野菜を食べやさい

任地マダガスカルから、食と健康、自然との共生、日本人のルーツ、マダガスカルとアフリカ等について発信いたします。菜園については帰国時の春に紹介します。

無耕起と無堆肥の組合せでも野菜は育つのか(農法 2017.3.16)

無耕起無堆肥の赤オクラ

私の農法は、無農薬、無耕起、無堆肥を中心とする無堆肥有機農法(ぐうたら農法)ですが、無耕起で無堆肥の硬い土でも野菜は育つのですか、と質問を受けたりします。関連し、今回は、無耕起と無堆肥の組合せについて愚考します。

まず、無耕起と無堆肥の関係ですが、これらは結びついています。無耕起ですと堆肥はすき込みできませんので、一般に無堆肥になります。

そして、無耕起の土は硬くなる、ですが、我が菜園では、表層に収穫物残渣など有機物を多量に敷いており、その効果で、表層は団粒の土になっており、たいへん柔らかです。このため、播種溝や移植用の植え溝も、万能クワで筋を作り、簡単に作れます。

さらに、無耕起のため、前作の根が残り、その根が腐りますと、通洞となり、水はけがよくなります。

水はけが良いことは、畝立ての必要がないことになります。畝立ては重労働ですので、これが必要ないことは老人や女性には助かります。また、畝立てがないと菜園が歩きやすくなります。

以上のことから、無耕起でも作物はよく育ちます。むしろ、無耕起の方が、排水がよく、根が発達し、野菜が健全育つことになります。この無耕起の例について、「不耕起栽培・・なんでうまくいくんでしょう」、とブログ仲間が紹介しておりましたので、勝手ながらリンクさせていただきます。

以上、無耕起・無堆肥愚考でした。

なお、上と下の写真は、無耕起・無堆肥で育っている我が日本にある菜園の夏野菜の様子です。

無耕起無堆肥のナス

無耕起無堆肥のモロヘイヤ

無耕起無堆肥のニガウリ


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/03/16(木) 00:12:59|
  2. 農法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<アフリカの土を化学肥料で悪くした植民地農業(マダガスカルとアフリカ 2017.3.18) | ホーム | プランタ植え豆苗は5度収穫できる(プランタ栽培 2017.3.14)>>

コメント

Re: ココモカ さん、腰痛五十肩で

ココモカ さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

腰痛五十肩のことですが、私もそうでした(笑)。
そして、私こと、50歳になってから始めたのが本「ぐーたら農法」ですが、
体に優しい農法ですので、ぜひお試しください。
草々


> わらを手に入れようと思います。
> 野菜のくずも蒔こうかと思っています。
> 年月は かかっても、
> 腰痛五十肩で
> 重い物や作業が困難なんですよ~
> 年にはかないません。
  1. 2017/03/17(金) 21:53:11 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: agriotome さん、ソルゴー

agriotome さん
貴重なコメント返し、ありがとうございます。

ソルゴーですが、夏作物ですので、4月~7月まで播種できると思います。
いろいろな品種がありますが、まずは、どれか使ってみるといいと思います。
草々


> こんにちは。
>
> アドバイス有難うございます。
> 今年はソルゴー、植えてみようかなー。
> 今からでもいいでしょうか?
  1. 2017/03/17(金) 21:49:23 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: mimihaさん、色々で良いのですよね

mimihaさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘の「色々で良いのですよね」ですが、そうだと思います。
いろいろな農法がありますので、自分の好きなようにやる、そして楽しい、
これが一番かと思っています。

なお、私こと、いろいろ記事を書いていますが、私の農法を真似する人はまだいません(笑)。
草々

> 友人の犬ぞり家さんの畑が不耕起ですが、ワンコちゃんたちの落とし物を肥料代わりにあげていて、ものすごーーく良い、ふかふかの土になっています!
> けれど、私の場合は、小さな畑ですけれど、耕運機をかけるのが楽しみなのです^^ その後の気持の良さは、何ともいえなくて^^ 色々で良いのですよね^^
  1. 2017/03/17(金) 21:46:15 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

わらを手に入れようと思います。
野菜のくずも蒔こうかと思っています。
年月は かかっても、
腰痛五十肩で
重い物や作業が困難なんですよ~
年にはかないません。
  1. 2017/03/17(金) 16:43:25 |
  2. URL |
  3. ココモカ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

アドバイス有難うございます。
今年はソルゴー、植えてみようかなー。
今からでもいいでしょうか?
  1. 2017/03/17(金) 12:52:01 |
  2. URL |
  3. agriotome #-
  4. [ 編集 ]

友人の犬ぞり家さんの畑が不耕起ですが、ワンコちゃんたちの落とし物を肥料代わりにあげていて、ものすごーーく良い、ふかふかの土になっています!
けれど、私の場合は、小さな畑ですけれど、耕運機をかけるのが楽しみなのです^^ その後の気持の良さは、何ともいえなくて^^ 色々で良いのですよね^^
  1. 2017/03/17(金) 11:54:37 |
  2. URL |
  3. mimiha #-
  4. [ 編集 ]

Re: kanaさん、無耕起栽培

kanaさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

無耕起栽培ですが、耕起しなくとも、ワラなど有機物の下の土は柔らかくなっている、
ということだと思います。
ぜひお試しください。
草々

> こんばんわ。
>
> 無耕起栽培、初めて知りました。
> そんな耕作方法があったんですね。そろそろ土づくりを始めようとしていた矢先でもあり驚きです。
>
> 私がお借りしている畑、もとは田んぼで粘土質のため、土は固くおまけに水はけも悪く苦労しています。
> 一度小さなスペースから挑戦してみようかな。
  1. 2017/03/17(金) 00:55:04 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: はちみつ色の陽だまり さん、無耕起でも野菜は育つ

はちみつ色の陽だまり さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

我が菜園も粘土質で、最初はスコップもささらないような所でしたが、
今は無耕起もさらさらです。

土の改善には有機質、そして時間がかかると思いました。
そして、ご指摘のとおりで、耕起はなくても野菜は育つと思います。
草々

> こんばんはぁ~、ささげくんさん。(*^^*)
> コメント、ご無沙汰してスミマセン。
>
> >無耕起でも作物はよく育ちます。
> そうですね。
> お野菜に限らず、私の大好きな月桂樹とマートルの間に
> クリスマスローズが98年からずっと、同じ場所で居ます。
> 自然とこぼれ種で発芽して~ 耕すには困難な場面。
> 常緑の木でも時間が経過すれば落葉して
> いつの間にかそれが養土に代わり~
> 1つの株から40輪以上のお花を付けてくれます。
> そう言ったトコロを見ると、お野菜でも同様なのだと感じます。
>
> ただ、ウチの畑はもともと田んぼだったので
> 粘土質は侮れず~ 野菜くずを漉き込んでやっと少し畑らしくなって来ました。
> が、未だに水はけが悪いデス。
> いつかは、不耕起の土で立派なお野菜を作りたいです♬
  1. 2017/03/17(金) 00:51:05 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんわ。

無耕起栽培、初めて知りました。
そんな耕作方法があったんですね。そろそろ土づくりを始めようとしていた矢先でもあり驚きです。

私がお借りしている畑、もとは田んぼで粘土質のため、土は固くおまけに水はけも悪く苦労しています。
一度小さなスペースから挑戦してみようかな。
  1. 2017/03/17(金) 00:02:57 |
  2. URL |
  3. kana #-
  4. [ 編集 ]

こんばんはぁ~、ささげくんさん。(*^^*)
コメント、ご無沙汰してスミマセン。

>無耕起でも作物はよく育ちます。
そうですね。
お野菜に限らず、私の大好きな月桂樹とマートルの間に
クリスマスローズが98年からずっと、同じ場所で居ます。
自然とこぼれ種で発芽して~ 耕すには困難な場面。
常緑の木でも時間が経過すれば落葉して
いつの間にかそれが養土に代わり~
1つの株から40輪以上のお花を付けてくれます。
そう言ったトコロを見ると、お野菜でも同様なのだと感じます。

ただ、ウチの畑はもともと田んぼだったので
粘土質は侮れず~ 野菜くずを漉き込んでやっと少し畑らしくなって来ました。
が、未だに水はけが悪いデス。
いつかは、不耕起の土で立派なお野菜を作りたいです♬
  1. 2017/03/16(木) 21:23:22 |
  2. URL |
  3. はちみつ色の陽だまり #-
  4. [ 編集 ]

Re: agriotome さん、不耕起栽培

agriotome さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

嬉しいですね、こういう農法に関する質問は。
回答はいかのとおりです。

> こんにちは。
>
> 不耕起栽培、理想ですが.....
> 以前はトラクターで耕してもらっていましたが、今は栽培する箇所だけ鍬で耕しています。
> 不耕起栽培だと、表層がガチガチになり堆肥も鋤き込みできないので置き肥するしか無いですが...
> 収穫物の残渣も使っていらっしゃるようですが、実際のところ如何なさっていますか?

収穫物の残渣の利用:近くの作物の側に置くだけです。あとは自然に任せます。
 こうすると、表面が団粒構造になり、土が軟らかくなります。
 なお、収穫物残渣だけでは足りませんので、空き地にイネ科の作物(夏はソルゴ、冬はオート)を作り、
 敷ワラとして使います。

> これからは雑草も気になります。
> 雑草と野菜は混植されているのですか?
> ご教示下さい。

雑草:雑草は小さいうちに万能クワで掻き取ります。晴れた日の朝が一番です。
 (労農は草を見ずして草を取るを実践しております)

> 写真は、赤オクラの写真ですか?

赤オクラです。関連し、下にはいろいろな有機物が敷いてあります。
草々
  1. 2017/03/16(木) 15:57:33 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

不耕起栽培、理想ですが.....
以前はトラクターで耕してもらっていましたが、今は栽培する箇所だけ鍬で耕しています。
不耕起栽培だと、表層がガチガチになり堆肥も鋤き込みできないので置き肥するしか無いですが...
収穫物の残渣も使っていらっしゃるようですが、実際のところ如何なさっていますか?
これからは雑草も気になります。
雑草と野菜は混植されているのですか?
ご教示下さい。

写真は、赤オクラの写真ですか?
  1. 2017/03/16(木) 13:36:39 |
  2. URL |
  3. agriotome #-
  4. [ 編集 ]

Re: aoiさん、やってみます

aoiさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘の方法で完璧です。
ぜひお試しください。数年たつと立派な菜園になると思います。
草々


> 去年3,6m×90cm(畳二枚)を全面耕si、買ってあった鶏ふん堆肥をすき込んでいました。
> くたびれ果てて整体に行きましたw。
> 10年以上こうしていましたので、化成肥料もたっぷり入ってます。
>
> 今年は不耕起でやってみます、ブロッコリーは根を抜かずにおき、コンポストの堆肥は表面に置き肥にしようとおもいます。
  1. 2017/03/16(木) 11:40:52 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 圭さん、無耕起は簡単

圭さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

嬉しいですね、同方法を試してみてくれるとは!

ご指摘の雑草も、土表面が団粒構造になっていますと、
小さいうちは簡単に抜けます。

無耕起は簡単です。
草々


> おはようございます。
>
> そろそろ 私も穴の中から でなければいけませんね。
> 我が家の庭はもう春の雑草がはびこり始めてしまいました。
> 私もささげくんさんを見習って 昨年の野菜の根は そのままに残してあります。
>
> それでもやはり少し耕してしまいますね。。。
>
> まずは草抜きをして 集めておいて枯して 土の上に置いてみようかな〜!
  1. 2017/03/16(木) 11:37:15 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

やってみます

去年3,6m×90cm(畳二枚)を全面耕si、買ってあった鶏ふん堆肥をすき込んでいました。
くたびれ果てて整体に行きましたw。
10年以上こうしていましたので、化成肥料もたっぷり入ってます。

今年は不耕起でやってみます、ブロッコリーは根を抜かずにおき、コンポストの堆肥は表面に置き肥にしようとおもいます。
  1. 2017/03/16(木) 11:30:57 |
  2. URL |
  3. aoi #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

そろそろ 私も穴の中から でなければいけませんね。
我が家の庭はもう春の雑草がはびこり始めてしまいました。
私もささげくんさんを見習って 昨年の野菜の根は そのままに残してあります。

それでもやはり少し耕してしまいますね。。。

まずは草抜きをして 集めておいて枯して 土の上に置いてみようかな〜!
  1. 2017/03/16(木) 06:47:20 |
  2. URL |
  3. 圭 #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1122-92a6ca15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)