹介されておりました。その生き方が本にもなっているようですが、拙ブログの目標であります「自然との共生」や「健康長寿」と関連が深いので、勝手ながら記事のリンクさせていただきます。そして今回は、その健康長寿の秘訣について愚考します。

まず、その長寿の秘訣ですがが、「自然と一体となった生き方」と紹介されております。言い換えますと、拙ブログで追及している「自然との共生」と同じような哲学かと思います。

拙ブログでは、「菜園をしていると自然と長寿になる」ということを紹介しておりますが、その意味で、「若杉ばあちゃん」は、私の目標としている生き方をしているのではないかと、思っています。

また、その記事では、「若杉ばあちゃん」は80歳を超えているのに元気なので「若過ぎばあちゃん」だ、なんてユーモアも紹介されており、面白い読み物となっています(笑)。

一方、拙ブログでは、122歳という世界最高齢をめざすのではないかという「後藤はつのさん」 を紹介したことがありますが。長寿の秘訣は異なりますが、日本人としては両者とも応援したいところです(笑)。細かいところはリンク記事を読んでいただくことにし、簡単ですが、今回はこれで失礼します。

なお、不老長寿と関係し、上と下の写真は、現在の我が菜園の、不老長寿の実で有名なクコの様子です。まもなく、この若葉を利用し、クコの葉ご飯を食べることができそうです(笑)。

クコ4月(2)


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/04/15(土) 06:52:28|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最後に繊維を食べると「うんせい」が良くなる(食と健康 2017.3.26)


食物繊維とうんせい図解1
俺は「うんせい」など信じない、と言う方も居られるます。しかし、拙ブログの「うんせい」は「ウン性」(ウンコの性質)ですので誤解のないようお願いします。

「うんせい」の記事を出したところ、「運勢」ブログ関係者の訪問があったことがありましたが、失礼しました。

前回の記事では、「夕食最後にリンゴを食べるとうんせいが良くなること」を紹介しました。関連し、今回は、そのことを分かりやすくするため、図で紹介することにしました。

まず、その図は、私の経験をもとに作ったものですが、次のとおりです。

上の図解(例1)では、生野菜サラダなどの繊維を朝食の初めに、そして夕食の最後にリンゴなどの繊維豊富なものを食べた場合ですが、次の日の朝のウンコは繊維に囲まれ、良い「うんせい」になります。

一方、下の図解(例2)では、最後に食物繊維を食べなかった場合ですが、悪い「うんせい」になります。囲み役(閉じ込み役)の繊維がないためでしょうか、ウンコの切れが悪くなり、残便(宿便?)ができやすくなります。

食物繊維とうんせい図解2

以上、リンゴと「うんせい」の関係、図解入り愚考でした。しかし、これは、あくまでも私の経験例ですので、まだ一般化された理論ではありません。皆さんも試されてみてはいかがでしょう。試験は簡単です。

なお、試験するときの注意点ですが、食べ過ぎ、飲み過ぎの場合は、当然のことながら試験に適しておりません。関連し、下の写真は、良い「うんせい」のために、私がいつも食べている果物です。

食物繊維豊富なリンゴ

食物繊維豊富なバナナ

なお、このような「うんせい」記事に関心のある方は、拙ブログ左側の検索欄に「 「うんせい」 」と入れ、クリックしますと、今までの記事を見ることができます。

また、下の写真は記事と関係ありませんが、アパートから見える曙の雰囲気です。朝晩、めっきり涼しくなってきたこの頃です(笑)。

アパートから朝の風景(秋)


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/03/26(日) 02:20:00|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やはり「野菜を食べやさい」(食と健康 2017.3.20)

旬野菜料理アスパラガス

「日本人の野菜不足、危機的状況で健康を脅かすレベルに…がんや糖尿病に直結」 という記事が阿修羅掲示板に紹介されていました。拙ブログの主題と密接に関係する記事ですので紹介します。

まず、内容の一部分を引用しますと次のとおりです。

厚生労働省は、健康を維持するために必要な野菜の摂取目標量は、「成人1日当たり350g以上」としていますが、同省発表の2013年『国民健康・栄養調査』によると、日本人の1日当たりの野菜平均摂取量は283.1gで、目標の81%程度にとどまっています。
 年代別で見てみても、すべての年代で摂取目標量に達しておらず、特に20~40代の若い世代の摂取量は少なく、目標の66~70%程度となっています。この年代の人たちこそ、野菜を多く摂取すべきなのですが、どのようにして野菜を摂取したらいいかわからないという方も多いのかもしれません。
 比較のためにアメリカの状況を見てみると、“現代栄養学の源”と評されている「マクガバンレポート」が発表された1977年以降、米政府は野菜の摂取量を増やすことを奨励してきました。・・・

■野菜の“質”が重要
 しかし、もっと大きな問題は、野菜不足を解消しようとして質の悪い野菜を食べてしまうことです。質が悪いというのは、農薬や化学肥料を多用して栽培した野菜を指します。農薬の害は、これまでもいろいろと指摘されてきていますが、化学肥料にも大きな問題があります。・・・(引用終了)

以上、まとめますと、日本人、とくに若い世代で野菜不足が認められること、また、農薬や化学肥料を多用して栽培した質の悪い野菜の摂取も問題があること、が指摘されていると思います。

この記事からも、「野菜を食べやさい」、特に、安全な「有機野菜を食べやさい」ということになるかと思います(笑)。

なお、関連し、上と下の写真は、私が10月下旬に帰ったときに、我が日本の有機菜園の野菜で作られた旬野菜料理の一部です。採り立てのアスパラ、採り立てのピーマンなどを使った旬野菜料理でした。

旬野菜料理ピーマンなど

また、下の写真はマダガスカルのアパートで作って食べている旬野菜料理です(笑)。

旬野菜料理インゲン

旬野菜料理豆苗


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2017/03/19(日) 23:55:02|
  2. 食と健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
次のページ