FC2ブログ

野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

美味しいカイラン菜

カイラン収穫物(葉は切除)


美味しいカイラン菜(秋の野菜)

寒くなってきました。冬野菜の季節で、野菜と肉の炒め物が美味しい季節かと思います。そんななか、我が菜園ではカイラン新品種「カリコリカイラン」を作って楽しんでいますので紹介します。

カイランはブロッコリーの仲間で茎を食べるタイプです。例えば、ブロッコリーの場合、花軸も食べますが、カイランはその軸だけを食べるタイプと思われます。

上の写真は収穫物です。そして、この茎の皮を剥いたのが下の写真です。これを適当に刻んで料理に使います。花もありますが、これはブロッコリーと同じく、そのまま使えます。

カイラン茎の皮向きした様子

下の写真は利用で中華風肉炒めです。ブロッコリーの花軸だけ食べているような感じで、たいへん美味しいです。

カイランと肉の炒め物

下の写真は菜園の様子です。

カイラン菜園風景11月

下の写真は種子袋です。

カイラン新品種種子袋

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。種子は園芸店で購入しました。8月下旬に、苗用ポット1個当たり4点に播種し、合計12株(3ポットx 4点)の苗を作りました。移植場所は、万能クワで植え溝を掘り、その溝にm2当たり発酵鶏糞300g(N成分2%)の他、尿素(N成分46%)10g入れ、土と混ぜました。移植は9月中旬に10株本移植し、移植後、1か月は防虫ネットを掛けました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2018/11/25(日) 09:13:36|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋ブロッコリーは簡単にできる

ブロッコリー収穫物11月


秋ブロッコリーは簡単にできる(秋の野菜)

秋野菜が高騰しております。特にブロッコリーが高いと妻が言っておりましたが、我が家には自家製のブロッコリーが収穫時期を迎えており、問題はありません。関連し、今回は、秋ブロッコリーが簡単にできることについて紹介します。

上の写真は収穫物です。一個150円はする大物です。

下の2枚の写真は利用です。朝の生野菜サラダの添え物で、ゴマドレで食べていますが、美味しいと思います。

ブロッコリー入りサラダ卵焼き付き

ブロッコリー入りサラダウインナーソーセージ付き

下の写真は魚肉料理の添え物です。これも美味しいと思います。

魚肉料理ブロッコリー入り

下の写真は菜園の様子です。

ブロッコリー菜園11月

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。苗は園芸店で16株購入しました。移植場所は、万能クワで植え溝を掘り、その溝にm2当たり発酵鶏糞300g(N成分2%)の他、尿素(N成分46%)10g入れ、土と混ぜました。8月下旬に移植し、移植後、2か月は防虫ネットを掛けました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。

栽培上の注意点は移植後から防虫ネットを張り、大敵のモンシロチョウに卵を産ませないことかと思います。大きめの防虫ネットを使う必要がありますが、それをすれば簡単にできる野菜と思われます。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/11/17(土) 08:00:54|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

菜園の「さくらんぼ」を食べる

さくらんぼ種子袋


菜園の「さくらんぼ」を食べる(秋の野菜)

最近、売り出されたラデッシュ品種に「さくらんぼ」があります。上の写真がその種子袋ですが、色鮮やかな玉です。そこで、作ってみましたので紹介します。

下の写真は収穫物です。確かに「さくらんぼ」のように赤く、なかなかの色合いです。

さくらんぼ収穫物

下の写真は利用で、生野菜サラダです。その赤色は新鮮で食欲をそそります(笑)。しかし、味は普通のラデッシュ(二十日ダイコン)でした(笑)。

さくらんぼ入りサラダ2

さくらんぼ入りサラダ

下の写真は菜園の様子です。

さくらんぼ菜園11月

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。10月上旬に、万能クワで播種溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。播種溝を踏み固めた後、散播し覆土しました。栽培中は、防虫ネットを張り、収穫期直前にはずしました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/11/13(火) 14:25:23|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

美味しい茹で豆

落花生収穫物


美味しい茹で豆(秋の野菜)

寒くなってきました。季節は晩秋という感じでしょうか。そんななか、関東地方には茹で豆という美味しい食べ物があります。採りたての落花生を塩茹でして食べるというシンプルなものですが、食べ慣れると、香りと味がよく、病みつきになる食べ物です。

そこで、家庭菜園愛好家としては、自分の菜園で落花生を作り、茹で豆にして食べるというのが楽しみとなります。我が菜園も数年前から実践しておりますので、紹介します。

上の写真は収穫物です。水洗いが終わった後の様子です。

下の写真は茹で豆です。大粒と小粒が混じっていますが、大粒が茹で豆用品種、小粒がピーナッツ用品種です。我が家ではどちらも茹で豆で美味いと思っています。

落花生茹で豆(摘み)

下の写真は茹で豆用品種の中身です。今年のものは良質と思います。そして味も良好でした。酒、焼酎お湯割りに最高の摘みになりました(笑)。

落花生の茹で豆の中身

関連し、下の写真は10月中旬の菜園の様子です。4mの畝2本作りました。

落花生菜園10月

下の写真は収穫直前の引き抜いた時の様子です。今年は、7月と8月が雨不足で乾燥害、9月が雨多く曇天で、気象条件は不適でしたが、それなりの収穫でした。

落花生の根と実10月

参考までに今回の栽培法を紹介しますと次のとおりです。

5月上旬に、万能クワで播種溝を掘り、そこにm2当たり発酵鶏糞300gの他、尿素を10g入れ土と混ぜました。種子は、園芸店で購入し、1日水に漬けた後、播種しました。播種溝は、踏み固め、点播きし、覆土しました。また、いつものとおり、無農薬、無耕起、無堆肥、無石灰、無畝立て、無追肥、無ビニールマルチ栽培です。


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/11/09(金) 14:30:05|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

美味しい間引きダイコン葉(秋の野菜)

収穫物ダイコン葉


美味しい間引きダイコン葉(秋の野菜)

間引き菜は家庭菜園の楽しみの一つと言われます。特に青首ダイコンの間引き菜は美味しく、我が家の人気野菜になっています。今回は、その美味しいダイコン葉について紹介します。

上の写真は間引きダイコンの収穫物です。ダイコンの間引きは2回行いますが、1回目が土寄せを兼ねて発芽直後、2回目が最終段階で播種1か月後のかなり大きくなってからです。今回の収穫物は播種1か月後に間引きのものです。

下の写真は菜園の様子です。防虫ネットを外し、間引きした直後の様子です。たいへん揃いがよく、いいダイコンが期待できそうです。

ダイコン葉菜園10月

なお、台風害は、防虫ネットを掛けていたため、軽微でした。参考までに、下の写真は、ダイコンの隣の防虫ネットですが、土寄よせしているためネットはピーンと張っていて、強風によるすそまくりはありませんでした(笑)。

防虫ネットダイコン葉となりの

下の写真は利用です。ダイコン葉と焼き油揚げのミックスですが、ダイコン独特の甘味と味があり、たいへん美味しいと思います。

ダイコン葉と油揚げミックス

また、下の写真はみそ汁です。ダイコン葉の根の部分も入っていますが、ダイコン葉入りみそ汁は初秋を感じさせます。

ダイコン葉入りみそ汁


家庭菜園 ブログランキングへ
  1. 2018/10/20(土) 08:43:37|
  2. 秋の野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ