FC2ブログ

野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

我が菜園は緑成りき、秋めく菜園、凡人の一句(菜園と人生)

秋のルコウソウ空き地


我が菜園は緑成りき、秋めく菜園、凡人の一句(菜園と人生)

いよいよ秋めいてまいりましたが、今回は、我が菜園の周囲の雰囲気、そして凡人の一句について紹介します。

上の写真は菜園の隣の空き地に茂っているルコーソウです。なかなかの風情です。

下の写真は収穫した早掘りのサトイモを、早速、似て食べた様子です(笑)。

秋のイモ煮

下の写真は公園で拾ったギンナンを洗って干している様子です。

秋のギンナン乾燥

下の写真はギンナンの実を焼いて皮を剥いた様子です。宝石のような美しさです(笑)。

秋のギンナン中身

そして、下の写真は、そのギンナンをコロッケに入れ食べてみた様子です。

秋のギンナン入りコロッケ

そこで、凡人の一句です。

  ギンナンを 拾いて嬉し 散歩道

足元が軽くなる楽しい秋の公園の散歩道の様子でした(笑)。
下に絵手紙も作ってみました。

ギンナンを拾えて嬉し


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2018/10/12(金) 11:08:57|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

秋味、ワケギ、ムカゴで一句(菜園と人生)

ワケギ菜園9月上旬


秋味、ワケギ、ムカゴで一句(菜園と人生)

移動性高気圧が張り出し、涼しくなり、めっきり秋らしくなりました。

拙ブログのテーマでもありますが、家庭菜園には旬を味わう楽しみがあります。そこで、秋の旬を求めて我が菜園を見渡しますと、ワケギとムカゴがあるではないですか。今回は、これらを食べた感動を紹介したいと思います。

まず、上の写真は菜園のワケギです。8月中旬に播種したものですが、旬の感じです。

下の写真は収穫物です。美味しそうです(笑)。

ワケギ収穫物

下の写真はワケギ入りみそ汁です。

ワケギ入りみそ汁

そこで、凡人の一句です。

  採りたての ワケギ味噌汁 朝ごはん

一方、下の写真は、ムカゴです。アケビの枝に絡まっている様子ですが、かなり実が着いています。

ムカゴ菜園9月上旬

そして、下の写真は、ムカゴご飯です。

ムカゴご飯

そこで、凡人の一句です。

  ムカゴ摘み 家族で味わう 夕ご飯

採りたての旬の素材を味わう菜園の楽しみですが、この感動を俳句にしてみた様子でした(笑)。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/09/14(金) 13:32:29|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

我が菜園は緑なりき、美しいゴマの花など(菜園と人生)

白ゴマの花1


我が菜園は緑なりき、美しいゴマの花など(菜園と人生)

また、人生ものです(笑)。

今年もお盆が来ましたが、お墓などに飾る花が必要な時期です。そこで、菜園にそのための花があれば理想と思われます。関連し、今回は夏の菜園の花について紹介します。

上と下の写真は白ゴマの花です。これはゴマ収穫用ですが、花は美しく、見るのも楽しみです(笑)。

白ゴマの花菜園

下の写真はクフエアです。花と葉が落ちるとホーキになる有用な花です。このため、我が家では園芸用ホーキは買っておりません(笑)。

クフェア夏

下の写真はコスモスです。コスモスは秋の季語と言われますが、我が菜園では初夏から咲いています(笑)。

コスモス夏

下の写真はソバの花です。観賞用と緑肥用に作っていますが、ソバのスプラウトは機能性成分が豊富ですので、今年は実も採り、スプラウト用に使いたいと思っています。

ソバの花夏

そして、こうした菜園の花を見て、その感動を俳句で歌えればと思うこの頃です。そこで、ゴマの花を見て凡人の一句。

雨の後(あと) 際立つ花は 白きゴマ  
 解説:雨後の菜園、ふと見ると、白い花びらが輝いているゴマ発見、その花の美しいこと!

まとめますと、菜園には花が必要です。花があると心が和み、菜園が人生の楽園になります。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/08/13(月) 18:05:36|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

我が菜園は緑なりき、ブルーベリーなど果樹の潤い(菜園と人生)

ブルーベリー7月


我が菜園は緑なりき、ブルーベリーなど果樹の潤い(菜園と人生)

また、人生ものです(笑)。

最近、暑くなってきたせいか、菜園では汗をかき、喉が渇きます。そこで、喉を潤(うるお)すものが菜園にあると人生の楽園になります(笑)。

我が菜園には2アールの果樹園と6アールの野菜畑がありますが、果樹園の方には喉を潤すものがあります。今回は、それらを紹介します。

上の写真はブルーベリーです。晩生の種類で収穫は始まったばかりですが、毎日、食べることができます。

下の写真はブラックベリーです。これも旬で、甘味と酸味があり美味しいと思います。問題は鳥や虫も狙っていることです(笑)。

ブラックベリー7月

下の写真は、ラズベリーです。これはジャム用なのか、あまり美味しくはありません(笑)。

ラズベリー6月

これらのほか、ブドウ、イチジク、アケビもありますが。これらは、これからが旬です。

さらに、既に旬は過ぎましたが、グミ、ナワシロイチゴ、ビワがありました。関連し、下の写真はグミとナワシロイチゴの旬の様子です。

グミ6月

ナワシロイチゴ6月

こうした自然の恵みに感動し、その感動を俳句でできたらと思うこの頃です。

そこで、菜園の真っ赤になったグミを見て凡人の一句: 

  我が畑(はた)は 色でもてなす グミも有り

  解説: グミ実が赤く色づき、楽しくなってきた我が畑であることよ(笑)。

まとめますと、菜園には潤いが必要です。そこで、いくつか果樹を周辺に植えておくと、菜園も人生の楽園になっていくのかなと思います。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/07/16(月) 20:40:54|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

我が菜園は緑なりき、雉、セリご飯、短歌など(菜園と人生)

菜園の雉


我が菜園は緑なりき、雉、セリご飯、短歌など(菜園と人生)

久しぶりに人生ものです(笑)。

菜園には、育てる、収穫する、食べるという三つの歓喜がありますが、これらの他、自然と触れ合う場所でもあります。関連し、自然との触れあいの歓喜について今回は紹介します。

我が菜園のモットーは自然との共生です。このため、できるだけ自然に優しい方法、すなわち、無農薬、無耕起、無堆肥、無畝立て、無石灰、無追肥、無ビニールマルチという農法を実践しております。

上の写真は、菜園隣の空き地に現れた雉です。数年前から見ていますので、近くに住んで居るのでしょう。さらに、ときどき野ウサギが飛び跳ねているのを見ます。昨年は植えたばかりのサツマイモの葉を食われたりしました(笑)。今年はまだ見ていません。

ミミズが少ないためでしょうか、モグラは見ません。ミミズが少ないのは堆肥を使わないせいと思っております。

下の写真は果樹の下に咲いている花です。こうした自然の花を見るたびに心が和みます。

菜園の花

下の2枚の写真は、菜園に自生しているセリで、新鮮で柔らかく美味しそうです(笑)。

菜園のセリ5月

菜園のセリ6月

そして、下の写真はセリご飯です。セリの香り良く、春を味わうことができました。こうした自然を観て、ブログ仲間もやっていることですが、その感動を俳句で表現ができれば最高と思うこの頃です。

セリご飯6月

そこで、凡人の一句; 新芽見て、香りかぎたく セリご飯 
 
解説:新鮮なセリの新芽を見て、美味しそうだったので、収穫してセリご飯を作ってしまったことであるよ。食べると、その香り、口の中に広がったことであるよ(笑)。

簡単ですが、春の菜園で自然と触れ合っている感動の様子でした(笑)。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/06/27(水) 06:15:58|
  2. 菜園と人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ