野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

野菜の高騰と家庭菜園(菜園と人生)

野菜高騰新聞記事1


野菜の高騰と家庭菜園(菜園と人生)

野菜には、体に必要なビタミンや病害予防効果のある機能性成分、そして便秘解消に必要な繊維があり、毎日食べることが勧められています。しかし、今年の冬は野菜高騰が続いていて、私の周囲には、野菜が高くて買えないというような悲鳴のような声が聞こえています。

東京新聞(1月12日)によれば、レタスは平年の2.4倍、ハクサイ、キャベツ、ダイコンは2倍以上、ということです。上と下の写真は、この様子を伝える一面記事です。最近は雪も降り、農産物の出荷がさらに少なくなる問題もあります。

野菜高騰新聞記事2

関連し、今回は、家庭菜園と野菜高騰問題について愚考します。

家庭菜園仲間のブログ記事を見ますと、こうした野菜高騰問題を触れる記事は僅かです。おそらく、自分で作った野菜があるので問題ないという感じでしょうか。実は、我が家もそうです。野菜で買うのは、モヤシぐらいです。他は、全部ある感じです。

関連し、下の写真は、東京に住む娘一家に野菜を送るための我が家の準備状況です。

野菜送付の様子

我が家の菜園は、果樹関係が2アール、野菜関係が6アールです。作り方は、無農薬、無耕起、無堆肥、無畝立て、無追肥、無石灰、無マルチ栽培という超省力有機栽培です。そのため、老人向き、女性向で、簡単ですので作りすぎの問題はありますが、今年の冬は人気があり足りない感じです(笑)。

趣味でやっている家庭菜園ですが、たいへん役に立っている感じです。そこで、この野菜栽培が広がれば、地域の環境問題や高齢者の健康問題にも社会貢献できるのではないかと思うこの頃です。

例えば、つくば市や土浦市という我が家の近辺には空き地が多数あり、雑草問題が出ております。この空き地を使い野菜栽培で余生を楽しむ人が増えれば空き地問題が少しは解決します。さらに、今年のような食の安全の問題にも貢献できます。

まとめますと、野菜高騰で家庭菜園の魅力が高まったこの頃と言えましょう(笑)。


家庭菜園 ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2018/01/30(火) 07:50:45|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

菜園は何歳までやれるのか(菜園と人生)

ヤマイモ播種後の畝1月


菜園は何歳までやれるのか(菜園と人生)

前回(2日前)は「人生の楽園」について愚考しました。今回は、「人生の楽園」は何歳まで続けられるのか、愚考します。

ブログ仲間が「フランスの著名自転車選手が引退、106歳で」という記事を1月に紹介しておりました。その内容の一部を紹介しますと次のとおりです。

 1月10日、フランスのアマチュア自転車選手で、高齢での世界記録保持者として有名なロベール・マルシャンさんが106歳で引退する。
 1911年にフランス北部で生まれたマルシャンさんは、67歳で本格的に自転車競技に取り組み始めた。2012年には、100キロを4時間17分27秒で走り、100歳のサイクリストとしての記録を出した。 ※出典 ロイター 1/11(木) 12:45配信 ※写真もお借りしました。(引用終了)

この記事によれば、「マルシャンさんは、67歳で本格的に自転車競技に取り組み始めた」ということですので、67歳から本気になったようです。その年齢は私も同じです(笑)。

一方、拙ブログでは、「最高齢の画家、後藤はつのさん」について紹介したことがあります。後藤はつのさんは70歳から絵を描き始め、現在115歳頃と推定されますが、122歳という世界最高齢で亡くなったジャンヌさんの記録を7年後には破るのではないかと期待されています。

これら二人の例を見るまでもなく、60歳代、70歳代というのは、物事を始めるのに遅すぎることはないという年齢と思われます。

そこで、まとめますと、私は67歳です。作った無農薬の野菜を家族や友人に配り喜んでもらい、家庭菜園という人生の楽園を密かに楽しんでいますが、100歳過ぎても現役の菜園愛好家と呼ばれる日を楽しみにしているところです。そして、酒は飲み過ぎないことが重要と思っております。

なお、上と下の写真は、最近の菜園の様子で、ヤマイモを掘り終え、種芋を埋めた後の様子、波板で囲った今年のゴボウ栽培場所予定地の様子です。春はすぐそこに待っている感じです。

波板を使った高畝1月


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/01/26(金) 08:05:04|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ヤマイモ掘りは冬の楽しみ(菜園と人生)

ヤマイモ収穫物


ヤマイモ掘りは冬の楽しみ(菜園と人生)

家庭菜園でヤマイモ作りの問題は、掘りあげるのに労力がかかることかと思います。しかし、慣れてくれば簡単です(笑)。特に、2年目か3年目のイモは、大きすぎることはなく手頃なサイズと思われます。

今回は、楽しみながらヤマイモを掘りあげている様子について紹介します。

上の写真は収穫物です。サイズは40㎝~50㎝、2年目か3年目のイモと思われます。折れることなく綺麗に掘りあがりました。

下の2枚の写真は掘り上げている様子で、3日目の様子です。1日1時間ぐらいの作業ですが、あと4日(4時間)ぐらいで終わる感じです。冬は農作業がほとんどありませんので、運動にいい感じです(笑)。

ヤマイモ収穫穴掘り

ヤマイモ掘り途中

下の写真は利用で、生を刻んでワサビしょう油味です。このほか、輪切りにしニンニク入り塩コショウ味で炒めたもの、すりおろしてトロロイモも美味しいと思います。

ヤマイモ料理生刻み利用

下の写真は夏の様子です。今年は立派な茂りで、いいイモが多数採れています。

ヤマイモの茂り8月

参考までに栽培法を紹介しますと、種芋は、掘っているときに出てくる10㎝程度の小物芋(1年目の物)、そして掘りあげたものの先端です。これらを掘った後に来年用の種芋として埋め戻しておきます。そして、放置し、2年目に掘りあげます。ポイントはキウイ棚の周囲を利用し、イモツルを絡ませていることかと思います。


家庭菜園 ブログランキングへ

  1. 2018/01/12(金) 08:02:52|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ゴボウ掘りは楽しく(菜園と人生)

ゴボウ掘り中間の様子


ゴボウ掘りは楽しく(菜園と人生)

ゴボウ栽培の問題は、ゴボウは地中深くにあり、収穫に手間がかかることです。このため、肥料袋栽培が紹介されていますが、本方法では袋が小さいためでしょうか、品質のいいゴボウ作りは簡単でありません。

そこで、拙ブログでは高めの波板で囲い、土を入れ、高床の場所を作りゴボウを栽培していることを、前回(12月5日)、紹介しました。

今回は、ゴボウ掘りの様子について紹介します。

上の写真はゴボウ掘り中間の様子です。ここまでくると、あと僅かという感じです。12月の穏やかな日に全部掘り上げました。冬は運動不足になりやすい問題がありますが、ゴボウ掘りは運動の一つと思い、無理をしないように頑張りました(笑)。

下の写真は収穫物を分け、友人に配る準備をしているところです。今年のゴボウは太く柔らかく、たいへんな人気でした(笑)。

太いゴボウの分配

また、下の写真は太いゴボウを使った料理です。この他、けんちん汁など汁物に入れたりで大活躍です(笑)。

以上、簡単ですが、ゴボウ掘りを楽しく頑張った様子でした。

太いゴボウを使った煮物

太いゴボウを使ったキンピラ


家庭菜園 ブログランキングへ

  1. 2017/12/29(金) 07:40:47|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

アケビと人生の楽園(菜園と人生)

アケビの木と実10月下旬


アケビと人生の楽園(菜園と人生)

今日は小春日和、園芸日和です。近くの公園に行き、ウドに使う落ち葉集めをしました(笑)。

さて、貧しかった少年時代、秋になると山へ行き、アケビの実を頬張るのが楽しみでした。その思い出があるのか、我が菜園でアケビは特別な雰囲気があります。関連し、今回は、アケビ栽培の様子について紹介します。

上の写真は今年のアケビの木の様子です。3枚葉と5枚葉の2種類が植えてありますが、このように2種類植えると、アケビは実の着きが良くなるようです。

下の写真は収穫物です。実が大きいのが3枚葉、実が細長く小さいのが5枚葉です。

アケビ収穫物

下の写真は3枚葉の実の中身です。種があり食べにくいですが、ジュウシイで甘く美味しいと思います。

アケビの実

アケビの実の中身

このアケビを菜園で食べるときは、問題の種をプーと吹き飛ばせばいいので、簡単に食べることができます(笑)。

秋になり、こうしたアケビを食べると、家庭菜園の楽しさ倍増で、人生の楽園を感じるこの頃です。皆さんもアケビはいかがでしょう(笑)。

参考までに今回のアケビの作り方を紹介しますと、3枚葉のアケビ苗は園芸店で10年前に購入しましたが、5枚葉の種類は菜園の仲間からいただいたものです。果樹は剪定が重要と言われますが、我が菜園のアケビの場合、太い茎の半分を下位の場所から切り、放置するだけです。すると、次年度、上部に枯れ枝が残りますが、樹高態勢が改善されるのか、よく実ります(笑)。


家庭菜園 ブログランキングへ

  1. 2017/11/05(日) 14:55:06|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ