野菜を食べやさい

無農薬、無耕起、無堆肥による有機栽培を通じ、旬野菜、食と健康、自然との共生、退職後の人生について発信いたします。

北海道の葬式に見るアイヌ風習の影響(日本人のルーツ 2017.3.10)

マダガスカルの昔の墓2

ブログ仲間が、「北海道の葬儀の様子」、を紹介し、「通夜」に「本葬」よりも人が集まることを指摘しておりました。

私の経験ですが、日本の葬式では、夜に行われる「通夜」は身内や隣近所の人がとりあえず集まる儀式の感じかと思います。そして、次の日か数日後の昼に行われる葬式「本葬」にほとんどの関係者が集まる感じか思います。

北海道で「通夜」に多くの人が集まるというのは「通夜」が大事なことなのだと思います。そして、何故「通夜」が大事かと想像すると、それはアイヌの風習の影響でないかと思いました。関連し、通夜とアイヌの関係について今回は愚考します。

「通夜はあの世へ行く儀式で縄文時代からある」と、アイヌの習慣の研究をもとに哲学者の梅原猛が明らかにしたことを、拙ブログで以前に紹介したことがあります。

北海道には古くからアイヌが住んでおり、アイヌには「通夜」だけが葬式でした。その後、仏教式葬式が入りましたが、仏教は、あの世でなく極楽浄土に送る儀式ですから、アイヌの習慣に慣れてきた人たちには関係のない儀式になります。

そこで、北海度道で通夜に多くの人が集まるのは、古くからあるアイヌ習慣の影響なのかな、と思うしだいです。

なお、上と下の写真は、マダガスカルの昔の墓の様子です。

マダガスカルの昔の墓1


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2017/03/09(木) 23:35:05|
  2. 日本人のルーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<「墓なし坊主なし弔い」愚考(日本人のルーツ 2017.3.12) | ホーム | ガンとデンプンと野菜と脂質(食と健康 2017.3.8)>>

コメント

Re: aoi さん、家族葬

aoi さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

家族葬ですが、ご指摘のとおりで、増えてきましたね。

葬儀にかかる費用、心の問題、家族葬希望遺書など、いろいろなことがあり、
家族葬が合理的になっているような気がします。
草々


> 娘の義父(70前半)の葬式に出ました。
> 通夜には婿の知人友人が来ました、告別式は着席していた親戚以外誰もお参りの人はなくてゼロ人。
> 通夜と告別式をしたので近頃珍しがられました。
>
> 最近は、通夜はしない一日だけの家族葬とか、葬儀をしない直葬など流行ってます。
> 通夜がどういうものかも知識がないですし、
> 亡くなった方より生きてる人の方を優先ですね。
> 葬儀にかかる費用も適正かどうか(タッカー!)。
  1. 2017/03/11(土) 18:54:52 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

家族葬

娘の義父(70前半)の葬式に出ました。
通夜には婿の知人友人が来ました、告別式は着席していた親戚以外誰もお参りの人はなくてゼロ人。
通夜と告別式をしたので近頃珍しがられました。

最近は、通夜はしない一日だけの家族葬とか、葬儀をしない直葬など流行ってます。
通夜がどういうものかも知識がないですし、
亡くなった方より生きてる人の方を優先ですね。
葬儀にかかる費用も適正かどうか(タッカー!)。
  1. 2017/03/11(土) 14:36:25 |
  2. URL |
  3. aoi #-
  4. [ 編集 ]

Re: たびいくひとさん、通夜

たびいくひとさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

北海道の通夜、興味深い記事でした。
その通夜がアイヌの影響なのか定かではありませんが、本土の様子とは違う感じです。

さらに検討して行きたいと思っています(笑)。
草々


> おはようございます。
> 告別式は親戚の人が中心ですが、通夜は
> 近所の人や知り合いの人でも参加していますので、
> 通夜は告別式より2倍ほどの人が参列します。
> アイヌの儀式の影響なのでしょうか・・・。
  1. 2017/03/10(金) 11:36:14 |
  2. URL |
  3. ささげくん #-
  4. [ 編集 ]

通夜

おはようございます。
告別式は親戚の人が中心ですが、通夜は
近所の人や知り合いの人でも参加していますので、
通夜は告別式より2倍ほどの人が参列します。
アイヌの儀式の影響なのでしょうか・・・。
  1. 2017/03/10(金) 05:34:23 |
  2. URL |
  3. たびいくひと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takitada.blog.fc2.com/tb.php/1119-ac2a758a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)